どうしようもないよね?私がブログを面倒だと感じる瞬間ベスト8!


f:id:fcl32090:20150302060059j:plain
「眠いし面倒臭いからブログ更新するのやめよ。」




ブロガーの皆さん、こんにちは。
「ブログという物はどうしてこうも面倒なのか!」なんて思っていませんか?


大抵の方はそう思われています。

では、何故皆さんがブログを面倒だと思うか?
その理由を明確にしてみました。




ブログを面倒だと感じる瞬間




1.「SNSの方が楽じゃん」と思った瞬間

ブログとSNSでは、シェアの差は明白です。


SNSユーザーの数には、ブログは到底敵いません。


「流れに背いてまで何でブログやってんだろ・・」

まあそう思うのも、仕方ない事なのかもしれません。
しかし、ブログにはブログの良い所、SNSにはSNSの良い所があります。

同じ物だと考えずに、それぞれに機能を上手く使い分ける方法を模索して使っていきましょう。




2.ネタが尽きた瞬間

記事を書く以前に、ネタが尽きてしまっては「もうやめようかな」って考えてしまいますよね。

「ネタがあればいくらでも更新出来るんだけどな。」なんて言い訳していないで、ネタ切れにならない方法を実践していきましょう。
「ブログのネタ切れ」




3.記事を書こうと思った瞬間

高い完成度を求めてしまうあなたは、いざ記事を書こうとした瞬間にブログが面倒だと感じてしまいますよね?

簡単に書こうと思っても上手くまとまらず、結果的にダラダラと記事を書いてしまう事が続けば、どんどんブログが面倒になってしまいます。

そんな時はブログを更新しないで寝るのが1番。
更新しないと誰かが危険にさらされるのなら話は別ですが、そんな事はまず有り得ないでしょう?








4.他の事が忙しい時

  • 家事
  • 仕事
  • 趣味

生きていれば、様々な役割を引き受けなくてはいけません。

他の事が忙しくなると、「ブログなんてやっている場合じゃない!」ってなりますね。


良いんじゃないでしょうか?
ブログは逃げないし。








5.アクセス数が増えていない時

半日ぶりにブログのアクセス数をチェックしたら、「10」のまま・・・絶望しますよね?
絶望しますよ。


とりあえず更新して、アクセス増やしてみようかな?とポジティブにいきましょう。
たぶん増えますよ。








6.気合い入れたのに読者のリアクションが薄い時





乾坤一擲の記事を書いたのに、コメントが0。
もしくは、「そうなんだ~」なんて事はよくあります。

ブログあるあるではないですが、気合いを入れて書いた時は99%スベります。

リラックマ位ユルく書いた方が気持ちも楽だし、スベっても反動は少ないですよ。








7.朝目覚めた瞬間



ふと起きた時に、「何の為にブログやってんだろ?」


何の為でしたっけ?
理由はあなたの中にあります。

こんな時は、少し時間を空けてブログを運営する目的を考えてみましょう。

何か閃くかもしれないし、閃かないかもしれません。
その時はその時です。








8.更新している姿が窓に映った瞬間


パソコンを前にして小難しい顔している自分を、窓ガラス越しに見てしまうと、途方もない徒労感に襲われます。

現在進行形で襲われています。

窓ガラスに映らない位置にパソコンと自分を持っていきましょう。





本日の研究成果

特に何かを伝えるというコンセプトを持って書いた訳ではありません。

たまにはユルくいくのも良いのでは?


面倒だと思う気持ちが薄れますよ。