ロングテールSEOで着実に結果を出そう!焦る必要なんて無い!

f:id:fcl32090:20150216040022j:plain
ブログ運営にお悩みのあなた、アクセスを増やす手近な方法教えます。




今回は、ロングテールSEOというものをご紹介します。
ブロガーであれば、1度くらいは耳にした事があるのではないでしょうか?


実は、この「ロングテールSEO」という方法、ブログのアクセスを増やす1番効果的な方法なのです。

騙されたと思って見ていってください。




ロングテールSEO





1.ロングテールSEOとは?

ロングテールSEOとは、
月間検索数の少ないキーワードからブログ記事を書いていく事を指します。



※キーワード毎の定義

  • ロングテールキーワード=月間検索数が500以下のキーワード
  • ミドルキーワード=月間検索数が3000以下500以上のキーワード
  • ビッグキーワード=月間検索数が3000以上のキーワード


では、なぜわざわざ検索数の少ないキーワードで書く必要があるのか?
ロングテールSEOのメリットとも言える部分を見ていきましょう。



ロングテールSEOのメリット

メリットは大きく分けると3つあります。



メリットその1:ライバルが少ない

検索数が少ないキーワードという事は?



そう、そのキーワードで記事を書いているライバルも少ない訳です。
わざわざアクセスも稼げないニッチなキーワードで書いても、あまり意味が無い様に感じる方も多いですからね。



メリットその2:質の高いアクセスが集まる

「ブログ」の様に、月間検索数が何万というキーワードでは、「ブログ」の何の情報を求めているのかが訪問者によって異なります。


では、「ブログ タイトル 決め方」の様に、検索数が少ないキーワードならどうでしょう?

求めている情報が明確ですよね。
ブログのタイトルの決め方という情報を求めています。

そして、求めた情報をあなたが提供していれば、その訪問者は目的を達成出来たので、あなたのファンになる可能性が出てくるのです。



メリットその3:ナチュラル被リンクが増えやすい

メリットその2で紹介した通り、自分のブログにとって質の高いアクセスが増えれば、共有という形で他で拡散してもらえます。

これが俗に言う「ナチュラルリンク」であり、このナチュラルリンクがSEO対策にとっては欠かせない存在なのです。





2.ロングテールSEOの実践方法

ロングテールSEOの効果は理解していただけたでしょうか?

理解してもしなくても進んでしまいますけどね。



①攻略するビッグキーワードを設定

②ビッグキーワードから派生するミドルキーワードをリストアップ

③リストアップしたミドルキーワードをカテゴリーに設定

④ミドルキーワードから派生するロングテールキーワードをリストアップ

ロングテールキーワードでコンテンツを作成


何故この様な流れになるのか?


いきなりビッグキーワードでコンテンツを作成するのいうのが非常にリスキー、危険な事だからです。

ビッグキーワードで上位表示を狙うには、被リンクの構築という項目が欠かせませんが、単発で出した記事には被リンクというのは付きにくいのです。
ビッグキーワードだと、何の情報を求めているのか範囲が広過ぎますからね。

だからと言って、自作自演の被リンクだとペナルティを受けてしまう可能性が高まります。
ペナルティを受けたブログは、その後も「前科持ち」として扱われるケースが多いのも事実です。


そこで、ロングテールキーワードから順にミドルキーワード→ビッグキーワードの順番でやっていく方法を取ると、検索数が地道に上がり続けナチュラルな被リンクも増えやすい傾向になります。


よって上記の流れ、つまりロングテールSEOという方法がベストなのです。





3.ロングテールSEOの理想構図

大きな流れは理解していただけたかと思います。

ここで、更に理解を深める為に「ロングテールSEOの理想の形」をご紹介します。

ロングテールキーワードで質の高いコンテンツを作成し、ナチュラルリンクを増やす(ミドルキーワードがカテゴリーにせっていされているのが前提条件)

②獲得した被リンクからクローラーが巡回してくる

③適切な内部SEO対策が施されていれば、カテゴリー内のページにも良い影響を及ぼす。

クローラーが内部リンクを巡り、結果的にはカテゴリー内の全ページに良い影響を及ぼす。

⑤ミドルキーワードで上位表示され、検索数&ナチュラルリンクが急増。

⑥ ①~⑤を繰り返し実施していく事で、ビッグキーワードで上位に表示される。

これが、ロングテールSEOの理想の形です。





4.ロングテールSEOの注意点

理想というのは常に高い壁として存在しています。

その理想を実現する為に、気を付けてほしい事を3つご紹介します。



注意点その1:ロングテールキーワードだからと言って手を抜かない

ロングテールキーワードというのは、比較的簡単に上位に表示されます。

だからと言って「手抜きコンテンツ」を連発している様では、ビッグキーワードどころかミドルキーワードすら攻略出来ずに終わってしまいます。

キーワード毎の読者のニーズをきっちり見定め、ニーズを満たす「価値のあるコンテンツ」を目指しましょう。



注意点その2:1つのコンテンツには1つのキーワード

「ブログタイトルの決め方と付け方」なんてタイトルでは、まず正確にインデックスされる事はありません。

何故なら、多かれ少なかれ求めている情報に差が出るからです。

検索エンジンが求めているのは、ユーザーが求めている情報を的確に提供しているブログです。

欲張って2つもキーワードを入れる行為は、逆効果となります。




注意点その3:自作自演の被リンクはしない

「結果を早く出したい」と願えば願う程、自作自演の被リンクの構築に手を出してしまいそうになります。

自作自演でも結果は早く出るかもしれません。


それって結局はどうなんですか?

誰にも認められない様なコンテンツを作り、自分自身で被リンクを増やしまくったのでは、結局はペナルティ受けて圏外。
これがオチですよ。

あなたがすべき事は、焦る事ではなく考えて実践していく事だというのを忘れないでください。





まとめ

「千里の道も一歩から」

大きな夢・構想を抱いていても、結局は手近なところから努力しないと成功出来ないのです。


ブログも同じ、焦る事なくロングテールSEOで結果を積み重ねていきましょう。