読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこに君がいてくれる、僕はそれだけで十分だ

いなくなるまで大切な存在だと気付けなかった

君が僕の傍からいなくなるなんて考えたこともなかった。

他の人たちは「離れていくのが当たり前」なんて言っていたけど、僕と君だけは絶対に離れることはないと信じていたんだ。

 

だって、今まで色々楽しい思いや悲しい思いを共有してきたから。

僕が辛い時も君は黙って僕の傍にいてくれた。

 

「この時間がずっと続くんだ」って信じて疑わなかったんだ。

いまさら君の魅力に気付いても、君はもうそこにいない。

 

 

 

そばにいてくれるだけで幸せだったんだ

 傍にいるのが当たり前なんて考えていた自分を呪ったよ。

君がいる、それが僕にとっての幸せの形だったんだ。

 

だって、君がいないこの世なんかに光なんて見いだせない。

僕の人生は君があってこそのものなんだ。

 

 

 

 

 

無理をさせ過ぎたこともあったね

今でこそ大切に思うけれど、一緒にいたときは「いるのが当たり前」だと思っていたからさ。

君に負担をかけたこともあったよね。

 

君のことを考えずに酷使しても、君は文句の一つも言わずに僕の言うことに従ってくれた。

そうする他なかったのかもしれない。

君に与えられた選択肢は僕に従うしかなかったんだよね。

 

 

 

 

もう一度戻ってきてくれるのなら今度こそ大切にするよ

もし願いが叶うとしたら、僕のもとに戻ってきてほしい。

現代科学でも叶えることは不可能なんだろうけど、それでも少しは期待してしまう。

もし、君にまた会えるのなら、今度こそは本当に大切にする。僕の一生をかけて大切にするよ。

君には僕の一生分の価値があるのだから。

 

 

 

まとめ

髪の毛の話です。

 

仕事の休憩中に暇だから書いてみました。

上手くできたかな?

 

 

時間過ぎちゃったから行ってきます。

では。