<独りぼっち研究室/a>

「貯金100万」は少ない!ここからが本当の始まりでしょ!

f:id:fcl32090:20180510094315j:plain

社会人になって働いて、実家暮らしの時に100万貯めた時は何とも言えない安心感と言うか「俺、何でもできるぞ」くらいの気持ちになったことを覚えています。

そこから数年、少しづつ貯金を増やすも安心感は増えず。

それどころか「この貯金額で足りるのか?」という不安が湧いて出てくることも。

それだけ大人になって色々と考えることも増えてきたんだなと思うと、何となく成長した自分に喜びを感じることもあります。悲しくもあるけどね。

 

 

まあ、今回は「貯金100万」ということについて書いていきます。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

貯金100万はステップ①

100万円貯めたことのある人なら分かると思いますが「100万貯めるのって意外と簡単」なんです。

私の場合、特に趣味も無ければ友達もいないしお金を使うことがなかったので、普通に働いて実家暮らしをしていればあっという間に口座のお金が増えていき、100万円に達します。

 

そこから150万になり、ちょっと金が貯まったからと言って豪勢な生活をし、100万下回りそうになったら質素になり・・・というのを繰り返して生活していたのもつい最近の出来事のように思えます。

 

 

「貯金100万」と言うのはあくまで第一段階であり、そこをゴールにする人はいないと思います。

300万・・500万・・・・・1000万と貯めていく中での初めの一歩なのです。

 

 

 

 

年収が400万から900万に増えても難しいこともある

初めて100万円貯金したのが年収400万で実家暮らしの時。

現在は嫁と合わせて年収900万、月収で言えば50万ちょいくらい。

 

年収が500万増えて貯金もさぞ増えたことだろうとお思いだろうが、実際はそんなではない。

もちろん年収が500万増えたから貯金も500万増えるとか思う人はいないだろうけどね。

我が家の場合、子供もいないしどちらも扶養に入っていないのでまず引かれる金額が他の家庭に比べて尋常じゃなく多い。

 

だから月収50万ちょいで、その中で2人で暮らしている。

家賃だ保険料だ車代だと支払いしていると年間で100万貯めるのも難しくなりそうな月がある。

 

稼いでも、それだけ使っちまえば貯金は難しいんだよってこと。

今は私が管理しているから順調に貯まっていますけどね。

 

 

 

小さい節約をしても100万円貯金はできない

使わない電気ははコマメに消す。

寒くても暖房をつけずに服で調整する。

飲み会には参加しない。

 

飲み会に参加しないのは結構な節約にはなるけど、あくまで付き合いもあるからね・・。

細かい節約をして月間100円とか200円節約しても大した効果も無いし、それ以上に疲れるだけだからやらない方がよっぽどいい。

 

 

 

100万円貯金を増やす方法

細かい節約をしたところで貯金は一向に増えません。

それなら、もっと金額の大きいところの見直しをすることが肝心。

 

 

見直しをするためには家計を把握していないとできません。

家計簿をつけて家計を把握し、そこから削れるものを削った方が圧倒的に効率が良く、貯まる額も細かい節約に力を注いでいた時の比ではなくなってきます。

 

そして、無駄を削るだけでは新しい無駄を生んでしまうことにもなりかねないので、自動で貯金が増えるシステムを構築することが大切です。

私の場合会社で天引き&積み立てをしてくれているので、何をしなくても貯金は増えています。(無いものだと考えているのでいくら積み立ててあるのかは知りませんが)

貯金が苦手だと思う方は、会社の積み立て制度を利用する、もしくはネットバンクを活用して積み立てすることが100万円貯金の近道です。

 


 

 

 

 

 

1度100万円貯めればそこからは減りにくくなる

さっきも書きましたが「1000000」という数字を見ると、そこから減らすのは何となくもったいない感じがしてきます。

「何となく」というか猛烈にもったいない感じがしてなりません。

 

99と100じゃ大違いなんです。

 

1度100万円貯まってしまえばそこからは中々減りにくくなるので、お金が貯まらないと嘆いている人はとりあえず100万円貯めることを目標に生活することがいいでしょう。

 

 

 

 

 

100万の次は1000万貯金でしょ!

現在は家を建てるという目標に向かって1000万貯金を敢行して、毎日1億円の入ったバックがそこら辺に落ちていないかを探し回っています。

 

 

100万貯めるのは意外と「あっ、こんなもんなのね」って感じで終わってしまうもんなので、1000万貯めた時の感情や景色をリポートする日が来る日を楽しみに頑張っていきます。

 

 

では。

小さくても目標を持って生きた方が楽しい!ってことは分かってるんだけどね・・

f:id:fcl32090:20181016101030j:plain

目標って言っても、そんなに立派なものじゃないですけどね。

 

「今日は窓掃除をしよう」

「ブログ1000記事」

とか、そんなもんです。

他の人からしたら「それは目標って言うのかい?」って言われてしまうような目標ですけど、

「家を綺麗に維持する」

「ブログを通して人生を有意義なものにする」

という目的を持った上での目標なので、緩くても問題ない。目標を持っていないでやるよりは断然良い。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

簡単に達成できる目標を何個も持つ

目標って聞くと「努力して達成する」とか「頑張らなくちゃ」とか、お腹に力入れて頑張るイメージを持っている人が多い。

 

 

 

