読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログカテゴリーの決め方!即効性抜群!

ブログのカテゴリーをテキトーに決めてやいませんか?



もったいないです。
カテゴリーの決め方の知識さえ持って決めていれば、アクセス確実に増えるのに・・・なんて思いながらあなたのブログを見ています。


見かねた結果、こんな記事を書いています。
参考にしてください。




ブログのカテゴリー




1.ブログのカテゴリーを整える目的

f:id:fcl32090:20150418012743j:plain


まずはブログのカテゴリーを整理する目的から見ていきましょう。

目的がはっきりしていないと、やる意味も分からないですからね。




1ー1.ブログの階層構造を明確にする

ブログって更新していると、昔書いた記事がどんどん埋もれていってしまいますね。

どれだけ良い記事を書いていたとしても、新しい記事を更新する度にアクセスが遠ざかってしまいます。


それを解消する為にカテゴリーを整えるのです。
カテゴリーを作っておき、ジャンル毎に分けていく事でブログの階層構造が明確になり、昔書いた記事でも比較的簡単に見る事が出来るのです。




□欲しい情報がどこにあるか分かりやすくなる

読者目線で考えてみましょう。

記事の分類がきちんとカテゴライズされていないブログに訪れたとします。
入り口となった記事はともかく、「他にも何か良い記事無いかな?」なんて探しているのですが、なんだか煩雑過ぎてどこに何の記事があるのか分からない。


そんなブログ定期的に読もうと思いますか?


面倒くさくてそれっきりにしちゃいますよね。



そんな状態を防ぐ為に、適切にカテゴライズして欲しい情報を簡単に取れる様にしておく意味もあります。




SEOに強くなる

最近のSEO事情でカテゴリーは重要な位置にあります。

「カテゴリーを整理したら検索エンジンからアクセス増えた」なんて声がネット上に広まる位です。

理由としては、クローラーの巡回路が変化するからです。
クローラーというのはGoogleがサイトやブログに派遣しているロボットで、このロボットは被リンクを通って自分のブログに巡回してきます。

読者と同じ様に入り口となるページは比較的簡単に読み取る事が出来るのです。
加えてカテゴリー毎に記事を整理しておけば、他のページにも良い影響を及ぼします。

私のブログも最近カテゴリー整理しましたが、3つ以上の複合キーワードで書いた記事が、ミドルキーワードとして認識されました。


「ブログ タイトル 決め方」で書いた記事が
「ブログ タイトル」で上位に表示されたという事です。
この2つを比較すると、月間検索数に400~500程度の差があるので、検索エンジンからのアクセスは飛躍的に伸びました。





パンくずリストの設置で効果倍増
パンくずリストはご存知かと思います。

私はパンくずリストを甘く見ていましたが、大馬鹿でした。

なんとなくパンくずリストを設置してみて1週間程経ってからアクセス解析を見ると・・・ちょっとずつですが検索エンジンからのアクセスが増えているんです。

パンくずリスト意外にも要因が無い訳ではありませんが、ブログの階層構造を明確にするものがパンくずリストだと考えると、設置した事によりアクセスが増えるのも頷けます。


必要以上に評価されるという事でもありませんが、最低でも正当な評価は受けられる様になるのがパンくずリストです。

是非、設置してみてください。




1ー2.記事を書きやすい環境にする

階層構造とかSEOとか難しい事以前に、カテゴリーをきちんと決めておく事で記事が書きやすくなります。


カテゴリーを決めないで記事を書こうと思うと思考が散漫になります。
「アレも書きたいけど、今日気になったコレも書きたいな」なんて。

そんな時にカテゴリーが決まっていれば、「今日はこのカテゴリーの●●書こう」となるかもしれません。

私は時々そうなります。





2.カテゴリーは最初に決めておくべき

ここからは本格的にブログカテゴリーの決め方について説明していきます。


ブログカテゴリーは最初から決めるのがオススメです。

何故かと言いますと、先程述べた「記事が書きやすくなる」という理由の他に、「ブログの方向性が明確になる」からです。


ブログ続けていると書きたい事なんて山程出てくるんです。
「書きたい」と思い付く度にカテゴリー増やしていくと、数が尋常じゃなくなってしまうんです。
膨れ上がったカテゴリーを均等に進めていければ問題ないのですが、所詮は思い付き。

1日経つと「なんでこんなカテゴリーで書いたんだろ?」となり、記事数が1のまま永久に放置されてしまうのです。

そうなるとカテゴリーの意味が無くなってしまうから、最初にカテゴリーを決めてひたすら更新していった方が良いのです。




3.主要カテゴリーは3つがベスト

カテゴリーの数ですが、主に書いていくものは3つが理想です。

あまり多すぎるとGoogleがどんなブログか判別しづらくなり、適切にインデックスされなくなってしまう為です。


「ブログ」
「家事」
「節約」
「経済」
「仕事」
「ダイエット」
「グルメ」

こんなにあったら何のブログか分からないでしょう?


なので主要カテゴリーは3つ。
ほとんど書き終えたと思ったのなら増やせば良いのです。





4.カテゴリーの決め方

カテゴリーの決め方を具体的に見ていきましょう。

既に決まっている方は見なくても結構ですが、それ以外のカテゴリー決めに迷っている方は参考にしてください。




4ー1.自分の得意&好きなジャンルを挙げる

ブログを続けるモチベーションを保つやり方と同じで、とにかく自分が得意&好きな話題をカテゴリーの候補として挙げてください。

人は自分が興味のある分野なら予想以上の力を発揮できるだけでなく、書いているうちに自然と気持ちも前向きになりますからね。




4ー2.嫌いなジャンルも挙げる

一応、嫌いなジャンルも候補として挙げてみましょう。

嫌いと認知しているという事は、それなりに意識している分野である事も間違いありません。

もしかしたら思い込みだけで、意外と知識も豊富になっていて書きやすい分野かもしれませんからね。




4ー3.知識を深めたいジャンルも挙げる

ブログを学習ツールとして活用する方法もあります。

自分が理解を深めたいと思うジャンルを挙げていく事で、ブログをしながら勉強する事も可能です。

効率的な方法なのでオススメです。



4ー4.「1つのカテゴリーで100記事書けるか?」を基準に決める

カテゴリーの候補を挙げたら、1つ1つじっくり考えていきましょう。


基準は1つ。
「そのカテゴリーで100記事書けるか」

100記事書けるのであれば、それでオッケーです。

書けないとなると、それをカテゴリーに設定してしまうとネタ切れを起こしてブログを辞める原因にもなってしまいます。

あくまで「最低でも」100記事なので、継続的に書けるジャンルを見定めていきましょう。





5.サブカテゴリーも考えよう

サブカテゴリーを「グルメ」というジャンルを例に説明します。


例:メイン「グルメ」

サブ
「和食」
「中華」
「フレンチ」
「イタリアン」


こんな具合に、メインのキーワードから派生するワードの事です。
これも一緒に決めておく事でブログがより専門的になります。

ブログの基本は「狭く深く」なので、サブカテゴリーも100%決めておきましょう。





研究成果

長くなりましたが、ブログカテゴリーを最初から決めておく事で様々なメリットがあります。

また、テキトーに考えたものと熟考したものでの差も分かっていただけたと思うので、是非あなたのブログも見直してみてください。


もちろん、途中からでも遅くありません。
やらない方が損なだけです。


せっかくだからやっときましょ。