読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅行先で喧嘩になる原因を知って楽しい旅行にしよう!

f:id:fcl32090:20160528175832j:plain

何週間も前から計画を立てて万全の準備をしたつもりで行く旅行。

そう、旅行というのは計画を立てるのも醍醐味の一つ。

 

彼氏「あそこに行きたい」

彼女「ねえ、こっちも楽しそうじゃない?」

彼氏「本当だ、君と一緒ならどこでも楽しそうに思えるよ」

彼女「○○君・・・好き!」

 

想像しただけでニヤニヤしちゃいますね。

 

こんな感じで旅行の計画を立てて、そしていざ行ってみたら・・・何だか思い通りにいかなくて自分もイライラしてくるし、ふと相手を見てみると不機嫌そうな顔であらぬ方向を見ているなんてことありますよね。

去年の今頃は月に少なくとも2回程度旅行に行っていましたから、喧嘩というか雰囲気最悪な状態で旅行した経験が何回かあります。

 

お金も時間も使うし、何より普段味わえない「非日常感」や「特別感」を味わう為の旅行ですから、楽しく行きたいもんです。

そして楽しく旅行する為には物の準備だけでなく、心構えや知識も必要。

それを補う為に「旅行先で喧嘩になる原因と対策」を書いていきます。

 

 

 

目的が違ったから

旅行先を決めても、目的が違えば喧嘩になることは結構な確率であります。

私は旅行先ではゆったりと過ごしていたい、見るものを見る時も30分くらいかけて同じ景色を眺めて時間の経過を楽しみたいタイプです。

そんな人間もいれば、とにかく見どころと言われるものを見る為に動き回ってでも見たい人もいます。

片方は「もう少しゆっくりと見ていこうよ」と言っているのに、もう片方は「早く行かなくちゃ全部見れないじゃない」となってしまったらどうにもなりませんね。

 

そうなる前に、計画の段階で大まかな流れを決めておきましょう。

「これとこれは絶対に見たい。あと、あれも絶対にやりたい」というのを言っておく、もしくは聞いておくことで譲れないものを最優先にすることができます。

また、譲れないものが多くて時間もいっぱいいっぱいになってしまう場合は別行動という選択もありです。

待ち合わせ場所を決めておいて、満足した・時間が来たら集合する。

喧嘩になるくらいなら、一時的に別行動を取った方が後々の関係性にも好影響ですからね。

 

 

 

計画通りにいかないから

「計画通りにいかない」というのもざっくりしていますが、細かいものは後で書いていきます。

 

綿密な計画を立てて行動しても、交通渋滞やお店が休みなどのちょっとしたトラブルで計画に大きな狂いが生じます。

そうなってくると段々とイライラしてくるものです。

「今日はツイてないね」なんて慰めの気持ちで言ったのに「仕方ないじゃんか!」なんて怒ってしまうことも・・・

 

旅行の基本として、予定はつめすぎない。空き時間・スキマ時間を必ず計画に盛り込み、トラブルに対処できる時間を確保しておきましょう。順調に計画通りにいけばほかのことをできることもあるので、それはそれでお得感が生まれます。

また、時間だけでなく「体力」「心」に余裕ができるように計画を立てることも大切です。

 

 

 

荷物が多くて準備に時間がかかったから

私は基本的に荷物は下着と日数分の着替えくらいしか持っていかない&持っていかせないのでそんなに気になりませんが、4泊5日とか旅行の時にはそれなりに荷物も増えます。

どう考えてもいらない物まで持っていって「まだ~?」とか聞かれるとちょっとね・・・私の場合は「昨日の夜ハッスルしないで、もっと早起きしておけば良かった。」と後悔しますが、そうでなくて「少しくらい待ってろよ」と思う人もいるかもしれません。

 

 

化粧に時間がかかったから

荷物に関しては男女共有ですが、化粧に関しては女性がほとんどかと。

先ほど書いた「荷物の準備まだ?」と言った後に「化粧長かったくせに」なんて言われたらイラッときそうですよね。

 

