読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰でもいける!検索エンジンに好かれるブログ記事の書き方!

検索エンジンに好かれる為には知らなくてはいけない記事の書き方があります。

だからこんな記事を書いているんですけどね。

好かれると言っても、100%1位になれる訳じゃありませんよ。
「やっても効果無いじゃん」なんてクレームはいつも通り受け付けませんが、それなりに役立つと思うので読んでいった方が良いかもしれません。
というか、読んでください。




検索エンジンに好かれるブログ記事の書き方




1.まずは検索エンジンの立場で考えてみよう

ここからは検索エンジン=Googleという認識で書かせていただきます。
YahooのシステムもGoogleが元ですからね。

第1に考えてほしいのは「Google検索エンジンに期待している事」です。
Google側からすれば、検索エンジンユーザーを増やしたいですよね?

使えば使う程広告収入が入るのかどうかは私の知るところではありませんが、運営しているという事はそれなりにメリットがあるのです。
そしてそのメリットを最大限獲得する為には検索エンジンユーザーをバンバン増やす必要があります。

ユーザーをバンバン増やす為にはどうするか?




そう、ユーザーにとって有益な記事を検索エンジンの上位に表示させる必要があるんです。
当然ですよね?


普通のお店でも人気メニューは目立つところに出して、新規ユーザー&リピーターを確保しますからね。


つまり、Googleが好きな記事というのは「訪問者にとって価値のあるコンテンツ」なのです。
価値のあるコンテンツと言っても、よく分からない方もいると思います。


安心してください。
次に書きます。




2.訪問者のニーズを満たす方法を考える

価値のあるコンテンツを作る唯一の方法。
それが「ニーズを追求する」というものです。

「自分のブログの記事を読んで、キーワードで検索した時に悩みが解決するか?」

これを徹底的に追求していく事で、訪問者のニーズを満たす事が出来るのです。


ニーズに関して何やかんやと書いてしまうと長くなるので、リンクを載せておきます。
□ブログ読者のニーズを満たす方法
はてブしといた方が得ですよ。
というか、してください。





3.検索エンジンに好かれる為の記事の書き方:小技

ここからは具体的にどんな事をすれば検索エンジンに好かれるかを書いていきます。



□タイトルには必ずキーワードを入れる

まあ、「今更?」って感じですね。

記事のタイトルにキーワードを入れる。
そうする事によって、記事がどこの誰に向けて書いてあるのかが明確になるのです。

と、これ以上はあえて触れません。


※タイトルでアクセスを増やしたいと考えている方は、□ブログ タイトルを参考に。




□キーワード含有率は全体の3%~5%

記事中にキーワードをどれ位の割合で含んでいるかというのも非常に重要です。

□バズ部
↑この記事を最初に投稿した時は、キーワード含有率なんて何も考えずに書きました。
案の定、大したアクセスを生み出さなかったのですが、書き直してみたらビックリ。

キーワード含有率を少し上げただけで月間で500位のアクセスを検索エンジンから確保出来る様になりました。
3%~5%と書いてありますが、もちろん少なくても多くても問題はありません。

結局はGoogleがキーワードを正確に読み取りやすくするのが目的であり、キーワード含有率を上げる事が目的ではありません。


そもそも、キーワードが多過ぎても文章的に不自然になりますからね。
記事の景観を損なわない様にも気を使いましょう。




□文章量は多い方が良い?

文章量は多い方が有利です。
条件付きですけどね。

文章量が多かったとしても、同じ様な内容をダラダラ書いているのは良くありません。

あくまで伝えたい事を上手くまとめて、その上で文章量が多ければ有利という訳です。
Googleも100%正確な訳ではないですから、「文章多い方がニーズに近付くんじゃねぇか?」とか考えているんですよ。(個人的な見解です)


簡単に言うと、ダラダラ書かなければOKって事です。





□見出しタグで記事を最適化

見出しタグというのはh1~h6までのタグを使い、大見出しや小見出しを使い分ける事です。

見出しタグを使用する事で、記事の構成がクローラーにより正確に伝わりやすくなり、記事自体の評価が高まります。(正当に評価されると言った方が正しいかな?)


ほら、本なんかでも見出しあった方が読みやすいじゃないですか?
アレと同じですよ、たぶん。





□内部リンクを適切に設置


内部リンク設置するのって面倒ですよね?

どんな記事をリンクさせれば良いか分かりにくいし。
と敬遠していては、Googleに好かれる事はありません。


リンク先の記事なんて何でも良いんです。
ちょっとだけでも内容が被っていればとりあえずリンクしてしまえば、それなりに目立ちますからね。

そして、リンクする時はキーワードを意識しましょう。
検索エンジン 好かれる記事の書き方」と言うように、キーワードを内部リンクに取り入れる事で適切にキーワードを読み取ってもらえる様になるからです。





4.継続が最重要

Google一発屋を好みません。

Googleが好きなのは安定して価値のあるコンテンツを提供してくれるブログです。
1つだけ良い記事を書いたとしても、それ以降てきとーな記事を連投していれば、それなりの評価しかもらえなくなります。

信用してもらえるまでは、クオリティを高く保ってブログを運営していきましょう。





研究成果

何だか読み返してみて、ちょっとグダグダ感が否めません。

でも、Google様に少しでも好かれていればこんな記事でも上位に表示されるのです。

あなたもこの程度の記事なら軽く書けると思います。(私は全力で書きました)


継続して価値のあるコンテンツを産み出していきましょう。