読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログのアクセスが増えない理由17個とその対策!そして大切なたった1つのこと!

ブログのアクセスが増えない理由なんてネガティブ過ぎるからそんなに乗り気ではないですけど、書いている以上は全力でやっていきます。
タイトルにもある通り「17個」の理由を考えて書いていく為、結構な長文になります。
はてブするなりFacebookやTwitterにとりあえずシェアするなりして後で読んでいただくのもありかなとは思います。
本当に長いです。




1.ブログの方向性が定まっていないから

雑多なブログってのはアクセスを増やすのが難しいもんで。
このブログも専門的なブログかと言われればそうではないのでね、苦労しますよ。
「今日はTwitterのこと書いたから明日はゲームのこと書こう、で、次はお金のこと書いて、次はブログのこと書いて・・・」と色々なジャンルを扱いすぎるとブログにせっかく来てくださった方が「このブログは何のブログなんじゃい」ってなってしまって、訳も分からないからバイバイ・・。




対策

色々なジャンルの記事を書きたい場合は記事ごとに「オススメ記事」のリンクを貼っておき、訪問者の方を自分のブログの奥へ奥へと導くイメージにしておくと良いです。
1つの記事だけでは中々惹き付けることは難しいですが、2~3個程度頑張って書いた記事を見てもらえれば定期的に読んでもらえる確率が上がるので、適切な内部リンクを貼っていきましょう。




2.記事の伝えたい内容が明確になっていないから

記事を書くということは、何かしら伝えたいことがあるということですよね?

伝えたいことを伝えるために記事を書いているのに、書いている途中で「あっ、あれも書きたいな。これも書きたいな」と次から次に書きたいことが出てくるのが普通です。
しかし、それをそのまま全部書いていたんでは、結局何を伝えたいの?って読者の方も思ってしまうんです。
せっかく自分のブログで情報収集してくれそうな方をそういった理由で逃がしてしまう人多いです。




対策

見出しタグを使っていないのであれば見出しタグを使って記事にまとまりを持たせる。見出しがあることによって自分が記事を書いている時も内容がブレにくくなるというメリットもあります。
また、記事を書き始める段階で「何を伝えたいのか?」を自分の中で明確にしておくことがこれの1番の解決策でもあります。
意識1つで内容もだいぶ良くなるので毎回意識して記事を書きあげましょう。




3.読者のニーズを満たす内容にまで達していないから

書いた記事を読んでも読んだ方が満足してくれるような内容でなければアクセスは増えませんよね?
だって、その情報が自分のブログだけに書いてあるわけじゃなくて、他を探せば絶対にどこかに書いてあるのだから。




対策

ブログ記事を書いていて最初に陥りやすいのは「自己満足」という罠。
記事を何時間もかけて書いて、誤字脱字のチェックもした。これで完璧だ!!なんてふんぞり返っていても、結局は読者目線が欠けていたらその記事の価値は無いのと一緒。
時間をおいて記事を見返して、何か足りない部分があれば付け足し、余計なところがあれば削る。




4.個性が無いから

起きたことを淡々と記事にするだけのブログ。
「今日は三菱商事のなんたらかんたらがあった。その後、こういう流れになった」なんてのは他のメディアが頭が痛くなるほど放送しています。
また、ハウツー系(~の方法とか~のコツ的な記事)を書くにしても、ただただその方法を書いていたのでは何の面白みもないから、他で読んだ方が頭に入りやすいってんで読者の方も同じジャンルを扱っている他のブログのところに行ってしまいます。



対策

読者の方に情報を的確に伝えるというのは発信者としては大切なことです。それ以上に大切なのは「自分の考えを書く」ということ。
怖がったりせずに思ったことを書くという勇気さえ持てれば意外とアクセス数は集まります。(炎上させないように言葉使いとか差別的な発言は控えましょうね。)


ブログという個人メディアでしか出せない自分の個性・色をどんどん出していきましょう。




5.読者の気持ちを暗くする内容だから

まさにこの記事ですよ。
大したブログでもないのに説教臭いし偉そうだし。
読んでいて暗い気持ちになるようなブログなんて一生行こうなんて考えません。
ある種の面白みがあって変なファンは付くかもしれないですけどね。



対策

言葉遣いだけでも印象は変わります。
「~しよう」
「~していきましょう」
と、読んだ人に対して行動を促すような言葉を随所に入れていくだけで暗い内容でも少しは前向きに受け取ってもらえます。

