<独りぼっち研究室/a>

ブログネタが無い時に無理矢理に更新するブログって面白いか?いや、面白くない

スポンサーリンク

f:id:fcl32090:20160120115505j:plain

「ぬわ~、ネタが思いつかん」

 

 

 

 

ブログを離れて1年近く経ってまた戻ってきて感じることがあります。

 

無理矢理ネタを捻り出しても楽しくない

自己満足を得る為に書いているブログなのに、楽しくやれない時点で終わってる。

アクセス数の為だとか金の為だとかそっち系に走ってしまうと必ずと言っていい程につまらないブログになる。

だからと言って更新できないとどうにもならない。

 

 

そんな負のサイクルに歯止めをする為にはどうすれば良いのか?

ってのを書いていきます。

 

 

 

□その日感じたことを書いていけば良い

ブログ熱が程よく冷めてからは、とりあえずその日あったことを書けば良いと思っています。

そもそもブログがWEB上の日記からスタートしたからとかそういう理由ではなくて、その時の感情やその時どう考えているかを書いた方が素直な感情が出て面白くなりやすいから。

 

ボーっとしている時に「そういえば今日起きたこと書きたいな」と思ってとりあえずタイトルだけ決めて後で書くつもりで下書き保存しておく。

2~3日経った後に少しやる気を出していざ文章を考えるぞ!

 

 

ってやっても「う~ん、今書きたいことと違うんだよな~」とさらに放置して、結局は永遠に下書き保存のまま。

そんなしょうもないことが結構あったから「その日感じたことを書けば良い」って結論になったんです。

 

 

 

〇家事をしていても感じることはある

家事をしていても感じることは多々あります。

 

毎日買い物してると金がすぐになくなるな~。

物が少ない方が部屋は散らからないし片付け楽だな。

男が家事するってポイント高いよな。

どうすれば洗濯物が臭くならないのかな?

このこたつ布団薄くて寒いな。

 

思い付いたことをサッと書いただけですが、ここまで思いつけば結構な数の記事が書けると思いませんか?

 

少しでも金を使わないためにはどうすれば良い?

賢い買い物の仕方とは?

必要な物と不必要な物ってどんな基準で分ければ良いのか?

どうすれば整理整頓が上手くいくのか?

男の人が家事を手伝ってくれるようになるにはどうすれば良いのか?

家事をしないとどうなるのか?

家事をする男性を世間はどう見ているのか?

 

 

面倒だからこのくらいにしておきますが、細かく考えればもっとあります。

 

 

 

〇仕事をしていても感じることはある

最近仕事をしていて感じたことは、

 

失敗した時に口で巻き返そうとするのは逆効果。

失敗したときってどうすれば取り返せるのか?

皆同じような失敗してるのかな?

認めてもらう為には全力で仕事をする。

全力で仕事をしていればすこしづつ要領が良くなって任せてもらえる。

 

とかですかね。

仕事をしていて感じたことでもそれを突き詰めて考えて、そして噛み砕いていけばいくらでも記事が書ける(はず)。

 

 

 

〇何もしてない日でも感じることはある

さすがに毎日何もしていなかったらあんまり感じることもないです。

週に5日仕事して休みの2日のうち1日を掃除や買い物や遊んだりして、もう1日を何もしない日にすれば思考を整理することができます。

何となく振り返ってみると「そういえば今週あんなことあったよな」なんて思い出して気になり過ぎて考えてみたりね。

 

 

 

 

□毎日を一生懸命に生きていればネタは尽きない(と思う)

くだらないネタで記事書いて面白くできるなら最高なんだけど、そんな才能は無い。

何かしらそれらしいことを考えて考えて考えて書かないとブログを書いている意味すら危うくなってくる。

 

それらしいことを書くのであれば、それなりに頑張って生きていても説得力があることって書けない。

だから毎日一生懸命に生きて考えて書く。

 

 

これだとブログを書く為に生きているみたいだけど、一生懸命に生きる為にブログを書いているって解釈もできる。

 

 

 

 

まあ、結局言いたいことは

「一生懸命生きている人はどんな媒体であっても他人を魅了する」

ってことです。

 

 

 

□まとめ

一生懸命生きて、そして一生懸命書いた記事がこれだから、信じるかどうかはあなた次第。

 

 

では。