読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女も大満足!無計画な旅行を成功させるコツ!

f:id:fcl32090:20160526215817j:plain

 有給休暇を使って20連休しているので2回旅行に行ってみました。

1人ではどこにも行けないので彼女と行った訳ですが、2回とも無計画な旅行。

相手のあることだから失敗したら幻滅されるかもというリスクはあったものの、2回とも成功というか、上手くいきました。

ここ1年くらい旅行に行く回数が増えて旅慣れしているというのも大きかったですが、無計画な旅行を成功されるコツのようなものを書いていきます。

 

 

 

1.無計画にも程度がある

無計画とは言っても、全部が全部決めていない訳ではありません。

旅行先や日程は当たり前ですが、それ以外にも最低限のことは決めているので書いていきます。

 

 

旅の目的は明確にした

旅の目的、日頃の疲れを温泉に入ったり綺麗な景色を眺めて癒したり、または歴史的な建造物を見に行って勉強したり、美味しいものを食べたり。

まあ色々ある訳ですが、私の今回の旅の目的は「美味しいもの巡り」ってところです。

「美味しいものを食べる」という目的を意識して「○○を食べる」とだけ決めてどこで食べるかは決めない。

その程度の無計画さです。

 

 

 

宿は予約する

2人で旅行しているのに泊まる宿が無いから車中泊、もしくはネカフェ・・・って言うのは私も嫌ですし、一緒に行っている相手に対しても失礼なので宿は事前にネットで予約しておきました。

今までの旅行で宿に泊まらないということはありませんでしたが、気持ちを想像してみると切なくなるので宿だけは絶対に取っておいた方が良いです。

 

 

 

2.無計画な旅行をするメリット

雑誌・ネットの口コミや旅行サイトなどがたくさんある中、どうして無計画な旅行をする必要があるのか?

 

それには理由があります。(当たり前ですけどね)

わざわざ計画を立てずに旅行することのメリットについて書いていきます。

 

 

 

行く先々で気になった所に立ち寄れる

ガイドブックやインターネットには観光名所とそれに付随する・近接する施設がたくさん載っています。

そこに掲載されるということは素晴らしいサービスを提供していたり、その場でしか見れない立派なものがあるから掲載される訳で。

 

じゃあ、そこに掲載されない所は何の魅力もないか?と言うと、そうでもありません。

行く先々でガイドブックにもインターネットにも載っていない場所・施設が気になった時に計画を立てていると、そこを楽しむ時間が無くなる(もしくは少なくなる)。

無計画に旅行をすることで気になった場所をじっくりと楽しむことができるというのが無計画旅行の1番のメリットです。

 

 

 

時間に追われなくて済む

仕事している時なんかいつも時間に追われて生活して、家に帰ってもそれなりにやることがあるから寝るまで時間に追われて過ごす。

気が休まるというか、時間を意識しなくて良いのは旅行している時くらいなもんです。

計画を立てて旅行すると、せっかくの気が休まる時間でも何となく時間に追われている感じがして嫌なんですね。

私生活・プライベートで旅行している訳だから時間に追われることなく楽しめるというのが無計画旅行の2番目のメリットです。

 

 

 

 

景色・風情・食事を心行くまで楽しめる

 特に計画もないのでね、旅行の醍醐味である「景色・風情・食事」を心行くまで楽しむことができます。

計画されていると「少し早く出た方が良いかな」とか考えたりしちゃうんで楽しめる時間が減っちゃうんですよね。

楽しんでなんぼの旅行ですから、これが3つ目のメリットです。

 

 

 

 

 

夢は、無計画のほうが実現する
価格:1620円(税込、送料別)


 

 

 

3.無計画な旅行を成功させるコツ

ここからが本題。

無計画な旅行をするからと言って「○○に気を付ける」とはあまり考えていませんでしたが、結果的に上手くいったので、何でうまくいったかを言葉にしてみます。

 

 

 

旅の目的を明確にする

記事冒頭部分でも書きましたが、旅行する目的を明確にすることは大切だといつも考えています。

旅行するくらいだから「あれが見たい」とか「これが食べたい」とか決まっていると思いますが、それを強く意識して、実際にその目的を達成する。

そうすることで、他に嫌なことが起きたり上手く事が運ばなかったとしても「あれは見れたから良いよね」とか「これは食べられたから良かったよね」と振り返った時に良い思い出として心に残ります。

 

旅行は思い出が1番重要ですから、振り返った時に良い印象があればそれで良いんです。

 

 

 

必要最低限の準備はしておく

私が準備しておいた物

□日数分の着替え

□歯磨きセット

□スマホの充電器

 こんなもんですが、無くては困るものだけで十分です。

さすがに着替え無しとかだとね、匂いも気になるしちょっとね・・

 

 

 

気持ちは大きく「楽しむ」ことを忘れない

楽しかったかどうかなんてのは結局は気持ちの問題。

せっかく旅行に来ているんだからイライラしたりせずに予期せぬアクシデント・トラブルを楽しむ心も重要です。

自分が楽しんでいれば、一緒に旅行している相手も楽しくなってくれる確率は上がりますからね。

 

 

 

とりあえず行動する

旅行途中で行きたいところが出来たらとりあえず行ってみる。

行きたい場所が無くなってしまってもとりあえず動いてみる。

 

「とりあえず」って部分が重要で、行動すれば意外と何とかなるもんなんです。

計画立ててないのに全部を上手くやろうなんて考えていると何もできないし楽しめもしないから、とりあえず行動してみましょう。

 

 

 

ネットをOFFにする楽しみもある

これはまた別の話ですが、旅先でスマホ等々のネット環境をOFFにするってい言うのも結構楽しいです。

宿のチェックインには少し早くてなおかつどこかに行っている時間がないような時にはスマホの電源を切ってブラブラしてみるのもオススメです。

 

 

 

計画を立てた上での無計画も楽しい

大まかな計画を立てておいて、実際に旅行する時には計画を少しだけ無視してみる。

 

ひねくれているからなのか、意外とこういう旅行スタイルも楽しいもんです。

上手くいかなけりゃ、計画通りに戻せば良い訳ですから気楽なもんです。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

まとめ

きちんと計画して旅行するというのが本当は良いのかもしれないですけど、無計画でも十分に楽しめます。

「オススメ」って訳ではないですが、気が向いたらやってみてはどうでしょうか?

 

 

では。