楽しみを自分で作って生きる!

f:id:fcl32090:20160424062104j:plain

「花が咲いてるかどうかを楽しみに待つことが出来れば幸せな人生だろうな。」

 

 

 

どうせ生きてるんなら一生懸命生きたいし、それよりも楽しく生きたい。

どこかの偉い人は「人生は苦だ」なんて悟って、それが今の時代まで語り継がれている訳だけど、そんなの気にしなくて良いくらいに楽しく生きたいな。

 

だから、自分で楽しみを作れる人間になって「人生は楽だ」くらいのことを言ってみたい。(スケールがでかいかな?)

 

 

 

楽しみを作る目的

最初に書いた通り、どうせ生きてるのであれば楽しく生きたい。

苦労することが大切なのも分かるし、楽しいことや楽なことばかりしていられる訳ではないけど、楽しいことが1つでも多くあった方が「良い人生だった」って思えるような気がするんだ。

 

 

 

1つでも楽しみがあれば日常にハリが出る

ただ何となく毎日過ごすよりは「今日は仕事が終わった後にデートだ。」って意識していた方がウキウキするし、もしかしたら仕事の効率も上がるかもしれない。(下がる人もいるかもしれない・・・)

 

ご褒美感覚で何かしらの楽しみがあれば、毎日が楽しくなって毎日ワクワクできる。

理想ではあるけど、そうやって日常にハリが出れば幸せなことだと思う。

 

 

 

 

お金をかけなくても小さいことでも構わない

楽しみを作ると言っても、別にお金をかける必要はないと思う。

自分の中で「これやってる時って楽しいな」ってものを見つければ良いだけで、それが無料のゲームでも読書でも構わない。

お金を使う=ストレス発散ではないから、自分が楽しいと思えることを楽しみにしたらいい。

 

 

あとは、小さいことでも構わないと思う。

例えば「今日は家に帰って家族の笑顔を見る」ってのでも良い。(小さくはないか)

自分の場合だったら「家に帰ったらブログを書く」ってのも楽しみになるし、「音楽を大音量で聞きながらゲームをやる」ってのも楽しみ。インドアばっかり

 

普段自分がやっていることの中から切り出してみて「これは楽しみ」って意識するだけで目的意識が生まれるから、むしろ小さいことを「楽しみ」として認識することが楽しく生きるコツなのかもしれない。

 

 

 

楽しみにしていることを書き出してみる

自分が楽しみにしていることを書き出します。

見える化することで、より強く「楽しみ」として認識できるからね。

 

・音楽を聴く

・ゲームをやる

・その日感じたことをブログに書き残す

・デート

・出勤前のコーヒー

・長風呂

・LINEのグループトーク

・飲み会

・旅行

・休日の読書

・朝ご飯

・家族の元気な顔を毎日見ること

・仕事の昼休憩

 

 

全部書いたらきりがないので、ここで終わりにするけど「楽しみ」なんて自分で「楽しい」って思えばいくらでも出てくる。

それは逆に「楽しくない」って思えば嫌なことだらけになる可能性もあるってことで、結局は考え方次第ってこと。

 

 

 

まとめ

最近は「死ぬ」とか「幸せ」について考えることが増えたけど、真逆に見える2つの「死」と「幸」がすごく近く感じることがある。

別に死んだら幸せとか考えている訳ではなく、どうせいつか死ぬなら幸せを1つでも多く感じて死んでいきたいってこと。

その為には今のうちから幸せを感じるために楽しみを自分で作って毎日ワクワクウキウキ(語彙力ないな)する。

 

 

hitoribotti.hateblo.jp

 

 

では。