ホテルのチェックアウトが10時だからといって時間ぎりぎりまで寝ない。

前日に寝るのが遅くなるのは仕方のないことだとして、起きるのも遅ければ時間の余裕がなくなるのは目に見えています。

早起きして万全の状態で宿を出れるようにしましょう。

 

 

荷物を忘れるor無くしたから

よくやるんですよね。

3日分の着替えをバックに入れて持ってきたつもりが、バックごと忘れる・・・絶望的です。

旅行先で買う時間ももったいないけど、無いとどうしようもないしね。

それに、泊まった宿に忘れ物なんてのも絶望的ですよね。

戻るのは時間がかかるし、届けてもらうなんてこともできないし。

 

用意した荷物を忘れない為には、最低限必要なものを紙orスマホにメモしておいてチェックリストとして活用する。

荷物を無くさないためには部屋を出る時にトリプルチェックする。

 

 

 

予算が足りなくなりそうだったから

旅行に出費は付き物。

予算を組んで行ったは良いが、どうにもこのペースだと足りなくなりそう。

彼女にお金を出させるのも何だかな・・・こんな感じで心がどんどん狭くなっていき、最終的にはくだらないことで喧嘩になる。なんてこともあります。

 

「お土産代とか含めて5万円になりそうだな」とざっくり計算しておき、それプラス3万円ほど財布に多めに入れておきましょう。

使わなければそのまま入れておけば良いし、万が一足りなくなったときは「仕方ない」と諦めて使いましょう。

 

 

丸投げして何もしないから

「どこに行きたい?」「どこでも良いよ」

「何食べたい?」「何でも良いよ」

母親曰く「何でも良いよ」が一番困るとのこと。

 

考えていなかったとしても、とりあえずその場で考える(ふりをする)ことも重要です。

尋ねた側も必死に考えていますから、少しは考えている姿勢を見せましょう。

 

 

 

「~すれば良かった」などの愚痴

「あそこ通らないで別の道通ればスムーズに行けたかもしれないのに」

「はい、その通りですね。」

 

 

とはなりませんよね?

「~すれば」なんてたられば話をされても、実際にどうなったかなんてのは分かりません。

そもそも、終わってしまったことを言ったところで変えることは出来ない訳ですから、そういう話はしない。

時間がかかっても目的地に辿り着けた・美味しい物を食べられたのであれば「着けて良かったね」「美味しいね」と気を効かせて一言口に出すのが喧嘩をしないコツです。

 

 

 

横柄な態度を取ったから

「何でこんなに歩かなくちゃいけないの?」

「早く車出してよ」

普段は許せるかもしれないことでも、旅行先ではまた別。

 

相手のことを気遣うことを忘れない。

また、飲食店の店員さん・ホテルスタッフの方への横柄な態度というのも喧嘩の原因になります。

旅行中だからといって羽目を外し過ぎずにいつも通りの対応をしましょう。

 

 

 

迷子・目的地に辿り着けなかったから

車の時はナビがあるから比較的大丈夫なんですけど、電車で旅行だと慣れなくて何に乗れば良いかも分からないし、降りてからもどこに向かえば良いか分からない。

ひたすら歩き回っていると疲れるし「まだなの?」とか聞かれた日にゃ・・・

 

事前にネットで調べておくほかないですよね。

行き方を頭の中で思い描けるくらいにしておくことが肝心です。

 

 

 

次の行き先が決まらないから

無計画で旅行するのが好きなので、次に行くところが決まらないなんてこともしょっちゅうです。

旅慣れしてしまうと思い付いたところや面白そうなところってのは何となく分かってくるので今は問題ありませんが、最初の頃はこれで気まずい雰囲気になったことがあります。

 

あらかじめ行きたい場所・やりたいことを決めておく。

もしくは、現在地から1番近い観光地を目指して移動するというのもアリですね。

 

 

 

宿(の使い方)が汚かったから

予約した宿が写真より汚い・・・なんてことはよくあります。旅行あるあるです。

そして、一緒に泊まった人の宿の使い方も汚いとなると・・・手の施しようがありません。

 

