読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何の為に生まれてきたのか?

別に死にたい訳じゃない!

自分が生まれてきた理由について考えてはいるけど、別に死にたい訳じゃない。
むしろ、生きたい。
死ぬのが怖い訳じゃないというより実感がまだないのかもしれないけど、やりたいことは人一倍あるつもりだから生きていたい。
それも、ただ生きていたい訳じゃなくて常に自分の中で意味を見付けて生きていたい。
 
 
 
 

生まれた時の大変さ

どこかで聞いた話だけど、生まれた時って1t以上の圧力がかかるらしい。
今の自分がそんなのに耐えられるかどうかは分からないが、そんな死ぬような思いをしてまで生まれてきた。
 
それだけでなく、母親だって苦しい思いをして自分のことを生んでくれた。
自分は男だから出産の痛みは本当の意味では分からないけど、誰に聞いたって尋常じゃない痛みと答えるくらいだからよっぽど苦しい思いをさせてしまったのだと思う。
人1人を生むのって相当に大変なことだと言うのは理解できる。
 
 
 
 

生まれてからも苦労続き

今まで25年間生きてきて、嫌なことなんて数えきれないほどあった。
 
「良いことの方が多い」なんて人は言うけれど、良いことは良いことで嫌なことは嫌なことと別物だから、そう簡単に「良いことの方が多い」なんて割り切れやしない。
 
幼稚園に通っていた頃の記憶はあまり残っていない。けど、幼稚園に行くのが本当に嫌だったのは覚えてる。人見知りな子供だったから、周りに多くの人間がいることが苦痛だった。
小学生になって辛かったのはやっぱり学校に行くこと。勉強が嫌いな訳でも友達がいない訳でもない。むしろ勉強には積極的に取り組んでいたし、友達も多い方だったと思う。
それでもやっぱり人と関わるのは何となく苦痛な印象がある。
楽しく遊んでいるんだけれど、気を遣うというか「この人は自分のことをどう思っているんだろう?」と子供ながらにちょっとは考えていた。
中学生に入ってからも同じ悩み。
 
高校は地元ではなく、電車と自転車で40分位かかるところに行っていたから、初めて知らない人たちと大勢関わった。
それもまた苦痛だった。
人見知りは相変わらずなので最初は友達が出来なくて悩んだ。
友達が出来ても何となく今までの感覚と違い、少し距離があるような感じ。まあ、高校生と言えば大人とそんなに変わらないから当然と言えば当然なんだけど、それを受け入れられるようになるまでがひたすら苦痛だった。
そして、高校生になってアルバイトを始めた時も苦痛だった。
教えてもらう人にも気を遣うしお客さんにも気を遣う。今となっちゃ当たり前のことのように感じるけど、当時は本当に嫌だった。
 
それから先も嫌なことなんていっぱいあった。
むしろ、年齢が高くなるにつれて嫌なことが多くなった気がする。
他の人より苦労してるかって聞かれると、比較的少ない苦労で生きてきたとは思うけど、そんな自分でも苦労することはたくさんある。
ここに書くと、それだけで3000字くらいになってしまうからやめておく。
 
 
 
 

自分はなんのために生まれてきたのか?

生まれてくれば苦労することなんて親は知っていたはず。
それなのに何で自分を生んだのか?
 
 
 
 
 
 
 
なんてことは言いもしないし、そもそも考えもしない。
 
 
 
 
 
 
 
何で自分はこの世に生を受けたのか?
 
 
苦労してまで生きる意味があるのか?
自分が生きて世界が変わるのか?
こんな哲学的なことを自分の頭で考えていたら迷宮入りするのは目に見えてくるが、気になってしまった。
だけど、考えても「正解」が出てこない。出てきてもそれが正解なのかどうかすら分からない。
 
 
 
 

自分で生きる意味を勝手に見付け出せば良い

上に書いたことをぼんやり考えながら貴重な有給休暇を使って休んでいた今日。

 

生きてる意味なんて自分で勝手に見つければ良いんじゃないかな?

 

「お前は○○をするために生まれてきたんだ!」って誰かに言われたとして、それを素直に「はい!分かりました!」なんて言えるような性格してないから、自分で生まれてきた意味・生きる意味を見付けるしかない。

 

その方が納得しやすいだろうし、自分のことを1番分かっているのは自分なんだから間違う可能性は少ないと思う。

 間違えてたって誰にもバレやしないし、迷惑かける訳でもないしね。

 

 
 
 

なるべくなら好きなことやって楽しく生きていたい!

好きなことやって楽しく生きて、その中で自分が生まれてきた意味を見付け出せたら良いな。
今の自分でも「俺が生まれてきたのは○○の為だ!」って決めることは出来るけど、まだ早い気がするから、もっと時間をかけて考えるのが1番良い方法なんだと思う。
 
 
 
 
 

まとめ

生まれてきた意味は、一生懸命生きながら考える。
そう言うことです。はい。
生まれてきた意味を見付け出すまでは死ねないから、大事に生きましょう。
 
 
 
 
では。