知らないと危険!お風呂に長く入る方法!

酔っ払ってお風呂で転んだ事があります。


まあ、そんな話は置いといて。
今回はお風呂に長く入る方法なんてのを書いていきます。
何のメリットがあるかは聞かないでください。
お風呂に長く入れば、体の中の色々な毒素が汗と共に出るので、健康にも良いし体臭も気にならなくなる。
と思います。


という事で、見ていきましょう。




お風呂に長く入る方法





お酒は飲まない

当たり前の事を書きます。
お風呂に入る時はお酒を飲んではいけません。

なんと言っても危ない。
転ぶかもしれないし、脱水症状になる可能性も高くなります。
お酒を飲むと体の色々な機能が麻痺するので、本当に危険な状態になります。

酔っぱライターこと独りぼっち研究室としては、第1に書いておきました。




スポーツ飲料を用意しておく

お風呂に入る時はポカリを脱衣場に置いています。
裸でリビングをうろうろしていると嫁に通報されてしまうので、脱衣場なんです。

お風呂にずっと入っているというのも、同じ姿勢でいるので疲れます。
何となく近くにある事で安心感もありますから、飲み物は脱衣場に置いておくのがベストです。

出来れば汗の成分に近いと言われているスポーツ飲料をオススメします。





スマホをいじる

お風呂って暇な時間です。
数を数えるか歌う位しかやる事がありませんでしたが、今はスマホをいじっています。
濡れると怖いので、真空パックに入れていじれば、壊れる心配もありません。他に良い方法あったら教えてほしいな。

お風呂に長く入ろうと考えるなら、それなりに暇潰しの道具も必要ですから、スマホや本なんかを持ち込む事で暇潰ししましょう。





半身浴

きっかり体の半分ではありませんが、お湯が胸より下辺りに来るのがベストです。
肩までがっつり浸かってしまうと、すぐにのぼせてしまいますから、あまり汗をかかずにお風呂からあがりたくなってしまうんです。

半身浴を心掛けて、少しでも多くの汗を効率よくかける様にした方が効果があります。





温度は体温より少し熱め

私は38℃で入っています。
あんまり熱いと長く入れないので、最初に入った時にちょっと温いと感じる位がベストだと心得ています。
お風呂の入り方が下手なのか、熱いのも苦手なんでそうしているんですけどね。





タイマーをセットする

10分置き位にタイマーをセットしておく事で、のぼせる事を防ぐ事が出来ます。
一気に長い時間湯船に浸かってしまうと、気付かないうちに体調が悪くなっている事があります。
お風呂ってのは裸で入りますから、ピンチになっても中々人を呼びにくいのです。
本当に危ない時でも意外と呼びにくいんです。

タイマーを一定に設定しておいて、自分で管理しましょう。





ちょっとずつ時間を延ばしていく

いきなり一時間お風呂に入るというのはキツい事です。
自分の実力&限界を計りながら少しずつ時間を延ばしていく事で、毎日ちょっとずつお風呂に入っていられる時間が長くなります。

くれぐれも最初から無理しない様に注意してください。





研究成果

お風呂に入る時は無理や我慢をしない。
体に良い事も、過ぎれば逆効果です。

しっかりと自己管理して、お風呂の入り方を身に付けましょう。