ムフフな夢が手に入る?ブログを毎日更新する事のメリット

「ブログを毎日更新したいけど、いつまで続けられるか不安。
毎日更新するメリットもいまいち分からないし・・」




毎日更新派と不定期更新派の間で揺れる皆さん、こんにちは。

ブログ毎日更新派代表の独りぼっち研究室です。


「大変」
「面倒」
「続かない」
「意味が分からない」

色々な悩みはあると思います。
しかし、この記事を読み終えた頃には、毎日更新しないといられない様になっている事でしょう。



ブログを毎日更新するメリット


目次
1.前提条件

2.結果が出るまでの時間を短縮出来る

3.ライティングスキルが向上する

4.書く事が1つの習慣になる

5.記事数が増える

6.アクセスを集めるコツが分かる

7.固定ファンが増える

8.SEO対策に効果的

9.本日の研究成果





1.前提条件

毎日更新する事を心掛ける事は立派です。

しかし、更新する事に重きを置いてしまい、コンテンツ(記事)の質が低下するのだけはさけたいところ。

低品質なコンテンツというのは、検索エンジンからもSNSユーザーからも嫌われてしまいます。

情報発信のツールとしてブログを使っているのなら、プロとしての自覚を持ち、中途半端な記事を無くす様にしましょう。

話はそれからです。



暗い話はこれ位にして、本題のメリットについて見ていきますか。
(弱酸性の方じゃないですよ。)




2.結果が出るまでの時間を短縮出来る

更新頻度が高いという事は、それだけ人目に触れる機会が多いという事です。

Ping送信先をきちんと設定しておきさえすれば、更新の度にアクセスが「バーン」と集まる様になるのです。

ネットの世界は動きが尋常じゃなく早いので、人目に触れる機会が多いに越した事はありません。




3.ライティングスキルが向上する

「自分の過去の記事を見返して赤面する。」

ブロガーなら誰しもがある事ではないでしょうか?


事実私も、2か月前に書いた記事を見て「なんだこの稚拙な文章は・・・」なんて、思ったり思わなかったり。

スポーツと一緒で、反復練習が物を言うのがブログです。

面白い文章が書ける様になれば、どこに行ったって重宝されますよ。




4.書く事が1つの習慣になる

「歯を磨く」
「お風呂に入る」
「テレビを見る」
「跳び跳ねる」

この習慣の中に、「ブログを更新する」というものが入れば、ブロガーとしては楽チンですね。

3ヶ月も続けていると、「ブログを書きたい」なんて思う事がしょっちゅうあります。

仕事が楽しいのと一緒で、ブログが楽しければ毎日が薔薇色になりますね。




5.記事数が増える

更新していれば記事が増える。

当たり前過ぎますか?




6.アクセスを集めるコツが分かる

あなたは、どんな記事がアクセスを集めるか知っていますか?

何となくの感覚でもしっているのなら良いですが、分からないという方、毎日更新していれば分かる様になります。


ブログに熱中して得たノウハウですので、一生失う事はないでしょう。


そろそろ、「ブログ更新したいな~」なんて思ってきていませんか?


とりあえず、この記事は最後まで読んでくださいね。
そして、出来ればはてブを・・・



7.固定ファンが増える

仕事や学校前に行くお店ってありますか?
無いのなら想像してください。



毎日行くのに、営業しているかどうか分からないお店ってどう思います?

私だったら、行く場所を変えてしまいます。


ここまで極端な話ではないですが、読者がアクセスした時に1日以内に更新されているブログというのは、やはり印象が良くなります。


人間というのは新しい物好きですから、アクセスする度に新しい記事があれば、結果的に固定ファンになってくれる確率が高まります。

良かったですね。




8.SEO対策に効果的

毎日更新したからといって、すべての記事が検索エンジンの上位に表示される訳ではないですよ。


じゃあ、何がSEO対策に効果的なのか?


クローラーの誘導に優位性があるのです。


クローラーというのは、新しいブログだったとしても、更新頻度が高ければそのブログを頻繁に巡回する様になります。
ロボットも新しい物好きなんでしょうかね?

クローラーの巡回頻度が高ければ、記事のインデックスのスピードが向上するのです。

「記事を書いて、2週間も待たされるのは嫌」という方には、かなり良いメリットでしょう。




9.本日の研究成果

毎日更新するというのは大変な事です。
それも、始めたばかりの方には苦痛でしかないでしょう。

しかし、毎日更新を習慣化出来れば・・・

「ウフフ」な妄想
「ムフフ」な夢が実現に1歩近付いたという事です。



是非、ブログ毎日更新を目標に掲げましょう。