口コミサイトで事前によく確認しておく。宿は旅行の中でも1番滞在している時間が長い場所なので絶対に確認しておきましょう。

使い方に関しては・・・行く人を選ぶ・・・方が良いのかな( ̄∇ ̄;)ハハハ

 

 

 

勝手に1人で行動して一緒に旅行した意味が感じられなかったから

予定を立てたにも関わらず「あっ、あそこ面白そう」「あれに乗ってみたいな」なんて言っほいほいそこら辺に行く猛者はなかなかいないでしょうけど、あまり身勝手な行動をしていると喧嘩の原因になることは誰でも分かります。

 

旅行先で目に付いところに行ってみたいというのはよくあること。

自分だけで決めずに「時間に余裕があったらあそこ行ってみない?」と相手に尋ねることを忘れないように。

一緒に行っている相手が楽しくなけりゃ、自分も楽しくなれません。

 

 

 

混雑・渋滞していたから

行ったことはありませんが、ディズニーランドってかなり混雑しているようですね。

並んでいることもがDSやっていて何の為に遊びに来ているんだかと話題になっていたこともありました。

 

基本的に平日でもなければ観光地・行楽地というのは混雑・渋滞が付き物です。

待ち時間に暇をつぶす方法を考えておきましょう。

kinisuru.com


 

 

大人のクイズ [ 逢沢明 ]
価格:596円(税込、送料無料)


 

 

 

 

服装が場違い

山登りに来ているのにヒールとかね。

一緒に来ているこっちは気を使うし、周りの目も気になるし・・・気苦労が絶えなくなります。

「事前に確認してね。」の一言です。

 

 

 

日頃のイライラをぶつけたから

疲れてくると自然とイライラしてくるのは仕方ない。

でも、何で今日頃の不満をぶつけてくるんだい?

家事を手伝わない日があったってのは確かだが、それを議論するのは今じゃなくても良いだろ。

 

普段から相手をイライラさせないように気を付けます。

 

 

 

「疲れた」を連呼したから

何回も書きましたが、旅行は疲れます。

ただ、疲れたからと言って「疲れた」と口に出しても良いことはありません。

相手に気を使わせるだけでなく、ひどい場合は相手もテンションが下がって「来なけりゃ良かったね」なんて言われてしまうことも。

 

疲れた時は「休憩しない?」とかトイレに行ってそっとため息ついて笑顔で戻ってみたり。

疲れたと意識すると余計に疲れてしまいますから、楽しくいこうじゃありませんか。

 

 

 

ひたすらスマホをいじっていたから

飲食店でもよく見かけますよね。

2人で来ているのに、せっかく楽しい食事の場なのに2人ともスマホをいじって下を向いて言葉を交わさない。

傍から見てると不自然な光景に見えます。

また、当人達も楽しめないでしょう。

旅行中も同じで、せっかく遠くまで来ている訳だからいつでもいじれるスマホはとりあえずポッケにしまっておき、使う必要があれば「今、次の行き先確認するからスマホ見るよ」などの声掛けがあると円滑に旅行ができるようになります。

 

 

万が一、喧嘩になってしまった時に解決してくれる魔法の言葉

喧嘩になる原因と対策を長々と書いてきましたが、気を付けていても喧嘩になるときはあります。

楽しい思い出になるはずだったのに、喧嘩が原因で別れて嫌な思い出にはしたくないですよね?

喧嘩になってしまった時は頭を冷やして素直に「ごめんなさい」と言いましょう。

旅先での喧嘩、そのほとんどは勢いです。それを鎮めるためには「ごめんなさい」の一言が非常に有効です。

中々言いにくい言葉かもしれないですけど、良い思い出にするにはこれしかありません。

 

 

 

まとめ

旅にトラブルは付き物。

トラブルが起きたら計画を変える柔軟性も必要。

そして、トラブルを楽しむ心も必要です。

 

また、喧嘩になってしまった時は素直に「ごめんなさい」と謝りましょう。

 

関連記事

 

hitoribotti.hateblo.jp