読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一流ブロガーに学ぶ「カリスマ性」を発揮する方法

世の中には、その場に居るだけで人を惹き付けてしまう人間がいる。

そういった人間が、皆持っているものとは?


「カリスマ性」である。


この、「カリスマ性」をブログに生かす事が出来ないか?
こんな事を思い付いた私は、一流ブロガーとも言える方達のブログを研究し、ブログでカリスマ性を発揮する方法を見つけた。


それを今から皆さんにご紹介しよう。



ブログでカリスマ性を発揮する方法

目次
1.思い付いた事は迷わず書く
2.キャラクターを明確にする
3.本日の研究成果



1.思い付いた事は迷わず書く

一流ブロガーから垣間見えるカリスマ性の中で最も大きいものは、迷いが無いというもの。
情報を発信する側に迷いがあれば、情報を受けとる読者も迷ってしまう。

カリスマ性とは、全ての迷いを絶ちきる能力である。


□断言する

「~かもしれない」
「~の様だ」

一流ブロガーの記事には、この様な曖昧な表現は載っていない。


「~だ・~です」
言い切ってしまう事で、読者からの信頼を獲得できるのだ。


□炎上を怖れずに思った事を書く

ブログをやっていると、時々強めの意見を言いたくなる時はないだろうか?

三流ブロガーは、言いたい事を口調を柔らかくして書く。

一流ブロガーは、言いたい事を自分の言葉で思った通りに書く。

些細な違いだが、訪れる結果には大きな違いが出てきてしまう。




2.キャラクターを明確にする

「カリスマ」と聞いて、私はイチロー中田英寿を思い浮かべる。

彼らに共通するものとして、キャラクターの濃さが挙げられる。

自分のキャラクター(イメージ)を相手に植え付ける事で、さらに輝きが増して見えるのだ。


□常に一定の考え方で書く

「ブレない事」
↑は、かなり難しい。

自分の軸がしっかりと定まっている人間は、そうそういるわけではない。

そんな中でも、考え方を変えずに記事を書いていく。
これが、カリスマ性を増長させる最高の方法だ。


□語尾に注意する

独りぼっち研究室では、記事を書く毎に語尾を少しづつ変えるという試みをしてみた。


コンテンツ型のブログ(説明文の様なもの)なので、「~だ・~である」の語尾を使った記事の方が多く拡散されているという結果が出た。

この事から推測するに、ブログ内容に応じて語尾を統一する事で、ある種のカリスマ性が発揮されているのだという事が読み取れる。




3.本日の研究成果

一流ブロガーは、細かい事を意識しなくてもその基本が出来ている。

しかし、私達一般人からすればそんな簡単に出来るものではないのだ。

基本に忠実に、尚且つ人を惹き付ける方法を常に模索していこう。