言葉遣いには気を付けていきましょう。←




6.過剰な装飾をしているから

文字の過剰な装飾って見にくいから嫌いなんですよね。ってな感じです。
はてなブログやっている方の中には少ないですけど、アメブロなんかだといまだにちょくちょく見かけるような。
それはそれで個性なんだろうけど、装飾にばっかり目がいってしまい記事の内容が入ってこない。
ましてや黄色の文字とかあると目が痛くてそれどころじゃない・・・



対策

文字に工夫したい気持ちは分かりますが、ここぞ!って時にだけ使う。(位しか思いつかない)





7.余計なリンクを貼っているから

記事中にリンクを貼ればPV数に大きな影響を及ぼします。
内部リンク(自分のブログのリンク)を貼ることでPV数は向上しますが、関連性の低い記事だとまったく意味がありません。
また、外部リンク(他人のブログのリンク)を貼ることでPV数がhってしまう恐れもあります。





対策

まずは内部リンク(自分のブログの記事を記事中に貼ること)の話ですが、関連性の高い記事のも貼るようにしましょう。
この記事はブログについて書かれている記事ですが、この記事の中に「オススメ」とか「他の人はこんな記事も読んでいます」的なコメントで「仕事」のことが書かれている記事の内部リンクが貼ってあっても、それはニーズが無い(もしくは薄い)から、自然と読者は前のページに戻るかそこでブラウザを閉じてしまいます。
ブログのことについて書かれているのであれば、同じジャンルのブログ記事の中から関連性の高い記事をリンクしましょう。

また、外部リンク(他人のブログ記事のリンクを貼ること)で気を付けたいのは、貼り過ぎないということ。
参照元が多かった場合でも、一番参考にした記事だけリンクするとか、必要以上にリンクしない。
他人のブログのリンクを貼るということは、それだけ自分のブログからの出口を増やしているのだと認識しましょう。





8.記事の投稿時間が悪いから

記事の投稿時間でもアクセス数に大きな影響が出ます。
みんなが寝静まっている夜中の3時に記事を投稿したとして、その時間にアクセス数が急増すると思いますか?
そこまで極端な話ではありませんが、投稿時間も見極めが非常に重要になってきます。




対策

自分のブログにアクセス解析ツールを導入して1番アクセス数の多い時間帯を把握しましょう。
私のブログは夜の10時とか11時あたりが瞬間最大アクセス数を記録する時間帯です(日によって違うこともあります)
その時間帯の30分とか前に投稿するとはてブが付きやすくなって急激にアクセス数増加・・なんてこともあります。




9.立ち上げたばかりのブログにはアクセスは集まらないから

今更ですけど、始めたばかりのブログでアクセス数を増やそうともがいても増えません。
そりゃ、センスの良い人とかある程度ブログのことを分かっている人なら話は別ですが、初心者がブログ初めて1か月で10万PVとか中々できないですよ。(中にはいますけどね、悔しい・・)



対策

「始めたばかりだからこんなもんか」って割り切るほかない。
このブログを始めたばかりの頃は日に10もアクセスがあれば良い方でした。
辛かったけど、1年4か月頑張って続けてようやく10万PVに手が届きそうな位置にいます。
「継続は力なり」「焦りは禁物」ってところですかね。




10.ブログのデザインに問題があるから

デザインって言ってもサイドバーがどうのこうのとか小難しい話ではなく、色の話をします。
文字の装飾と一緒でブログによっては好ましくない色があります。
何個か他のブログを見れば分かりますが、黒使う人って結構少ないんですよね。
まあ、暗いし見にくいですからね。
一般的なブログはバックが白で文字が黒。ところどころいろんな色が入っているだけで、原則は白がメインです。




対策

あまり奇抜なデザインを目指す必要はありません。
それが1番しっくりくるし勝手が良いから色がメインになっているので、普通のブログ運営しているならスタンダードが無難です。




11.タイトルに魅力が無いから

「東京 薄毛 解消」
こんなタイトル嫌だ・・・なんかいかにも・・・みたいな感じですよね。
ここまで露骨じゃないにしろ、平凡な言葉だけでは人は中々見てくれません。
せっかく苦労してまとめた記事でもタイトルが良くないと誰にも見てもらえず、無いのと一緒になってしまいます。読まれてなんぼのブログですからね。




対策

タイトルについて調べて、あとは試行錯誤して決めるしかないですよね。
hitoribotti.hateblo.jp
hitoribotti.hateblo.jp
hitoribotti.hateblo.jp

