<独りぼっち研究室/a>

男が家事をするメリット!自分の居場所を確保する為にも家事をしよう!

スポンサーリンク

 男も家事を手伝わないと生きにくいこの時代。

ネガティブに考えながら家事をするよりは、少しでも前向きに取り組めるように「男が家事をするメリット」を必死に絞り出していきます。

 

 

 

□自慢できる

男は単純な生き物です。

褒められることでさらに頑張れる。

 

それは女も同じ。

自分の旦那や彼氏が家事を手伝ってくれる。

時に想像以上のクオリティーのものを生み出した時、そんな時に自慢したくなるのが女という生き物。

誕生日やクリスマスなどの特別な日に男性が手作りで美味しくて見た目も良いディナーを作ってくれればそれをインスタにアップして自慢したくなる。

インスタだけでなく、女性側が働いていれば職場でも自慢したくなる。

 

偶然職場の人に会った時に「ああ、この人があの料理を作った人か」と見てくれればそれだけで十分なくらいの充実感・優越感。

 

例え相手がそう思っていなくても自分で勝手に感じるだけでも十分幸せな気持ちになれます。

 

 

 

□時間を大切にするようになる

家事をする前から「時間ねえな」とは思っていましたよ。

ただ、家事を手伝うようになってもまったく変わらないです。

 

というのも、家事をしていてもしなくても無駄に過ごしている時間があるから。

特に見ている訳でもないテレビをぼんやり眺めていたりYouTube見たり。

そんな時間を家事に充てているので、格別「時間が減った」って印象はありません。

 

むしろ、洗濯物が終わるまでの時間にブログ書いちゃおうとか次の日の準備しようとか時間に区切りができるので生活しやすくなりました。

この記事も洗濯物が終わるのを待っている時間に書いています。

 

 

 

 

□貯金しやすくなる

このブログで3~4回くらい書いていますが、男が家事をすることで貯金しやすくなります。

 

料理を作るには材料が必要だし、洗濯物をするにも洗剤や柔軟剤が必要。掃除をするにしたって備品は必要になる。

日用品の買い出しだって家事の一部。

 

家事を手伝わないといまいちピンとこないんですが、生活するって本当にお金がかかる。油断してコンビニなんかで済まそうとするとお金はあっという間に無くなる。

 

生活するのにお金がかかることを知ることができれば、自然とお金に対する意識も向上して無駄遣いを見直すきっかけにもなるし、何が賢い買い物なのかも考えるようになる。

これだけで出ていくお金もだいぶ減ります。

結果貯金が増えてきてウハウハ。

 

 

 

 

□居心地が良くなる

何もせずに家にいられたらそりゃ嫌になられることもあるでしょう。

家事を手伝うことで少しでも家庭内での自分の居場所を確保する。

マスコミやネットで「男の家事」というのが注目されるようになったこの時代に何もせずに快適な環境を提供してくれる家庭、もしくは女性を探すのは至難の業。

 

トイレ掃除や掃除機をかける、そんな誰でもできそうなことの1つでもすれば少しは家での居心地も良くなります。

 

実際、我が家では私より嫁さんの方が休日は居心地が悪そうな時もありますからね。

 

 

 

 

□まとめ

あとは、家事をすることでパートナーの機嫌が良くなるってのもありますね。

それが1番かもしれないけど。

 

「男が家事なんて・・・」ってお高くとまるよりは自分から進んでやった方がカッコいいと思いますよ。

やって損はないですしね。

 

 

 

関連記事:

 

hitoribotti.hateblo.jp

hitoribotti.hateblo.jp