読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今度こそ!同棲に失敗しない為にやっていること!

f:id:fcl32090:20170407175758j:plain

「もう無理だよ、別れよう」

 

 

 

同棲カップルは別れる確率が非常に高い。

 

 

同棲当初はこんなことを聞いても「俺たちなら大丈夫!!」「私たちなら上手くやっていける!!」なんて思うもんです。

少なくとも私も「俺は大丈夫だから気にしない」というスタンスで同棲に臨んだ訳です。

 

 

だがしかしbut、そんな私も2年という短い期間で同棲解消、つまり失敗に終わりました。

 

hitoribotti.hateblo.jp

 

 

何が言いたいかというと、同棲ってやっぱり失敗しやすいんですね。

結婚しないで一緒に住む訳だから美味しいところだけ味わっているようなもんで、実際にその先をきちんと見据えて生活しないと上手くいかない。

見据えるとは言っても、同棲しているのと結婚しているので何がどう違うかよく分からない。

 

 

これから同棲する方の為に少しでも役に立てば良いと思って久しぶりにブログを書いていきます。

 

 

早目に結婚する

そういえば、私事ではありますが最近結婚しました。

年下の可愛い嫁さんをもらったんであります、幸せ真っ只中です。ぐへへ

 

出会ってから1年弱、同棲してからちょうど1か月で結婚に踏み切りました。

結婚して分かったことなのですが、同棲するくらいなら思い切って結婚した方が良いんです。(個人の感想ですけど)

何が変わるって「こんなカワイイ子が俺の嫁さんか・・・うふふ」ってことを実感できるくらいですけど、女性にとっては「結婚」って人生で最大のイベントで楽しみに待っているものだから思い切って結婚した方がお互いに気持ちも吹っ切れるし良いようです。

 

 

お金の準備はしっかりと!!

私の従兄弟も年齢が高くなってきて同棲する人たちが増えてきましたが、お金の不安が大きくて結婚に踏み切れなかったり生活する中でストレスを感じることが多いそうです。

今の時代、1人で2人分の生活費を稼ぐことって結構大変ですから、せめて生活費に困らないようにお金を準備してそれでも不安なら2人で協力して余裕をもって生活費を稼ぐ。

個人的に少しくらい贅沢できるくらいがちょうどいいように感じます。

 

 

 

家事は「気が付いた方」がやる

我が家のルール?ですg、家事に関しては気が付いた方・その日に余裕がある方がするようにしています。

私は仕事柄平日も休みがあるもんで嫁さんがバイトに行っている時は炊事洗濯掃除の全てをやります。嫁さんが休みの時はその逆ね。

2人とも仕事の日ももちろんあるので、そんな日は朝に「今日は俺がご飯作るから早めに帰ってきたら掃除機だけかけといて」なんて相談しながらやっています。

分担制にするとお互いに「楽なことばかりやりやがって」っていう気持ちが芽生えないとも限らないのでこの形にしました。

お互いに家のことを気に掛けるようになるので綺麗な状態で維持でき、気持ちの良い同棲生活を送ることも出来ます。

 

 

 

「好き」という気持ちを伝える

伝え方は色々ありますが、お互いに素直な気持ちを相手に伝えることも重要です。

私も毎日ではないにしろ「好きだよ」とか「可愛いね」なんてふとした時に言うようにしています。(文章にするとキモイな)

何がどうとかはよく分かりませんが、言葉ってのにはそれなりに力があるみたいなんで時間・日が経つにつれて好きという気持ちや可愛いと思う気持ちが大きくなっていくような気がします。

 

 

感謝の気持ちも意識して伝える

お弁当を作ってもらった時、夕ご飯の後片付けをしてもらった時、細かいところを掃除してもらった時、いろんな時に感謝の気持ちを伝えるチャンスは転がっています。

 

でも、実際はそんな1つ1つに感謝は出来ない。当たり前に感じてしまうこともあれば気付かないこともある。

その中でも「あっ、これやってくれたんだ」と気付いたことがあればすかさず感謝の気持ちを「ありがとう」という言葉にして伝えましょう。

最初は照れ臭いし少し白々しい感じになるけど、慣れれば自然な形で言えるようになります。

人はやったことが認められるとさらに頑張ろうという気持ちになるのでお勧めです。

 

 

 

まとめ

結局はお互いにお互いのことを「認める」ということが肝心なんだなと思います。

2人で生活するということは2人で生きていくということ。

お互いに社会的にも家庭的にも精神的にも自立するという心掛けを持って生活すれば必ず上手くいきます。

 

 

 

hitoribotti.hateblo.jp

hitoribotti.hateblo.jp