<独りぼっち研究室/a>

「余計なものを持たない」という意識を持ちすぎている矛盾

スポンサーリンク

ミニマリストという言葉を聞いたことがある。

意味までは詳しく知らなくて、ふと暇な時に調べてみるとそれ程魅力は感じなかった。

どちらかと言うと「質素な暮らし」と言われた方がピンとくるし、魅力を感じる。

 

別にミニマリストの方の批判を書くつもりではなく、ブログ村でそのカテゴリーを眺めていると感じるものがあったので書いときます。

 

 

 

「余計なものを持たない」=「持ってはいけない」

にほんブログ村 - 人気ブログランキングとブログ検索

ブログ村や検索エンジンでミニマリスト関連のブログを見ていると「余計なものを持たない暮らし」ではなく、「余計なものを持ってはいけない暮らし」という言葉の方がしっくりくるブログがある。

 

今の時代金を出せば、欲しいと切望するもの・別にどうしても欲しいものじゃないけどあった方が良い物・必要のない物と何でも買える。

色々と物が溢れ、その分人の「欲しい」という欲望もどんどん溢れてくる。

 

その「欲しい」と思う気持ちに一瞬ストップをかけて本当に必要か?

それを考え取捨選択しながら本当に必要な物だけを揃えて生活するのが私の考える「ミニマリスト」

 

 

 

どんどん考えを巡らせ「物を必要以上に持っていることは罪」とまで極端な考えは書かないにしても、物を必要以上に持つことに嫌悪感を抱く人がいる。

「自分にとって不必要な物は持ってはいけない」

強迫観念に近いと思う。

強迫観念(きょうはくかんねん)とは - コトバンク

 

 

 

 

 

「持ってはいけない」という意識を持ちすぎている

世の中には「ミニマリストになりたい」と言う人がいる。

その「なりたい」という人達は自分がミニマリストではないと自覚している。

つまり、自分には余計な物がたくさんあると自覚している人なのだ。

 

さらにはそこに「ミニマリストになりたい」という考えまで持ってしまって、現実と理想の差に苦しんでいる。

 

その苦しみが無駄に思う。

もっと言えば「ミニマリストになりたい」という考えが無駄に思える。

必要のない物と必要な物を区別しながら生活している時点でその人はすでにミニマリストなのだから。

 

「私は必要の無い物をたくさん持っている」という考えではなく

「今の自分には必要があるもので、もう少し落ち着いたら不必要になる物。だから、現時点では必要な訳でつまり私はミニマリスト」

もう、これで良いんじゃないかって思う。

 

 

 

考えも持ちすぎると辛くなる

自分の生活をより良いものにする為にミニマリストになるという1つの方法を試しているのに、その中で悩んで苦しんでどんどん深みにはまっていって「物を持ちすぎることが悪い」みたいな考えになってしまうと、自分の心が狭くなっていくような感じで逆に辛くなってしまう。

 

無駄に思えるけど捨てられない、やめられないのならそれはもう必要なもの。

 

 

 

 

 

 

俺だって27歳でゲームをやることが無駄だとは思っているけど、もうやめられねえんだ。手が勝手にゲームを取っちまう、そして無意識にやっちまう。

 

悩むのはやめだ、俺はこれからもゲームをやるんだ。

 

 

 

 

 

と、寝ないでゲームをやっている旦那をバカにしながら見ている嫁にこの文章を途中まで見せたい。

 

 

 

 

では。