読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「出来ない」と決めつけるから出来ない!

「お前は本当にどうしようもない奴だ!」

 

 

こんな事、今の時代に言ったら大変なことになりますよね。

流石にこんなに露骨に言う人はいないとは思いますが、言わないように気を付けましょう。

 

 

と、そんなことが伝えたかった訳でなく、今回は「人への教え方」について思ったことを書いていきます。

今まで30人くらいに仕事を教えたことがあるので、それなりに考えたり、他人の教え方を見て思ったことです。

 

 

仕事を教えるところを何となく見ていて、教え方が上手いなって思う人はあまりいませんでした。

でも、教え方が明らかに下手な人は数人見てきました。

どういうところが下手かと言うと、履歴書や外見などを見ただけで「あ~、こいつ絶対出来ない奴だろうな」って決めているんです。

何でそんなことが分かるかと言うと、普通に話していても教える人に対して嫌悪感丸出しの言葉を発するし、教えている時も「分からないだろう」と決めつけているから、最初から投げやりな感じで、少し失敗すると怒ったりしていたんです。

そのまま教えられた側の方は、案の定ほとんど何も出来ないまま辞めていったのを覚えています。

 

何がいけないかって、最初から「こいつ出来ない」と決めつけて、それをあからさまに態度に出してることがいけないんです。

それが仮に出来る人間だったとしても、「出来ない」と決めつけられて教えられたら、その人も出来ない人になってしまうかもしれません。

教える側に実が入っていないんですから当然ですよね?

 

これをきっかけに思ったことは、教える側の人間は教える相手に対して悪意を持ってはいけないんだなという事。

逆に、「こいつは出来る奴だ」と信じ込んで、真剣に教えればその人の能力が開花することだってあり得なくはない話ですから、悪意よりも善意を持って教えた方が良い。

 

 

何年も前の事ですが、ふと思い出したので書いてみました。

 

 

では。