読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必見!最新のSEO対策事情をまとめてみた

SEO対策に革命が起こった。」



皆さん、こんにちは。
最近SEO対策らしいSEO対策をしていない独りぼっち研究室です。
名前だけでも覚えていってください。



今回は、荒れに荒れている検索エンジンSEO対策という分野を題材に記事を書いていきたいと思っています。


最新のSEO対策事情


目次
1.検索エンジンの仕組みが変わった?
2.被リンクはどの位影響するのか?
3.どんな手段が有効なのか?
4.真のSEO対策とはSEO対策をしない事?
5.本日の研究成果




1.検索エンジンの仕組みが変わった?

昨今、検索エンジンの大幅な順位変動により、検索エンジン自体の仕組みが変わったのでは?という意見を多く目にします。



仕組みが変わった訳ではなく、単に判定方法が変わっただけなのでは?というのが独りぼっち研究室の見解です。




つまりGoogleの基本理念に従えば良い?

今までも、様々なブログでGoogleの基本理念とSEO対策の関係性について語られてきました。

検索エンジンユーザーにより有益な情報を提供する」

基本理念を簡単に言うと、この様になります。
つまり、より有益な情報をユーザーに提供する為に、様々な基準を取り入れて変化している段階なのです。

よって、継続してGoogleの基本理念に則った運営をしていけば間違いありません。


※基本理念に関しては、「Googleの基本理念」をご覧になってください。






2.被リンクはどの位影響するのか?

最も気になる項目ではないでしょうか?


被リンクと表示順位の関係性については、様々な憶測が流れています。




結論から言いましょう。
被リンクと表示順位の関連性は未だに大きなものです。

検索エンジン側からすれば、被リンク重視の運営は自作被リンク等の危険性があり、あまりしたくないはずです。
しかし、ネットユーザーにより多くシェアされているという事は、本当に役に立つ情報なのでは?という見解も、Google側では捨てきれていない様に感じます。

将来的には被リンクが関係しない仕組みをつくるはずですが、現状では被リンクに重きを置いても間違いはありません。


もちろん今まで通り、自作(無料・有料問わず)の被リンクはペナルティの対象になりますので、極力避ける事をお薦めします。





3.どんな手段が有効なのか?

今の段階で有効な手段というものをご紹介したいと思います。


3ー1.キーワード含有率を調整する

コンテンツ内に含まれるキーワードを調整する事で、効果が高まります。

目安として、500文字で1キーワード。
つまり、1000文字だったら2つ、2000文字だったら4つが好ましいという事です。

上位に表示させたいキーワードをこの割合で含ませていけば、比較的確率は高まります。


3ー2.タイトルタグにキーワードを入れる

SEO対策の常識とも言うべき、タイトルタグにキーワードを入れるという事。

昨今では、「タイトルタグはSEOとは関係ない」等という意見を見かけますが、私は間違いだと思っています。

確かに、上位表示されているものの中で、タイトルタグにキーワードが含まれていないコンテンツを多く見かける様になりました。
しかし、現状でもキーワードが含まれているコンテンツの方が圧倒的に多いのです。


キーワードを利用して調べ物をする際に、関連性の薄いタイトルタグであれば、ユーザーはそのコンテンツを閲覧しない可能性が高くなります。

仮に、関連性の薄いタイトルタグのコンテンツばかりが上位に表示されていれば、ユーザーはどんどん検索エンジンを利用しなくなってしまうでしょう。

よって、タイトルタグにはキーワードを入れるというのは大原則だという事です。


3ー3.更新頻度を保つor高める

サイトをより多く更新する方が、SEO対策では100%有利です。

更新頻度が高いという事は、新しい情報がその都度、サイトに載るという事。

情報量が増えれば増える程、そのサイトの価値は高まります。

サイトを1つのコンテンツとして捉えれば、より多くの情報が載っているサイトの方が良いですよね?

なので、更新頻度を高める、それが難しいという方は最低限、今の頻度を保つ事を目標にしましょう。


3ー4.コンテンツの修正作業を行う

更新頻度と似た内容になりますが、既存の自サイト内のコンテンツを修正する事でも、SEO対策では効果を上げられます。

修正作業の際には、キーワード含有率等も含めて修正していきましょう。






4.真のSEO対策とはSEO対策をしない事?

真のSEO対策というのは、「最高のコンテンツを作る事」だと、独りぼっち研究室では確信しています。

最高のコンテンツ(内容の濃い)さえあれば、それだけでユーザーを満足させる事が出来るからです。

関連記事の表示やら、文字色やらの細かい作業は必要ですが、そんな事よりもコンテンツの情報の質や量にこだわる様にしていきましょう。




5.本日の研究成果

揺れ動く検索エンジン

そんな中でも、ユーザーに誠意を示し、最高のコンテンツを作る事が結果を出す1番の方法なのだと、独りぼっち研究室では信じています。


綺麗事になってしまいましたが、以上です。