同棲が楽しくないものになってしまう原因と対策!

 

f:id:fcl32090:20160607205735j:plain

「大切なのはお・も・い・や・り」

 

 

 

最近思い出したように同棲のことばかり書いている独りぼっち研究室です。

忘れないうちに書いておかないと同じ過ちを繰り返してしまうんでね。

それだと人間としてどうなの?ってことになっちゃうんで色々と書いている訳です。

 

で、今回は「同棲って楽しくない」って思ってしまう原因とそれの対策を書いていきます。

まあ、楽しさ求めて同棲するってのもどうなの?って言われるかもしれないけど、どうせするなら楽しい方が良いと思うんでね。

 

 

 

努力しなくなったから

 「同棲=家族になる」ってことにはならないんですね。

あくまで仲の良い他人と一緒に住んでいるってだけ。

他人と住んでいれば家族と同じような態度ではいけないんです。

違う環境で育ってきた訳だから、考え方や習慣に違いが必ずある。

それなのに自分が努力したくないから変わろうとしないってのは同棲相手に迷惑をかけることになる。

 

 実家に住んでいた時は料理なんてしなくても勝手に出てくる。洗濯だって洗濯機に入れれば次の日には外に干してある。掃除も自分の部屋だけすれば良い。

 

同棲してみると、そういうことの全てをやらなくちゃいけなくなる訳です。

「あいつにお願いしてあるから」と自分には関係無い話と思っているのは怠慢以外の何物でもない。

最初に「これとこれはお願いね」と決めたかもしれないけど、環境が変わったりすることもある訳だから、「最初に決めたじゃん」と意見を押し付けたりせずに見直したり協力する姿勢を見せる。

そうやって努力していかないと相手も努力しなくなってテキトーにやることだって多くなります。

 

 

楽しく同棲する為には、お互いにお互いのことを考えて変わろうとする努力をする。

譲れない部分ももちろんあるけど、それはとことん話し合ったら良い。

 

 

 

 

2人の時間が長すぎるから

最初のうちは一緒にいることが楽しいと思う。

でも、3か月も経てばそんな感情も忘れるし「邪魔だな」なんて思うことも時々あります。

2人でいる時間が長いとマンネリ化してきて、どうやったって刺激が無くなってしまうんです。

 

別々の趣味を持つとか寝る部屋を別にする。外に遊びに行って気分を変えるなど、少しは離れる時間を確保することでマンネリ化も少し遅くなります。

 

 

 

 

感謝の気持ちを伝えないから

実家を出て生活する。

仕事しながら慣れない家事をこなす。

家族以外の人と共同生活。

 

大人になったら多くの人が通る道で、普通のことだと言う人もいる。

 

 

でもね、これって頑張ってると思うんですよね。

今までは自分のことだけ考えて生きてきたのに、同棲すると住んでいるところのことも考えなくちゃいけないし、お金のことだって考える必要が出てくる。

仕事だってあるだろうし、相手のことを考える時間も必要になってくる。

慣れれば普通のことだと思ってしまうけど、かなり頑張ってるよ。

 

頑張っている相手に感謝の気持ちを伝えず、その上文句ばかり言ったりしていたら、そりゃ楽しくなくなるよ。

 

 感謝の気持ちを伝えるなんてこっ恥ずかしいかもしれないけど、行動や言葉にしないと伝わらない訳だから、意識的に感謝の気持ちを伝えて方が良い。

というか、伝えてほしい。

伝えなくて後悔してる奴がここにいるから。

 

 

 

まとめ

努力&感謝するってのが楽しい同棲生活を送るポイントです。

超ザックリだけどね。やりたいことばっかりやって、やりたくないことはやらないってスタンスで続く人もいるけどごく少数だと思います。

お互いのことを思いやる気持ちを忘れないように生活しましょう

 

 

 

では。