読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっそり教えちゃいます!ブログで書くジャンルを絞る理由!

よく見かけませんか?


「ブログは書くジャンルを絞った方がアクセスが増えやすい」なんて。


普通に考えれば幅広いジャンルを取り扱った方がニーズが多いのでアクセス増えそうですよね?



こんなふうに思う方もいると思うので、私なりにブログジャンルを絞る理由を説明します。





ブログで書くジャンルを絞った方が良い理由





1.ブログにとって質の高い読者を獲得する為

①ブログを更新の度に読んでくれる読者
②1ヶ月に1度しか読んでくれない読者



①と②ではどちらの読者が自分のブログにとって質の高い読者と言えるでしょうか?

言い回しの部分を除いても①の方が断然良い読者さんですよね?
自分のブログに興味があり、意欲的にブログを見てくれている訳ですから。



そして、そんな読者を獲得する為には「読者に合わせた情報を毎回提供する」というのがこちらの戦略としては相応しいのです。
ブログジャンルを絞り、専門的に仕上げていく事で質の高い読者が獲得出来るのですから。




2.専門性が高ければ名声も上がる

先程も述べた通り、ブログジャンルを絞るという事は「専門性の高い」ブログを作る事とイコールになります。

ジャンルが「料理」「節約」の2つであれば、必然的にその2つだけで毎回ブログを更新しなくてはいけなくなりますからね。


それを続けていけばどうなるでしょうか?


そう、何度も言う通り専門性が高くなります。
すると、自分自身の知識もドンドン向上していき、そのジャンルに興味がある方からすればあなたはカリスマ的存在になるのです。


「カリスマブロガー」
う~ん、カッコいいですね。




3.なんと言っても更新の度に読んでもらう為

読者の方には1人1人に違うニーズがあります。

料理と節約の事に興味がある方もいれば、料理と掃除の方もいるし、もしくは料理だけにしか興味が無い方もいるでしょう。


そして、料理にしか興味の無い方は「節約」の事が書いてある記事は読まない可能性があります。
まして、料理とはかけ離れた「スポーツ」の事を書いた記事には目さえくれませんよね?




そうです。(何が?)
ブログジャンルを絞る事で、全ての読者の方に毎回読んでもらえる可能性が高くなるんです。


ベースのアクセス数が安定する訳ですから、これはかなり美味しいメリットですよね。




研究成果

ジャンルを絞ると言っても、1つだけでブログを運営していこうなんて考えてはダメですよ。
1つだけだったら、必ずネタ切れますからね。

あくまで「絞る」だけですから、3つあったって構わないんですよ。
要は「関係性の無い事ばっかりにしてはいけない」という事です。

□ブログ カテゴリー
参考までに載せておきます。
時間の無い方もある方も是非読んでみてください。