<独りぼっち研究室/a>

嫁に「Twitterやめたら?」って言った話

スポンサーリンク

失敗して落ち込むことはよくある話。

失敗しない人間もいなければ、落ち込まない人間もいないのだから。たぶん・・

 

 

ただ、うちの嫁は失敗もしていないのによく落ち込んでいる。

尋問すると大抵「Twitterで他の人のアカウント見てたら・・・」なんて理由を述べる。

さらに深く掘り下げていくと、自分(嫁)が目指している将来に近い形で成功している人、もしくは自分と同じ・近い歳で成功(嫁が目指している形)している人のアカウントを見て羨んだ挙句、それに対して劣等感を覚えて現実世界で落ち込んでいる。

また、嫁の両親は離婚していて本当の父親のことはあまり知らないがTwitterで調べに調べて見付けた父親のアカウント。それを見て嫌なことを思い出しながら落ち込む。

 

 

「アホか!」

って思う。もちろん言わないけど。

見たら後悔するってわかってるくせに見てしまう。怖い物が見たいって気持ちも分からんでもないが、探さなければ見ることが出来ないのであれば探さなければ良い。

自分で得たい情報を選択できるこの時代に何でわざわざ邪魔になる情報を好んで得る必要があるのか?

 

 

「何となく気になっちゃうんだもん・・・」って言っていたが・・・

 

 

 

 

 

 

「可愛い(〃▽〃)ポッ」

 

 

間違えた、アホだなって思う。

そんなこんなで話をしているうちに「Twitterやめたら?」って話をすると「そうだね、やっている意味もそんなにないし」って。

 

そう、SNSってやっているうちに「何となく」続けている人が少なからずというか相当数いるように思う。

「何となく」続けているだけなら良いけど、やっているうちにダラダラと奥深くまでのめり込んでいって無駄な時間や労力を使う。さらにひどい場合にはうちの嫁みたいに現実にまで大きくマイナスに影響してしまう奴までいる。

 

 

もうやめちまった方が良いって。

その分、仕事や現実の友達とコミュニケーション取った方が良いこと多いような気がするよとは嫁に言った。

現実でも嫌なこともあるかもしれないけど、SNSの中のことで気を病んだり落ち込んだりするよりは良いと思うんだよね。

 

 

 

まとめ

TwitterなどのSNSをやっていて「疲れる」って感じる、もしくは現実で落ち込むくらいならきっぱりさっぱりとやめちまった方が良いぜ!って話。