<独りぼっち研究室/a>

男が家事をしない?旦那の育て方間違ったんじゃないか?

スポンサーリンク

f:id:fcl32090:20150221033755j:plain

男で家事をしない事が悪いなんて誰が決めた?

 

なんだかんだで女は文句ばっかり言うけど、日本人男性の労働時間はただでさえ長いのに、家事の時間まで増えたら1日の稼働時間は世界一位になるんだぞ。

「男尊女卑」なんて叫べば皆が仲間になってくれると思うなよ。

 

 

 まあ、こんなことを書いて反感を買うのは嫌なんでね。

ちなみに我が家では家事の分担割合は6:4。

 

私が6でmyハニーが4ね。

これはmyハニーも認めているから、2人の中では正式な数字。

 

負担が私の方が大きくても気にならない。

myハニーの為だと思えば苦でもないし、家事ってできるようになると楽しいし。

 

 

今回書いていくのは内容的には「家事をしない男にどうやって家事をさせるか」というもの。

少なくともこの記事を書いているバカ男には効果覿面だったので参考になる・・・はず!

 

 

 

〇男が家事をしない理由

 家事をしない男に苛立つ前に

「何故男は家事をしないのか?」と冷静になって考えてみよう。

 解決の糸口が見えてくるはず。

 

 

やり方が分からないのが一番

  世の中には家事に関心の無い男もいる。
ただ、そんな男ばかりではない。
「家事をしたくてもできない系男子」も数多く存在している(はず)

 

私もその系統の男子だった。

料理を作ると言えばハンバーグかインスタントラーメンのいずれか。

たまに挑戦する餃子では手作りという手法を選択したものの少し失敗して嫌になって・・・

洗濯をしても粉洗剤だと粉が固まって出てくるし、液体洗剤だと入れ過ぎて怒られるし・・。そもそも洗剤と柔軟剤の違いって何だよってレベル。

米を炊けと言われても何回研ぐのかすら知らないし、一合って何だよ!?

 

分からないことが積み重なって、しかも怒られたらやる気なんて起きません。

こういう過程を経て「家事できない系男子」は「家事しない系男子」に進化します。

 

 

 

 

 

何でもやってくれるからしなくていいと思ってた

「分からない」「できない」「したくない」と言っていれば全てをやってくれる。

そう、まるで実家に住んでいた時の母親のように。

男と言うのは自分勝手な生き物で、女性が仕方なしにやってくださっていることを「俺の為にしてくれている」と勘違いをし始める。

勘違いの段階なら救いようはあるが、それが当たり前になってしまったらもう手遅れ。

 

「お前の仕事だろ」

「手伝ってやったんだから小遣いくれよ」

 

 

調子に乗んな!

 

 

って思うかもしれない。でも、私は実際こんなもんだった。

 

 

 

 

仕事が大変だから?

 この手の話題になると必ず出てくる男側の主張。

 

「だって、仕事大変なんだもん」

 

確かに仕事は大変。

上司の目が光っていて失敗できないし、取引先で粗相したらマズいし、ただでさえ労働時間長いのに残業しなくちゃいけない雰囲気だし・・・

家に帰ったら帰ったで「あれやれこれやれ」と言われたらね、嫌になるよ。

 

 

確かに、労働時間+家事の時間で日本人男性の稼働時間は相当なものになる。

かろうじて寝る時間はあるものの自分の時間が一切ない、まさに「生きる為に生きている」

 

けど、家事を丸投げしたら女性の方が稼働時間が長くなってしまうかもしれないよ?

 

 

 

 

家事をしていることが恥ずかしい?

スーパーで買い物かごとエコバック持って買い物する。

 

一見当たり前の光景に見えるかもしれないけど、これが最初は恥ずかしかった。

自意識過剰と言われればそうかもしれないが、恥ずかしいと感じてしまうものはどうしようもない。

 

 

「なんだこの男、飯作ってくれるような人もいないのか?」

なんて思われてるんじゃないか?

 

 

 

今となっちゃ他人の目ばかり気にしてたんだなって気付く。

経験を積めば気にするのは「値段」以外にないことが分かるはず。

 

 

 

 

〇男性が家事をしたくなる方法

 2年前まで家事を一切しなかった私がどうして家事を手伝うようになったか?

