<独りぼっち研究室/a>

「貯金100万」は少ない!ここからが本当の始まりでしょ!

スポンサーリンク

f:id:fcl32090:20180510094315j:plain

社会人になって働いて、実家暮らしの時に100万貯めた時は何とも言えない安心感と言うか「俺、何でもできるぞ」くらいの気持ちになったことを覚えています。

そこから数年、少しづつ貯金を増やすも安心感は増えず。

それどころか「この貯金額で足りるのか?」という不安が湧いて出てくることも。

それだけ大人になって色々と考えることも増えてきたんだなと思うと、何となく成長した自分に喜びを感じることもあります。悲しくもあるけどね。

 

 

まあ、今回は「貯金100万」ということについて書いていきます。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

貯金100万はステップ①

100万円貯めたことのある人なら分かると思いますが「100万貯めるのって意外と簡単」なんです。

私の場合、特に趣味も無ければ友達もいないしお金を使うことがなかったので、普通に働いて実家暮らしをしていればあっという間に口座のお金が増えていき、100万円に達します。

 

そこから150万になり、ちょっと金が貯まったからと言って豪勢な生活をし、100万下回りそうになったら質素になり・・・というのを繰り返して生活していたのもつい最近の出来事のように思えます。

 

 

「貯金100万」と言うのはあくまで第一段階であり、そこをゴールにする人はいないと思います。

300万・・500万・・・・・1000万と貯めていく中での初めの一歩なのです。

 

 

 

 

年収が400万から900万に増えても難しいこともある

初めて100万円貯金したのが年収400万で実家暮らしの時。

現在は嫁と合わせて年収900万、月収で言えば50万ちょいくらい。

 

年収が500万増えて貯金もさぞ増えたことだろうとお思いだろうが、実際はそんなではない。

もちろん年収が500万増えたから貯金も500万増えるとか思う人はいないだろうけどね。

我が家の場合、子供もいないしどちらも扶養に入っていないのでまず引かれる金額が他の家庭に比べて尋常じゃなく多い。

 

だから月収50万ちょいで、その中で2人で暮らしている。

家賃だ保険料だ車代だと支払いしていると年間で100万貯めるのも難しくなりそうな月がある。

 

稼いでも、それだけ使っちまえば貯金は難しいんだよってこと。

今は私が管理しているから順調に貯まっていますけどね。

 

 

 

小さい節約をしても100万円貯金はできない

使わない電気ははコマメに消す。

寒くても暖房をつけずに服で調整する。

飲み会には参加しない。

 

飲み会に参加しないのは結構な節約にはなるけど、あくまで付き合いもあるからね・・。

細かい節約をして月間100円とか200円節約しても大した効果も無いし、それ以上に疲れるだけだからやらない方がよっぽどいい。

 

 

 

100万円貯金を増やす方法

細かい節約をしたところで貯金は一向に増えません。

それなら、もっと金額の大きいところの見直しをすることが肝心。

 

 

見直しをするためには家計を把握していないとできません。

家計簿をつけて家計を把握し、そこから削れるものを削った方が圧倒的に効率が良く、貯まる額も細かい節約に力を注いでいた時の比ではなくなってきます。

 

そして、無駄を削るだけでは新しい無駄を生んでしまうことにもなりかねないので、自動で貯金が増えるシステムを構築することが大切です。

私の場合会社で天引き&積み立てをしてくれているので、何をしなくても貯金は増えています。(無いものだと考えているのでいくら積み立ててあるのかは知りませんが)

貯金が苦手だと思う方は、会社の積み立て制度を利用する、もしくはネットバンクを活用して積み立てすることが100万円貯金の近道です。

 


 

 

 

 

 

1度100万円貯めればそこからは減りにくくなる

さっきも書きましたが「1000000」という数字を見ると、そこから減らすのは何となくもったいない感じがしてきます。

「何となく」というか猛烈にもったいない感じがしてなりません。

 

99と100じゃ大違いなんです。

 

1度100万円貯まってしまえばそこからは中々減りにくくなるので、お金が貯まらないと嘆いている人はとりあえず100万円貯めることを目標に生活することがいいでしょう。

 

 

 

 

 

100万の次は1000万貯金でしょ!

現在は家を建てるという目標に向かって1000万貯金を敢行して、毎日1億円の入ったバックがそこら辺に落ちていないかを探し回っています。

 

 

100万貯めるのは意外と「あっ、こんなもんなのね」って感じで終わってしまうもんなので、1000万貯めた時の感情や景色をリポートする日が来る日を楽しみに頑張っていきます。

 

 

では。