<独りぼっち研究室/a>

仕事をしない専業主婦と家事をしない旦那

スポンサーリンク

専業主婦とかいらない。

家事をしない旦那もいらない。

 

 

偏っているかもしれないけど、私はそう思っている。

 

 

 

 

 

仕事をしなけりゃ生活できない

仕事をしなければ金が無くなる。

最近の若い子は「アルバイトしながら好きなことをして生活したい」という子が多くいる。

実際キツイ。

アルバイトで10万ちょっとの収入じゃ家賃払って半分近くなくなって、そこに電気代や光熱費、食費が入ればほとんど手元に残らなくなって結局は何もできない。

 

 

 

 

話が逸れたから戻すけど、仕事をしなけりゃお金が入ってこない訳だから働かなくちゃどうにも生活できない。

だから俺は金を稼ぐために働く。

 

 

 

家事をしなけりゃ生活できない

ご飯を作らなければコンビニ弁当や外食、自分で作るよりも多く金を払うことになって自然とお金の減りは早くなる。

掃除をしなければ部屋が汚くなり、壁や床にカビが繁殖するし埃まみれになって病気になる可能性が上がる。

洗濯しなければ臭い。

日用品を買わなければ歯を磨くこともシャンプーすることも体を洗うこともお尻を拭くことすらできない。つまり汚い。というか汚物。

 

 そうなりたくないから俺は家事をする。

 

 

 

 

本来なら家事も仕事もどちらもやるべき

本来であれば1人1人が仕事をして家事をして生活する。

それを分担するにしろしないにしろ生活しているのだから

 

「私はお金にならない家事を文句も言わずにやっている」

「俺はお前を養うために一生懸命働いている」

 

と図々しくみっともないこと言っている人たちがどうにもバカバカしく見えてしまいましてね。

 

「家事は年収500万に相当する」とか書いているの見るけど、そんなこと言ったら仕事しながら家事している俺は余裕で年収1000万超えているよ。

だからと言って嫁に横柄な態度とろうとも思わないし「大変だ」なんて思いもしない。

たまには疲れたりすることもあるけれど、そうやって生きていくしかない訳で、そういう生き方を自分で意識的にも無意識にも選択してきたのだから「俺は頑張っているんだ」なんて言っても無駄でしょう。

 

 

仕事をしない専業主婦は家事をしない旦那を「あの人は家事の大変さも分かっていない、自分じゃ何もできないくせに」とバカにする。

 

家事をしない旦那は仕事をしていない専業主婦を「あいつは社会に出ていないから厳しさを知らずに毎日楽している」とバカにする。

 

 

仕事をしながら家事をしている俺は「そんなこと言ってんならお互いに協力しながら生きれば良いじゃん」と思っている。

本気でお互いをバカにしあっているのであれば、俺はそいつら両方がバカなんだと思う。