<独りぼっち研究室/a>

練習すれば誰でも出来る男のレシピ集!とりあえずブックマーク!(画像適宜更新)

スポンサーリンク

だいぶ煽ったタイトル付けてますけど「練習すれば」ってね・・・

 

まあ、練習すれば誰でも上手になるでしょうよね。

何を偉そうに言ってんだかね。

 

 

 

はい、今回は私がヘビーローテーション・・・とまではいかなくともミドルローテーション級に作っている比較的作りやすいレシピを書いていきます。

本格的な料理って訳ではなくて、あくまで「簡単さ」を重視しています。

「これさえ覚えておけば」的な初級編です。

 

 

 

 

□男の料理「初級編」

 

 

 

〇豚バラ大根

 材料(2人分)

  • 大根1/4本
  • 豚バラ肉100g(我が家は200g)
  • 醤油大さじ2杯
  • めんつゆ大さじ2杯
  • みりん大さじ1杯
  • 料理酒大さじ1杯
  • 砂糖少々

 

 

余計なものは入れずにシンプルに作れる豚バラ大根。

用意するのは大根と豚バラ肉だけ。

お湯を300mr(目分量でも可)沸かして砂糖を少し入れる。

みりん→料理酒→醤油→めんつゆの順に入れて後は煮込むだけ。

しょっぱめの煮物でご飯のおかずにはもってこいです。

 

 

 

※砂糖を最初に入れることで味が染み込みやすくなる(らしい)

※調味料は入れる度に1交ぜする 

※食べる2~3時間前に作っておくと大根に味が染み込む

 

 

 

〇きゅうりの浅漬け

材料

  • きゅうり
  • 浅漬けの素

 

1品だけだと足りないけど、何を作って良いか分からない。

そんな時に超手軽に作れるのがきゅうりの浅漬け。

 袋に浅漬けの素と薄く切ったきゅうりを入れて軽く揉んで冷蔵庫で放置すれば出来上がり。

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エバラ 浅漬けの素 レギュラー 500ml
価格:309円(税込、送料別) (2018/1/10時点)


 

 

無難なと言うか、スーパーで1番見かけるエバラの浅漬けが1番だと思います。

 

 

 

 

〇チンジャオロース

材料

  • 豚肉(牛肉でもOK)200ℊ
  • ピーマン4個
  • チンジャオロースの素

 

本来であればタケノコを入れるのですが面倒なので省略。

ピーマンを細く切って少しの油でいためてからお肉を投入。

最後にチンジャオロースの素を入れて混ぜれば完成。

やり方は素のパッケージにも入っているので入門編としては最適です。

 

 

 

※赤ピーマンを入れると色どりが良くなる

 

 


 

 

 

 

 

〇味の素の餃子

材料

  • 味の素の餃子

 

我が家では常にストックしてある味の素の餃子。

自分で餃子作るのは大変だし、具材買いそろえると高くつくし無駄になってしまうことが多いので出来合いの物を買って焼いた方が無難に美味しい。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

味の素 ギョーザ 50個入り 冷凍品★★
価格:793円(税込、送料別) (2018/1/10時点)


 

 

メーカーは何でも良いんですけどね。

 

 

 

〇鍋

材料

  • 色々

 

1人でも2人でも大勢でも楽しめる鍋。具材をただ入れていくだけだからホント楽。

締めに雑炊やうどんを用意しておけばお腹いっぱいになるし、冬の寒い時期にとにかくピッタリ。

 

 

 


 

 


 

2つ合わせて15000円。高いな・・・

 

 

 

ニトリ行けば2つ合わせて10000円くらいで買えるのは内緒にしておこうかな。 

 

 

 

〇カレー

材料

  • 市販のカレールー
  • ジャガイモ2個
  • 牛肉100g
  • 人参少しだけ(嫌いだから)

 

何でも市販の物を買った方が楽だし安定しているのでね、すいません。

パッケージに書かれている通りに作ればOK。

 

 

 

 

〇うどんorそば

材料

めんつゆ(自分で味を確かめながら)

卵とかわかめとかえのきとか好きな物

 

 

お湯を沸かしてだしを入れてめんつゆ入れて具材を入れて煮るだけ。

はい、終わり。

レシピになってねーな。

 

 

 

〇鶏もも肉のカリカリ焼き

材料

  • 鶏もも肉1枚(300g程)
  • 塩コショウ(軽く振りかける程度)
  • 油(フライパンに軽くいきわたる程度)

 

 

 

手順

  1. 鶏もも肉をひらく(厚みを均一にして生焼けを防ぐため)
  2. 塩コショウを表面に振りかける
  3. フライパンに油を入れて加熱。
  4. フライパンに鶏もも肉を入れて色が付いてきたら水を少しだけ入れて蒸し焼きにする。
  5. 中まで火が通ったら水けを飛ばして焦げ目がつくまで焼けば完了!

 

 

※「鳥むね肉」だとぱさぱさなので あんまり美味しくないので「鶏もも肉」

 

 

 

〇鶏もも肉のトマト煮

 作り方は「鶏もも肉のカリカリ焼き」とほとんど一緒。

「水で蒸し焼き」のところをトマト缶を投入して蒸し焼きにするだけ。

塩コショウだけでも十分に味は整うので楽ですが、きちんと盛り付ければそれなりの見た目になります。

 

 

 

まとめ

世の主婦の方からすれば手抜きに見られるかもしれないですが、たまに男性が作ってくれると楽ですよね。

見逃してください。

 

画像は作った時にアップしていくので完成を心待ちにしていてください。

 

 

 

 

とは言いませんが、みすぼらしい記事でも許してください。