<独りぼっち研究室/a>

「男が家事を手伝う」はもう時代遅れ?これからは主体性をもって自らやる時代!

スポンサーリンク

「時代の移り変わりは早い。」

多くの書籍やテレビ、周りの人の言葉でこんなことを目にしたり聞いたりはするけれど、実感した出来事は今までにありませんでした。

 

27年間生きてきて今日、ようやくこの言葉の意味を何となく理解できた気でいます。

 

それと言うのも以前書いた記事

この記事でのコメント。

「男でも女でも家事をやるのは当たり前」という言葉。

捉え方は少し違うけれど、確かに一人暮らしなら家事をするのは当たり前であり、それが結婚して2人になったからと言って家事をしなくて良い理由にならない。

 

私が生まれる少し前の時代であれば「男が家事をするなんて・・」と揶揄に近いことを言われた。

 

そんな時代から「男も家事を手伝わなければならない」

そういう時代の移り変わりの間に自分は立っているのだと思っていた。

 

しかし、時代は既に「男が自ら家事をする」というものに変わりつつあった。

 

 

 

 

 

 

まあ大袈裟に書いていますが、男が家事をすることに関しての社会の変化に対しての私の考えを書いていく記事です。

 

 

 

「家事を手伝う」はもう古い

「主夫」という言葉があるように、男性であっても家事を専門的にすることが社会的に認知されてきた今。

「働いていても家事をしない男は無価値」とまではいかなくても、結婚ということを念頭に置いた時に「家事をしない男」というのがマイナス条件でしか無くなっています。

共働きの家庭では男性でも家事をするのが当たり前、どれだけ手伝えるのかで価値が大きく変わる。

 

その考えすらも既に古い考え方。

少数派ではありますが、男性でも家事を進んでやる人が増えています。

事実、私も妻より家事の割合は圧倒的に多く、妻もそれを認知していて「ごめんね」とよく言ってきます。

 

 

 

「労働時間」と「稼ぎ」は家事に関係ない

よく目にするのが「男性の方が労働時間が長いから家事をしない」とか「家計を支えているのは男性だから」という言葉。

共働きで家事をしない理由としては確かに労働時間が長く、収入も多い方が家事をしなくて良いように思う。

 

でも、それは日本社会の仕組みのせい。

こんなことを言えば誤解を招くことがあるかもしれませんが、少なくとも私の住む地方ではいまだに「結婚したのなら働かなくても良いんじゃない?」と女性に家庭に入るように勧める習慣があります。

これは未だに日本の昔の風習を引きづっている部分があるということ。

 

これは女性の社会進出や賃金の値上げの機会を損なっていることに繋がっているように思える。

「結婚して旦那がいるのならそんなに稼ぐ必要ないもんね」

口に出す人は滅多にいませんが、心の底ではほとんどの人がそう考えていると思います。

 

こんな社会で「労働時間」だとか「稼ぎ」を言い訳にして女性に家事をさせることが本当に正しいことなのか?

私はそうは思いません。

 

 

 

 

そもそも女性は疲れやすい

自分の彼女、奥さんを見てください。

自分よりも筋肉ムキムキで強そうな女性に見えますか?

 

少なくとも私の妻はどう見たって私よりも肉体的に弱そうです。

肉弾戦で戦えば私が圧倒的な大差で勝利します。足を使えなくても勝てます。片手でも勝てます。頑張れば手をグーにして前に何回か突き出せばたぶん倒せて幾分かの経験値を獲得することもできます。

もちろん、倒して経験値を得ようとはしないですけどね。 

 

 

つまり、女性は男性に比べて筋肉量が少ない。

男性と同じことをすれば女性の方が疲れやすいということ。

 

 

 

 

 

 労働時間や収入は関係なく、女性が疲れやすいのであれば・・・

既に「家事をやらない男はうんたらかんたら」と叫ばれているのなら、もう自分から進んで家事をするしかないでしょう。

逃げられないんだよ、大きな時代の流れからはどんな天才であろうが美男であろうが逃げられない。

私みたいな凡人はなおさら逃げられない。

 

時代が「男も家事をするのが当たり前」と言っているのなら逃げられないんだよ。

それなら男も自ら進んで家事をやろう。

嫁が「ありがとう」と言って家事をする旦那に育てようとしなくても良いようにしよう。

「俺ばっかり働いてその上、家事もしなくちゃいけないなんて・・」と目先のことに捉われちゃいけない。

自分から家事をして「この人は私がいなくても生きていけるんじゃないか?」って不安に思うくらいに家事をしよう。

そうすれば女性だって色々な努力をしてどんどん綺麗になって楽しみも増えるし、生活だって楽になるかもしれない。

 

 

 

 

まとめ

「男とか女とか関係なく家事をしようね」

 

 

これが言いたかっただけです。

 

 

では。

 

 

hitoribotti.hateblo.jp

hitoribotti.hateblo.jp

 

 

hitoribotti.hateblo.jp