波乱!?努力が報われるという事を証明したい!

この歳になったら、努力する事自体にそれ程価値は無いんですけど、努力して得られた効果には大きな価値があると考えています。


しかし、努力と言ってもどうやってすれば良いか?
とか、くだらない雑念の様なものばかりが浮かんできて、結局は努力したくないのかな?なんて自分で思ったりします。


そこで今回は、努力が報われる様にするにはどうしたら良いか?という事について書いていきます。





努力は報われる





1.大きな目標と小さな目標を立てる

何をするにしても、目標というのはあった方が力になります。

力になるどころか、目標に向かって邁進する事が、あなたという人間そのものを表す事になるでしょう。

つまり、目標というのは全てなんです。
努力の全てが目標に繋がっているんです。





1ー1.大きな目標はとことん大きく

私の場合、仕事も頑張ろうと思いますが、ブログの方が分かりやすいのでブログで行かせてもらいます。



ブログで大きな目標と言えば?


人それぞれ違うと思いますが、私が考えるに月1000万PVです。



正直、達成出来るかどうか聞かれたら、まず無理でしょう。
無理です。


1番大きな目標が月間5万PVよりは明らかにやる気が出るので、1000万PVにしている訳です。

目標立てるのなんてタダですから、とりあえず大きくしとけば良いんです。





1ー2.小さな目標は常に10個用意しておく

月間1000万PVという目標を立てて、ガムシャラに頑張るというのも楽しいでしょうね。


ただ、1つの大きな目標に向かって邁進するというのは非常に危険な事で。
必ず起こる「挫折」というものを経験した時に、現在地から目標が遠ければ遠い程、やる気というのは下がってしまいます。


それを防ぐ為に、小さな目標を常に10個用意しておくんです。

大きな目標が1000万PVだとしたら、小さな目標は
□今日のPV数は2000を越えよ
□今月は50000PVを越える
□今日は1時間に1回ツイートする
□今月は読者を30人増やす


小さな目標を自分の中で持ち、明確にしておく事でやるべき事も明確になりますし、目標を達成した時の快感で頑張ろうと思えます。




□小さな目標10個は自分の実力に合ったものを

大きな目標と違い、小さな目標と言うのは現在の自分の実力で少し努力すれば達成出来るものにしましょう。

今まで仕事やブログをやってきて、小さな目標設定が高過ぎる人は必ず自己嫌悪に陥ります。


「アレがしたい」「アレになりたい」を目標にするのではなく、
「アレなら出来る」「アレならなれる」を目標にしましょう。
あくまで小さな目標の事です。





2.1つの事に全力で取り組む

目標を明確にすれば、次は努力する番です。



自分が努力すると決めたもので頑張るんです。




2ー1.努力の方向性を客観的に確認する

努力と言っても、色々な努力の仕方がありますよね?

ブログで言えば
□記事を書く
□SEO対策をする
□他のブロガーとコミュニケーションを取る
□SNSで宣伝する
□ブログランキングサイトに登録する


努力の仕方なんて掃いて捨てる程あります。
その中でも、自分の目標にとって効果的な努力をする為には、常に努力の方向性を客観的に見ていなくてはいけないのです。


ブログ記事を書くのに腕が疲れるから、筋トレしてボディービルダー並みの美しい筋肉になったとして、ブログにはそんなに筋肉は必要ありません。

また、料理を上手に作れる様にする為に高級料理教室に入って勉強しても、家庭で出す料理と値段の差があれば意味があるとは言えません。


努力の方向性を確認せず、何も考えずにやっていくと必ず無駄な努力というのが発生します。
※決めた目標に対して無駄という意味


子供のうちは無駄な努力も評価されるかもしれませんが、大人になれば評価されるどころか怒られますね。


「時間(金)の無駄」ってね。





2ー2.失敗を恐れない

どこにでもある言葉です。

失敗を恐れない。


どこにでもあるけど、実際に出来ている方なんてほんの一握りです。
その一握りの方でも、時には失敗を恐れる事はあります。


人間ですからね。


別に恐れても良いのかもしれません。
しかし、恐れて行動出来ないというのはダメです。

恐いなと思っても、腹に力入れて、根性と気合いを発揮して臨みましょう。

失敗して死ぬ様な事なんて滅多にないでしょ?





2ー3.新しい可能性を探りチャレンジする

ちょっとだけ実力が付いてくると「俺は今のままでも十分に通じる」って勘違いしてしまう人多いんです。

慢心ってやつですね。


でも、本当にそれで目標達成が可能なのか?
また、今のままでいる事が目標達成までの本当の最短距離なのか?


そう聞かれれば、100%違うと言えます。


現状維持を心掛けてしまえば、後は時が経つにつれて後退します。
年齢や周りの環境は変わり続けますからね。


努力する上で大切なのは、新しい可能性を探る。
探り当てたらチャレンジするという事です。
これが前進の唯一の方法です。




3.自信を持つ(根拠が無くても良い)

目標と同じく、努力する自分に力をくれるのが自信です。

自信と言っても、先程の様に「俺は今のままでも十分に通じる」ではなく、
「俺なら目標達成の為に最大限努力出来る」の方です。
慢心とは違うという事だけ覚えておいてください。


「最近の若者は・・・」とかよく聞きますけど、ゆとり世代も大変ですよね?(私もゆとりですけど。)


情報社会と呼ばれる現代、欲しい情報はすぐに手に入ります。
すぐに手に入るからこそ、人の失敗談が目につき「俺もこうなんのかな~・・」と暗い気持ちになる事が多いんです。
明治維新後や高度経済成長期の様に日本という国が1つにまとまっていき、世間が明るい時ならポジティブに捉えられたかもしれません。


ほんと、ゆとり世代も大変です。



でも、明治維新後や高度経済成長期と変わらない事もあります。



目的地(目標)に到達(達成)するまでには見えるレール(方法)なんて敷かれていないって事です。

レールが見えない道だとしても、自分が進んで歩いてきた道なのだから、信じて突き進むという事も大切です。






4.モチベーションを保つ方法を見つける

一生懸命努力していれば必ず挫折します。
これだけは保証します。

今現在、どれ程好調であろうと、思いもよらないところに落とし穴というのはあるのです。


大抵の方が努力する事を止めてしまうのは、落とし穴に落ちてどん底に入ってしまった時です。


途中で止めてしまっては、努力が報われる事はありません。
諦めたら試合終了とかなんとか、そんなところです。

諦めない為には、自分のモチベーションを保つ方法を見付けなくてはいけません。

誰かに教えられて得た知識では到底立ち向かえないので、自分で見付けるんです。





5.無駄を徹底的に省く

誘惑というのは恐いもので。

どれ程高い志を持っていても、女1人に狂わされる偉人は数多くいます。

雑念は捨てろとまでは言いませんが、自分にとって無駄だと思うものは断ち切るべきです。
誘惑が落とし穴になる事だってあり得ますから、ある程度の我慢というのは重要なんです。






研究成果

努力して得た結果というのは、今後のあなたの人生に大きな影響を及ぼします。

考え方1つ変わるだけでも全く違う世界になるのですから、結果を得た時に得られる様々なものを持っていれば人生が変わる事は当たり前なんですけどね。

方向性を間違わない様に柔軟に、さらに芯となるべく目標は明確に持っていれば必ず努力は報われます。