仕事に飽きた時の理由とその対策!

 

「 仕事に飽きた」は肯定される「時代」?

仕事に飽きたなんてあるのかって思う人もいるかもしれません。

事実、私もそう思っていました。

他の人の意見。

 

でも、飽きるもんは飽きるんですね。

理由とかそういうのは後々書いていくとして、飽きるんです。

そして、その「飽きる」というのも、今では悪い考えではない。

「生きるための仕事」という考え方も時代とともに少しづつ変わっていき、ワークライフバランスという言葉がある通り、「働き方」は「生き方」の一部に過ぎないという考え方が浸透していますから、仕事が全てではない人からすれば飽きるのも自然なこと。

否定できるものでもないんです。

 

かと言って肯定できるものでもないと思いますけどね。

 

 

 

仕事に飽きる理由

なぜ、仕事に飽きるのか?

 

まあ、飽きるに理由があるのか?ってところですが、最近はなんでも言葉にしないと気が済まないので書いていきますね。

 

 

 

毎日同じことの繰り返しだから

ひたすら毎日同じことの繰り返し。

鬱病なんかもこれが原因でなることもあるようですね。

 

まあ、確かに起床→仕事→帰宅→就寝→起床→仕事→帰宅→終身・・・縁起でもないですね。

仕事だけでなく、日々の生活の中に何かしらの刺激がないと飽きるのは理解できます。

私生活でも刺激が少なければ、仕事も楽しくなくなってしまいます。

 

 

 

飽きやすい性格だから

人の1面だけを見て「性格」とは言いたくありませんが、確実に飽きっぽい人っています。

どれだけ好きなこと・面白いと感じることであってもすぐに飽きてしまう。

そういう人って最初に熱を出し過ぎるところがあるような気がします、私見ですけど。

 

「性格だから仕方ない」と言えばそれまでですね。

 

 

 

自分の能力不足で上手くいかない状況を「飽きた」と思い込んでない?

時々いるんですよね。

「俺にはこの仕事は合わない」とか言っている人で、特に仕事の努力もせずにいじけているような人。

そういう人に限って上司と折り合いが付かず、さらにいじけます。

能力も他人と比べて高いか?と聞かれると良く見積もっても中の中程度。

それで努力していないのだからほかの人よりも当然業績は悪い。

愚痴も多い。

 

 

結果が出ないから「飽きた」とか言っているのはちょっと違いますよね?

それは、自分の能力・努力不足を認めたくないから「飽きた」とか言って自分を守っているだけに過ぎない。いわば言い訳です。

 

って、私は誰に向けて書いているんでしょうね。

まあ、言い訳を正当化する為に「飽きた」とか言っている人も中にはいるということです。

 

 

 

 

飽きないための工夫をしてみよう

毎日同じことをしていたら飽きます。

タラコのおにぎりもたまに食べるから美味しい。

しゃぶしゃぶもたまに食べるから美味しい。

牛タンもたまに食べるから美味しい。

 

なぜ食べ物の話題しか出ないんだ?ってことですが、今私が猛烈にお腹が空いているからです。

飽きないようにするためには普段からそれなりに準備というか、工夫をしておくことが大切です。

 

 

リラックスする時間を意識的に取る

リラックスする時間って普通に生活していればそんなに意識しません。

仕事が終わって家に帰ればそれがリラックスタイムですから、意識する必要もないんです。

 

が、そこを少し頑張ってみて「リラックスするぞ~!エイエイオー」とやってみることでリラックス度(こんな度合いがあるのかどうかは謎)が向上します。

 

hitoribotti.hateblo.jp

参考程度の過去記事。

 

プラスαで良い感じのツイートを発見。

 

 

 

何かしらの楽しみを持っておく

日常の中に何かしらの楽しみを持っておく・作っておくことで目的意識が生まれ、飽きにくい状況になります。

現在の私の楽しみは・・・なんでしょうね?

