危険!Twitterをダラダラやってしまう人の特徴と解決策!

f:id:fcl32090:20150617214959j:plain


Twitterダラダラやってしまう派の独りぼっち研究室です。

スマホTwitterというのは非常に相性が良く、ついつい時間を忘れてやってしまいます。
お酒とおつまみがあれば、もう訳が分からなくなる位です。


という訳で今回は
Twitterをダラダラやってしまう人の特徴」を書いていきます。




Twitter ダラダラ

1つだけ言っておきます。


この記事に大した価値はありません。
時間の無い方はさようならした方が身の為です。





1.目的も無くTwitterをやっている

まず代表的な特徴として、Twitterをやる目的が無いのにやっている方は完全にダラダラしてしまいます。

ポケモンの最新情報を得る為」という明確な目的があれば、その情報を見て終わりますよね?

それとは逆に、「何の情報も欲しくはないけど、何か面白いネタ無いかな?」なんて事をしていたら、ひたすらダラダラしてしまいますからね。


別にTwitterにそこまで真剣に取り組む必要も無いとは思いますが、「何か無いかな」程度の考えは危険です。
必要最低限の目的を持ってやっていきましょう。





2.やたらとフォロー数が多い

フォローしている数が多ければ多い程、TLに流れてくるツイートの数も多くなります。

少しでも自分と関係&共通点のあるアカウントを片っ端からフォローしたり、フォローされたらリフォローしていると自然とフォロー数は増加し、TLが短時間では見きれない程になってしまいます。

フォローする際の基準を決めておき、ある程度為になるツイートをしているアカウントを選定して付き合っていきましょう。




3.多趣味

趣味が多ければ多い程、Twitterで求める情報も多くなります。
日本の総人口すら軽く超えるTwitterアカウントが存在しているので、1つのジャンルだけでも関係するアカウントは数え切れない程います。

むやみやたらにフォローしない事、そして定期的にフォローしているアカウントを見直して整理しましょう。





4.他にやる事はあるけれどやる気が起きない

Twitterをダラダラやってしまう人は、決して暇な訳ではありません。

他にも色々な所に責任があり、やる事は盛り沢山なのにTwitterやってしまうのです。
やる事がありすぎて、やる気を失った時に「Twitter」という最高の現実逃避ツールに逃げ込んでしまうのです。


正直、これの対処法は自分との戦いに勝つという事だけです。
自分のやるべき事を全て終わらせてからTwitterをやりましょう。




5.遅い時間に寝る

深夜のお供と言えばTwitterです。
24時を回ってもTwitterの世界はひたすら動いているので、決して暇になる事がないんです。
リアルタイムでは無くても、有益な情報なんてゴロゴロしていますしね。


これを解決するのは簡単。
早寝早起きするだけ。

早く寝て早く起きてと、時間と自分を上手く制しながら生活していれば、何かをダラダラやるという事は無くなります。




研究成果

すいません、以上です。


たぶんですけど、役に立ちませんでしたよね?