さあ!1月中に「やらない事リスト」を作ろう!

やりたい事リスト・やる事リストはもう作りましたか?

私は既にブログに書いて進行中です。全部ではないですけどね。

やりたい事ややる事なんていくらでもあるから、考えるのがすごく簡単なんですよね。

しかも、考えていて楽しくなりますからね。

 

けど、よくよく考えてみてください。

毎年、年の初めにやりたい事リストなどを作って、それを半分でも達成できた年があるでしょうか?

たぶん、4月の新生活を迎えるタイミングで見返して「あ~そういえばそんなの作ったな」と思い、9月の夏休み終わりくらいに思い出して「あれっ、何もやって無いや。今ならまだ間に合う」となり、11月・12月の時点でまたまた思い出し「あ~、今年も結局出来なかったな・・・」となるのが毎年のルーティンワークになっていると思います(私だけかな?)

 

何で毎年達成できないのでしょう?

 

 

やりたい事・やる事は明確なんだけど、他のところに時間と労力を使っているからではないですか?

テレビ鑑賞・ゲーム・ネットサーフィン・無駄な夜更かし・・etc

1年のうちに「無駄な時間」が限りなく多いから、そこに思考と気力を取られてしまい、結局は何もできずに終わった感覚・絶望感が生じてしまう。

 

2016年はそうならない為に、この記事を読んで「やらない事リスト」を作りましょう。

 

 

 

「やらない事リスト」を作ろう!

 

 

 

「やらない事リスト」を作る目的

まずは「やらない事リスト」を作る目的を見ていきましょう。

目的を明確化することが、実践した時の効果を最大限に出来る唯一の&最強の手段です。

①自分にとって何が「無駄な時間」なのかを明確にする

自分に取っての無駄な時間に付いて深く考えた事はありますか?

 

「あ~あ、今日も1日テレビ見て終わっちゃたよ」と、1つ1つの出来事なら無駄だと認識できても、自分にとって無駄な事が何個あるのか?また、自分が今やっていることは本当に自分の人生にプラスに働く事なのか?と、生活全体を見渡してみないと何が無駄で何が必要なのかが本当の意味で明確にならないのです。

「やらない事リスト」を作ることにより、生活の中の無駄な時間を見つける事、それが1つ目の目的です。

 

②無駄な時間を削って有意義な時間を増やす

「やらない事」ですから、自分にとっては無駄な事なんです。

つまり、「やらない事リスト」を作って無駄な時間を削る。そして、余った時間を他の有意義な事(やりたい事リストの中身など)に使う。

これが「やらない事リスト」の目的です。

 

 

「やらない事リスト」の作り方

 2つの目的は理解できましたでしょうか?

先ほども書いた通り、目的を明確にすることで効果が最大限に近付くので、目的の部分をしっかりと考えましょう。

自分なりの目的を考えるのもgoodです。

 

そして、次は本題ともいえる「やらない事リストの作り方」です。

 

①1日の行動記録を残す

面倒な作業です。

ですが、最初にやっておくことでより正確に無駄な事・必要な事を把握できるので着実にやっていきましょう。

1日の行動記録を紙でもパソコンでも良いから、書きましょう。

1分とか10分とかだと疲れてしまいます方、15~30分程度の行動記録で構いません。

1日分の行動記録を付けるだけで、だいぶ見えてくるものがあります。

 

②見返して「無駄」だと思える事をリストアップ

 行動記録を付けたら、次はその中から「無駄」だと思える事をリストアップします。

全ての無駄だと思える行動をリストアップすることが肝心です。

少しでも「無駄なのかな?」という思いがあれば、リストアップですよ。

まだ、削る段階ではないので真剣に考えるよりは直感的に選ぶことが大切です。

 

③じっくり考えて「無駄」だと判断したらやらない事リストに記入

 リストアップした項目の1つ1つと真剣に、じっくり向き合いましょう。

直感的に選んでしまうと、後々の自分を苦しめる・挫折に追い込むことになりますから、この段階は慎重に取り組んでください。

そして、無駄だと思える事がはっきりとしたら、その項目を「やらない事リスト」に追加しましょう。

これで完了です。

 

④ ①~③を繰り返し行う

 「完了です」と言っておいてアレなんですけど、やっぱり見直しって大切ですよね。

毎日見直してたらそれが無駄な時間になりかねませんから、1か月に1回くらいの頻度で行うとモチベーション的にも良いでしょう。

①~③を繰り返して行う事によって、どんどん洗練されていきますので、作りっぱなしにならないようにやっていきましょう。

 

 

注意点:趣味・娯楽の時間を削り過ぎてはいけない

 ワンポイントアドバイスとして、自分の趣味・娯楽の時間を全て削るという事はやめましょう。

楽しい時間・我を忘れられる時間は人間にとって必要な時間です。

何かのタスクをこなすにしても、趣味などをやって発散した方が効率が良くなります。

マンネリ化してしまわぬよう、趣味・娯楽の時間もきっちり確保しましょう。

 

 

実際に「やらない事リスト」を作ってみよう!

私のやらない事リストをここで軽く発表します。

1日の行動記録は書くと長くなるので省力します。

 

□「無駄」だと思える事

ブログのアクセスチェック(1日10回ほど)

おやつの時間

部下との仕事終わりの会話

自分のブログの過去記事チェック

家族が見ているテレビを一緒に見る(30分)

計画的昼寝(45分)

 

 

□やらない事リスト

ブログのアクセスチェック(1日2回まで)

家族が見ているテレビを一緒に見る(一切見ない)

計画的昼寝(30分まで)

 

 

と、しょうもない「やらない事リスト」の完成です。

これだけでも1日1時間程度は時間に余裕が出来るはずです。

テレビの無い生活を目指したのに、結局はテレビをダラダラ見てしまっていますから、その時間を自分でやらない事として再認識します。

 

 

 

 

研究成果

 まだギリギリ年初です。

別に年初でなくても構いません。

自分が何となく過ごしてしまい、無駄にしてしまっている可能性のある時間を考えましょう。

ほんの少しの無駄も1年かければかなり大きな無駄になります。

お金以上に大切なのが「時間」なので、是非じっくりやってみてください。

 

 

 

では。