環境の変化が1番大きかったが、気持ちの面でも変わったと感じている部分があるので書いていく。

 

 

男性を褒める

自分で料理本を買ってきて、レシピ通りに作る。

簡単そうでいて実は結構難しい。

なんせ

  • 米ってどうやって炊くんだ? 
  • ㏄ってどうやって計るんだ?
  • 大さじと小さじはどうやって計る?

疑問は色々と湧いてくる。これだけでも嫌になってくるのに「食材買い忘れた」とか「書いてある調理用具がない」なんて事態が発生するともうね・・・

 

でも、そこを乗り切ってご飯を作り終えた。

 

 

見た目は悪いかもしれないけど、味は意外といけるぞ。

自分で作ったご飯って美味しく感じるからものだからね。

 

あとはハニーの帰りを待つのみ。

「帰ってきた」

「ご飯食べよう」

 

 

 

「美味しい!」

この一言は本当に嬉しかった。

自分が作ったものを他人が食べて「美味しい」って言ってくれるんだって思ったら、今まで「料理苦手」って思ってた気持ちがどこかに消えて、むしろ料理することが楽しくなった。

 

 

褒めてくれる、ただそれだけで良い。

自信が無いから褒められるだけで良い。

 

 

 

「出来ない女」を演じる

 今となって考えれば「はめられた」感じがしないでもない。

 

myハニーは軽度の「汚嫁さん」だった。

6人兄弟の長女で、小さい子供がたくさんいるから多少部屋が汚れていても「この位実家に比べれば相当綺麗だよ」の一言。

 

 

「神経質になり過ぎてるのかな?」なんて思うようになった

 

 

 

 

が、そうではない。

あまりに汚くても「実家と比べれば・・・」と言うので背中にリピートボタンが付いてるのか?

 

 

貴様ができないのなら余がしてやろう!!

こんなメルエム的なことは言ってませんが

「仕方ないな〜、ここは意外と家庭的な俺が掃除してやるよ」と何気に掃除しました。

 

するとここでも「そんなところまで掃除するんだ、知らなかった。凄いね」なんて褒められるもんだから

 

「別に褒められたからって嬉しくないんだからね!次からもやると思わないでよね!」と言い放ち、今現在に至るまで掃除をしていて、これからも掃除をしていきます。

 

 

 

おまけ「家事する男性は床上手」?

www.excite.co.jp

 「妻とのそれも家事ってことなのでは…」

「技術というよりは奉仕好きってことなんじゃない?」

 家事と夜の営み、関係性が無いかと聞かれれば「ある」と思っている。

男性は家事をすることで「協力している」と意識できるようになるので、家事しない時よりも相手のことを少しだけ思いやることが出来る。

 

そして「大切にされてる」と女性が感じる(と思う)ので、女性側はテンションが上がっていつもよりも芝居を大げさにやってくれるし、男性側もいつもよりテンションが高い女性を見てハッスルダンスする。

 

 

 

女性って本当に気持ちで影響されやすいですから、大切にされていると感じるとそういう行為が楽しくなったりするみたいです。

 

 

 

全てをやれとは言わないが、全て出来なくてはならない

我が家はmyハニーと私の労働時間を比べれば私の方が圧倒的に長い。

 

じゃあ、私の方が長いからできない家事は「できない」と言っていいのか?

 

 

答えは「NO」

 

 

myハニーが風邪を引いたら?

怪我をしたら?

出て行ってしまったら?

 

 

こんな時に「できない」と言ったって誰もやってくれはしない。

それ男性が毎日家事をするのが面倒だと感じるように女性だって「時々は」やりたくない時もある。

そんな時に「俺やっておくから」なんて言ったらハニーの嬉しそうな顔が見れる。

こんな幸せってないでしょ?

 

目指せ家事のマルチプレイヤー!

 

 

まとめ

 家事逃げ切り世代はせいぜい今の40代くらいまででしょう。

これだけ男女平等だなんだと騒がれたら逃げられないし、家事を手伝わない&しないというのはマイナスの要素にしかなり得ない。

男性はどうせやるなら自分なりに楽しさ・面白さを見つけてやった方が得。

 

女性は男性が家事をしてくれたら褒めなくても良いけど感謝の気持ちくらいは言わないとね。

 

 

どっちが悪いじゃなくて、お互いに協力してやりましょう。

せっかく一緒に生活する訳だからね。

 

 

終わり。

 

関連記事

hitoribotti.hateblo.jp

hitoribotti.hateblo.jp