<独りぼっち研究室/a>

ブログで1日1000PVは意外と凄いことなの?

スポンサーリンク

自分にブログの才能があるとは思えない。

絶頂期は1日3000PVとか余裕で超えて1か月で10万PV超えたこともあったけど、そこから色々と気持ちの整理がつかなくなってブログから1年以上離れてあっという間に地に落ちた。

そして何年か経ってもこうやってダラダラとブログをやっていて、今では1日1000PVもいかないようなブログになってしまっている。

文章力も中学生に毛が生えた程度だし、ネタにすることにもそれ程の鋭さはない。

 

 

私自身の人生も一言で表すなら「平」

よく「人生山あり谷あり」とは言うが、私の場合山も谷も他の人と比べると低く浅かった。

 

こんな人間が書いているのだから、きっと読んでいる側からすると「くそつまらねえ」くらいのブログなんだろうなって思っている。

そんな私のブログですら1日3000PV達成できたのだから、それよりも低い1000PVなんて誰でもできる。

 

 

そう思っていたけど、実際は1日1000PVでも凄いんじゃないかって言う人がネットにはいる。

まあ、普通の人なら1000PV達成する前にブログをやめてしまうんじゃないかって思う。

私みたいにやることの何もないような人間はブログに楽しさを見つけることができるけど、他の人は私生活が充実してくればブログなんてやる必要もないことに気付く。

だからやめてしまう。

 

 

だから1000PVが凄い訳じゃなくて、そこまでいけるのは暇人か、もしくは文章の才能がある・伝えることが上手い人だけ。

 

 

 

 

あれっ、待てよ。

そう考えると、もしかすると私は「文章の才能がある」もしくは「伝えることが上手い」可能性もあるじゃないか!

と言うか、仕事と家事しながら3000PV達成できたんだからブログの才能バリバリ持ってんじゃね?

これ、努力すればかなり伸びる才能じゃね?

 

 

 

って思った。

1日1000PVとか結構簡単よ。

このブログの昨日のアクセス数が800位だけど、たぶん12月になる頃には1000PVとか簡単に出せると思う。

 

 

 

 

PVを増やすテクニックは色々とある。

SEOとかそういうのも最近のはよく分からないけど、1番大切なのは

「ブログを読んでいる人に楽しさや面白さ、役に立つ情報を提供すること」

酒飲んでテンション上がりながら書いているからより一層感じるけど、くだらないテクニックばっかり気にするクソみたいなブログよりも面白い・楽しい・そうなんだって思えるブログの方が読んでいてよっぽど楽しいよ。

 

 

アクセス増やすことも良いかもしれないけど、ブログを読んでくれる人を楽しませるために自分も楽しんでやっていこうぜ。

続かなくちゃ意味ないんだからさ。

 

 

じゃ。