ゆとり教育世代必見!チャンスを掴みとる方法!

f:id:fcl32090:20150405023647j:plain
「掴みとろうぜ!チャンスという希望を!」



チャンスなんて、そう毎回巡ってくるものではありません。

そんなチャンスですが、あなたは手にした事はありますか?




改めて考えてみると、何がチャンスだったのかなんて分からないですよね。
実際はそんなもんです。

目に見えないものだからこそ、チャンスを掴みとるのは難しいんです。




ただ、チャンスを掴みとりやすくする方法は存在します。
今からそれをご紹介します。





チャンスを掴みる方法




1.様々なシュミレーションをしておく

チャンスを掴みとりたい分野において、頭の中でシュミレーションしておく事は大切です。

1つや2つ・1日や2日ではなく、継続的にする事が大切なんです。


くだらない事でも、想定しておくんです。

チャンスでは無かった場合でも、シュミレーションしておく事で瞬時に思い通りの判断が出来る様になります。


是非、寝る前の一時でも使って毎日シュミレーションしてみましょう。




2.常に覚悟を持っておく

何気なく普通に生きていたら、いざという時に対処出来る訳がありません。

何故ならそれは、日常茶飯事に起こっている「習慣」だと思ってしまうから。


そんなのは勿体ない。
常にある程度の覚悟をしておく事で、もし目の前にチャンスが転がっていれば飛び付ける確率が上がります。

  • ネズミがいそうな薄汚い溝の中に飛び込めるか?
  • 10mの高さからジャンプ出来るか?

しょうもない覚悟で構いません。
「それ位やってやるよ!」という覚悟を持っていれば、大抵の事は対処出来る様になるのです。


いつでも死ぬ気でいろとは言いませんが、それなりの覚悟は持っていた方が得しますよ。




研究成果

完全な「気合い論」でした。

ただね、自分を含めるゆとり教育という世代は、普段からの覇気や気合いが欠けていると思うんです。

気合い論をちょっと冷めた目で見ている方も多くいると思いますが、ある程度の覇気や気合いは必要です。


特にチャンスの少ないこの時代、こんな時代だからこそそういったものが必要なんです。
他者との差別化を図る意味でもね。