読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカしかやらない!ブログでやってはいけない事大全

やるべき事があれば、やってはいけない事も当然あります。

それをブログに当てはめた時にやってはいけない事、知っている方いますか?
「なんとなく」程度にしか知らないのであれば、ちょっとだけ危険です。

リスク回避は成功の素ですから、注意して見てください。


ブログでやってはいけない事


1.お金だけを目的にブログを運営する

アクセスの無い、ブログ始動当初からお金だけを目的にすると、ブログというものは長続きしません。
なぜなら、ブログが収益化出来る様になるのには1ヶ月単位の時間がかかるからです。

お金はあくまでもサブの目的にし、他の目的を探して邁進する様にしましょう。


2.「簡単」「すぐに」と書いてある事を真似する

ブログをやっていると嫌でも目に付きますね、「簡単に出来る」「すぐに出来る」。
嘘ではないにしろ、本当でもありません。

例えすぐに出来たとしても、終わるのもすぐです。
やってきた事が繋がって成功への架け橋になるのです。
「簡単」「すぐ」ではなく、「努力」「至難」を好んで選んでいきましょう。


3.伝える事の無い記事を連発する

中身の無い記事を書く事は、時に効果的です。
しかし、それを連発して書く事はブログの質を落としている事になります。
手詰まりになった時に書くのではなく、気分転換する為に書いていく事がベストです。


4.文字数を増やす為に書く

同じ様な事を繰り返し書いているブログ、多いですね。
伝えたい事は出来るだけ短くが原則です。
内容が多ければ仕方の無い事ですが。

文字数にこだわらず、内容にこだわっていきましょう。


5.曖昧な表現を使う

「まあ」「~と思います」
上記の様な言葉は、読者の信頼を著しく下げるものです。
情報の発信者である以上、曖昧な表現を使って読者を不安にさせる行為は気を付けていきましょう。


6.トレンドのキーワードを乱用する

大して興味の無いジャンルのキーワードが流行っていたとしても、それに食い付く様な真似はしてはいけません。

自分で決めたジャンルの記事をコツコツ書きためて、自分の時代が来るのを待ちましょう。


7.必要以上に難しい言葉を使う

ブログの記事を読むのはどんな人でしょう?
専門知識のある人なら良いですが、無い人が読む場合、難しい言葉というのは大きな障壁になります。

初心者ブロガーにありがちな事なので、注意していきましょう。


8.「あなた」を連発する

Web上で絶対的な言葉として存在している「あなた」。
何回も「あなた」なんて言われたら、嫌悪感しか抱かないですね。

テクニックを真似る事は効果的ですが、必要以上にやるのは逆効果です。


9.炎上させる

ブログと言えば炎上。

こんなイメージを抱いている人は少ないでしょうが、結果が出ない状況が続くと、炎上狙いの記事を書く人がいます。
一時的にアクセス数は爆発しますが、収集をつけるのにかなりの労力を必要とするのも事実です。
下手をすれば、自分のブログ自体が無くなってしまいますのでお気を付けて。


10.コピペする

未だにやっている人がいる事に驚きです。

他の記事の文章をそっくりそのまま書く行為と言うのは、当然ながら許される行為ではありません。

「記事は1000人に見られてる気持ちで書け」
この様な言葉があります。
必ずばれるので、絶対に止めましょう。


まとめ

やってはいけない事と記しましたが、程々にやるのなら効果的な事もあります。

つまり、何事も程々が1番という事です。