関連記事を3つ。
全部私のブログの記事ですけどね。
ほどほどに参考にしてくださいね。




12.解析ツールを活用していないから

自分のブログのどの記事が一番アクセスを集めていて、どのブログから読者が離脱しやすいのか?なんて知っていますか?
知っているようできちんと調べると大きな穴があったりします。
穴は塞がなければひたすら読者を外に垂れ流している(言葉が悪いな)ようなもんですから、アクセス数が増えないのも納得がいきますよね。



対策

1番メジャーと言うか便利なのはGoogle アナリティクス公式サイト - ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクスですかね。
グーグル先生が運営しているツールなのでとりあえずは安心して使えるし、他の解析ツールと比べても性能はピカイチと言って良いんではないのかなと。

時々、誤操作でGoogleアナリティクスを解除してしまった時用にサブで使っているアクセス解析がFC2アクセス解析 - 無料アクセス解析レンタル/SEO対策です。
制度に関してはあんまりあてにならないかな。まあ、無いよりはあった方が良いのは確かです。






13.更新頻度が低いから

ブログ更新しなければアクセス増えないですよ。
ある程度愛所に苦労してアクセス数を積み上げれば安定はしますが、更新しないで自動でドカーンなんて増えたらみんなブログやっていますからね。



対策

「とりあえず更新しろ」とは言いませんが、「アクセス増えないかな~」なんて1日に何回もアクセス解析を眺めている位ならその時間を記事を書くために使いましょう。
ただ、更新頻度を上げるために内容の薄い記事を連投するのも意味がありません。
1年前の私が書いたどうでも良い記事たちはあまりにも内容が薄すぎて1か月に2とか3しかアクセスを集めてくれなかったので、最近260記事弱削除したり合体させたりしました。
重視するのはあくまで記事の質です。




14.記事数が少ないから

「1記事で1万アクセス」みたいなのよく見かけますけど、あれも普通じゃあり得ないです。
それこそたまたま(実力でもあるだろうけど)SNS系でバズってその記事が物凄いアクセス稼いでいる時に勢いで書いた記事(勝手な想像と僻みで表現しています)なので、滅多に起こる事じゃありません。
始めたばかりのブログと同じように、記事数の少ないブログでもアクセスは増えません。



対策

これも「とりあえず書け」って訳ではなくて、中長期的な目で見て、無理しない程度に毎日もしくは3日に1回でも良いからブログを更新しましょう。
何度も言いますが、内容の無い記事に意味はありません。
しっかりと考えて、しっかりと書いて記事数を増やしましょう。




15.他の人のブログを読んでいないから

ブログ始める時は誰でも初心者ですよ。始めたばかりの時になんでも分かっている人なんていません。(当たり前のこと言ってすいません)
自分だけでブログ書いているだけじゃコツは多少掴めるかもしれないけど、どう工夫すれば良いのかとかアイディアが思い付かないもんです。




対策

とにかく他人のブログを読む、見る、研究する。
それに限ります。
自分で良いブログかどうかを見定めて、どこをどうしたらコメントがいっぱい貰えるようになるのかとかSNSでシェアされやすくなるのかを研究しましょう。
見本はいくらでもありますから、あとはあなたのやる気次第です。




16.SNSを活用しきれていないから

ブログでアクセス数増やしたいならSNSを利用するのはマストの時代になってきています。
それでも、SNSを上手く活用できないでひたすらブログばかり更新している・・・私のことです。
SNSを活用できればもっとアクセス増えるのにな・・・なんて考えたことも数知れず。



対策

「SNSでデッカイ花火打ち上げてやろう!」と息巻くのではなく、とりあえずSNSで交流することを楽しむことが大切です。
いかにも「商用でやってま~す」風を醸し出してしまうと相手も引いてしまいますからね。
とりあえず楽しもう。




17.記事の修正作業をしないから

書いたら書きっぱなしってのが一番いけないですね。仕事と一緒です。やったらやりっ放しにして何回怒られたことか・・・
時が進むにつれて情報の真偽は変わるし、最新情報が出てくれば既出の情報はう漏れる一方。
修正作業を行わないとアクセス増えないどころか減る一方です。



対策

定期的に記事を見直す期間を設ける。
新しく記事を書くよりも時間と手間は少なくて済みますから、面倒くさがらずに取り組みましょう。




大切なたった1つのこと

長々と書いてしまったので、とっとと結論を書きますね。


「どんなキーワードでも全力で読者の役に立つ記事を書く!」

月間検索数の少ないキーワードって手を抜きがちです。
でも、少なからずその記事を目にする人はいる訳で。
そういう人達に役に立つ・為になる・面白い情報を届けて少しづつファンが増えてアクセスも増えて・・・って言う流れでアクセス数を増やしていけば徐々に口コミなんかでもアクセス数は増えてきます。



では。