お酒も最近は飲まないし・・・まあ、ブログってことにしておきます。

 

この方の楽しみは良いですね。ピュレグミは確かにリフレッシュというか、刺激になります。違う意味でもね。

私もやってみたくなりました。

 

その他にも楽しみなんていくらでも作れるんです。

「帰りの車の中で熱唱する」とかでも日々の生活に少しだけ色付けできるのでオススメです。

 

 

ダメ元で積極的に仕事に取り組んでみる

「仕事飽きた」とか言う前に、とりあえず目の前の仕事を全力でこなしてみる。

毎日やっている仕事でも全力でやる事で新しい発見がありますし、考え方・見方が変わることもあります。

普段やらないような仕事も誰かに言ってやってみたりすればそれだけで「飽きた」なんて言えない状況になります。

 

まあ、そこまで前向きになれるかは自分次第ですけどね。

 

 

 

早めに帰ってみれば?

上司や同僚の目が気になるけれど、とりあえず定時になったらスパッと帰ってみるのもありですね。

いつもダラダラ残業してしまいがちな人はスパッと割り切って帰ることで自分の時間を多く持てることが幸せに感じます。

仕事だけが人生じゃないのだから、時には私生活重視でも何の問題もない。

 

 

やる事やって「飽きた」なら辞めることを考えても良いんじゃない

 リフレッシュしてみたり、楽しみを作ってみたり、ダメ元で仕事に全力で取り組んだり・・・とりあえず全部やってみたけど、それでも「仕事飽きた」って思うのであれば、仕事を辞めることを考えてみても良いんじゃないでしょうか?

辞める時に「飽きたからです」とか言ったら流石にマズいけど、やりたくないことをやっているのも体と心に良くないだろうからね。

 

 

次の仕事が決まってから辞めた方が良い

「次の仕事決まってるの?」

 

仕事を辞める時に必ず聞かれることです。

「仕事決まってないなら決まるまでいなよ」なんて甘い言葉に乗せられるのも嫌ですが、次の仕事が決まっていないと辞めない方が良いのは確かです。

収入がなくなる訳ですから、生活できなくなる可能性もありますからね。

在職中に仕事を探して、見付かったら「辞めたいです!」って言えば良いんです。

 

くれぐれも「決まるまでいなよ」なんて言葉を鵜呑みにしてはいけません。

その言葉を鵜呑みにしてしまうと、その会社から離れるのが難しくなります。(体験談)

 

 

仕事しないのもすぐに飽きるしね

1か月くらい有給を使って休みましたが、それはもうでしたね。

「暇が売れたら大儲け」byヒマガッパ

風来のシレンのセリフをついつい思い出してしまいました。

 

とにかく、仕事しないのって暇です。

仕事しなくてもお金があって好き勝手遊べるのなら話は別でしょうけどね。

そんな人いんのかな?羨ましいな。

 

諸先輩方の意見も参考に。

 

仕事を辞める時は次の仕事を見付けてから辞めるってことで。

 

 

 

まとめ

能力のある人なら「仕事飽きた」って思った時点で何かしらのアクション起こして次の一手を考えるのでしょうけど、私みたいな凡人はその場を取り繕うだけで精一杯です。

自分のことを騙しつつ生きていくんでしょうね・・・(ノД`)シクシク

 

 

おふざけはさておき、「飽きた」と思う前に自分で工夫をしておく、万が一飽きてしまった場合に対応できるように資格なんかを取って転職の準備なんかもしておければベストですね。(辞めることを前提に考えた時の話ね)

 

 関連記事

 

hitoribotti.hateblo.jp

 

 

hitoribotti.hateblo.jp

 

 

なぜ、人は7年で飽きるのか [ 黒川伊保子 ]
価格:1404円(税込、送料無料)


 

【新品】【本】飽きる力 河本英夫/著
価格:756円(税込、送料別)