読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログのカテゴリー分けの重要性!適切なカテゴライズで得られる効果!

カテゴリーの重要性をご存知でしょうか?


カテゴリー分けをしておく事で、読者・Googleクローラー双方にメリットが出るのです。
詳しく見ていきましょう。



ブログのカテゴリーを細分化するメリット





1.読者がブログを閲覧しやすくなる

①1つのカテゴリーに記事が100個
②1つのカテゴリーに記事が5個



①と②では、ブログ内記事の検索数はどちらの方が上だと思いますか?


言うまでもなく②です。
カテゴリーを細分化して、より関連性の高いカテゴリーにする事で、読者の快適性が向上します。



注意点

カテゴリーを細分化し過ぎて、記事の1つ毎にカテゴリーを設けるという事をしてはいけません。
あくまで、読者の「快適性の向上」が目的です。
カテゴリーが100個もあって、記事が1つずつしか入っていないのは残念すぎます。





2.検索エンジンで上位に表示されやすくなる

適切なカテゴリーを設ければ、カテゴリー自体が検索エンジンにインデックスされる様になります。

関連性の高い記事・適切な内部リンクに注意してカテゴライズする事で、カテゴリーとは言え良質なコンテンツになりますからね。



カテゴリーを活用したSEO対策

カテゴリーが検索エンジンにインデックスされるという事は?
賢明なあなたならこれがどういう事か理解できますよね?



「カテゴリーでビッグワード・ミドルワードを攻略すれば良いんだ。」







分からないという方の為に、ミドルワード「Twitter プロフィール」を例に挙げてみます。
※ビッグワード=月間検索数が3000以上
ミドルワード=月間検索数が500以上3000以下
ロングテールワード=月間検索数が500以下



Twitter プロフィール」というワードを1つの記事で攻略するのは、とても困難です。
そんな時はまず、カテゴリーに「Twitter プロフィール」を持ってきます。


次に、「Twitter プロフィール」というワードのロングテールワードを調べます。


Twitter プロフィール 書き方
Twitter プロフィール 例
Twitter プロフィール 可愛い
Twitter プロフィール 書かない

他にも様々なロングテールワードがあると思います。
これらをリストアップして、キーワードと記事の内容が重複しない様に記事を書いていきます。


そうすると、「Twitter プロフィール」カテゴリーの記事が増えてきますよね?


これだけです。
これを積み重ねていくと、ミドルワードでも上位に表示される様になるのです(カテゴリーがね)。


まとめ
①.カテゴリーにミドルワードを設定する
②そのミドルワードに関係のあるロングテールワードを調べる
ロングテールワードが重複しない様に記事を書いていく





3.研究成果

適切なカテゴライズを実施すれば、ブログにとっては嬉しい事づくめなのです。

私のブログの様に、ざっくりとしたものではありませんよ。
あくまで「適切な」ですからね。