私個人の考えでは、普段やっていることを目標の1つにすればもっと目標を達成しやすくなるのにな~と思う。

 

毎日掃除機をかけているのであれば掃除機をかけることを目標にすればいい。

夕ご飯を作ることを目標にすればいい。

仕事に行くことを目標にすればいい。

 

 

簡単なことをあえて「目標」という形にすることで面倒なことでも少しだけやる気が起きるし、達成できた時の少しだけの達成感を味わうことができる。

 

ただただ掃除をしたりご飯を作ったり仕事に行くよりも楽しくできるってこと。

 

 

 

目標を持って生きていて感じること

 

目標を持ってみて感じることは、1つ1つの行動に意味を見出せるようになるってこと。

ただ何となくやっているよりも掃除をするのも楽しくなるしご飯を作るのも楽しくなる。ブログも何の気なしにやっているよりは「今日はこの記事に全神経を注いで完成させるぞ」くらいの気持ちでいた方が自然と言葉も出てくるし、途中で投げ出す確率も下がる。

 

 

目標達成した時の達成感を感じることもそうだけど、目標達成までに色々とすることで今までなかったスキルを身に着けることができたり、違う考え方ができるようになったりと、自分自身の成長に繋がることもある。

具体的に自分の成長を感じることができれば、達成感よりももっと大きい幸福を感じることもできる。

 

 

 

つまり、俺みたいな半端者でも目標を持つことで少しは頑張れるようになるってことです。

いつまで続くかは分からないけどね。

 

 

 

まとめ

ただただ生きているよりは目標を持って生きた方が有意義だし、楽しいことは誰でも分かっている。

だけれどそこまで気持ちに余裕がある時ばかりじゃないし、日々の忙しさや早い時の流れの中で忘れてしまう時もある。

 

 

暇な時にでも簡単な目標を立てて達成すれば少しだけ楽しくなるよってこと。

意識高すぎても疲れるからこのくらいで良いよね。

 

 

 

では。

大人になってから一生懸命にやったことってある?

何か目標を決めて頑張ったのって中学3年生の体育祭で優勝目指したことが最後だと思う。

中学生までは意外と素直だったから本気で頑張ることが当たり前だと思っていた。

 

 

高校生になってからは違う。

田舎の中学から一応県庁がある市の高校に入学して、色々な人たちと触れ合って「あんまり頑張る必要ないし、頑張って何かをやるのって少し恥ずかしいな」って思えてきたから、そこから何かに一生懸命になるってことはしていない。

 

 

今、27歳だから12年間も一生懸命にやっていない。

 

 

 

そんな俺が思う。

 

 

 

一生懸命に頑張れたら楽しいだろうな。

 

 

 

 

何か目標を作ってそこに向かって何も考えずに「おし、やろう!」ってことがとてもキラキラして見える。

従兄弟に中学生の男の子がいるんだけど、その子が剣道で県大会出るとか言って一生懸命にやっているのが凄くかっこよく見えた。

その子よりも圧倒的に長く生きているのに一生懸命やっていない自分が情けなく、そして惨めに思えた。

俯瞰したつもりで何をするのも面倒になっているだけでただただ何となく生きているだけの自分が惨めに思えた。

何をやるのにも「上には上がいるから」とか「頑張ったところで成功するのはごく一部」とか、そんなの関係無いんだよね。

自分なりに頑張れば良いだけなのに、存在しない「世間体」だとか「周りの目」を気にして生きるのってなんだかつまらないよね。

あと何年生きれるんだか知らないけど、100年は生きれないだろうよ。

むしろ、明日死ぬ可能性だって十分にある。

 

だったら、今のうちに目標決めて何かを一生懸命にやった方が後悔なく死ねると思うんだよね。

一生懸命頑張ってダサかっこよく生きていきたい。

 

 

 

 

 

 

と思ったので、ブログの毎日更新でも目標にしようと低い目標を決めた独りぼっち研究室です。

 一生懸命頑張れる人って本当に魅力的だよ。

年下の従兄弟だけど好きになっちゃったもん。

「おっさんキモイ」って言われたけどね・・・。悲しい・・・

 

 

 

では。

 

結婚2年目で大切だと思うこと!金・家事・打算・・・そして俺とお前!

2017年の4月に結婚して2年目?2周年って言うのかな?

 

世間一般的には新婚とは言わないですが、未だに嫁は新婚気分で家事をせずに帰ってきてはごく潰しに勤しんでおります。

そして私はと言うと会社の奴隷もやりつつ嫁の奴隷も兼任しているので、毎日寝る間も削って家事をしたり仕事したりしています。

 

 

そんな幸せいっぱいの家庭を築き上げている訳ですが、結婚2年目で何を大切だと思っているのかをメモついでにブログに書いていきます。

 

 

 

目次

 

 

 

 

結婚に大切なこと①お金

お金に余裕が無ければここまで円滑に結婚生活を送れていないです。

共働きで2人で手取り50万くらい貰っているから経済的にも精神的にも余裕を持ってやっていけているという自負はあります。

 

お互いに大した能力はなくとも、2人で頑張って1人前以上になるのであれば2人で頑張ろうよと決めて仕事も家事も一生懸命取り組んでいる結果です。

 

お金=幸せ

とまでは言いませんが、幸せの前提はお金です。

これは確実に言えます。必要以上にはいらないという人もいると思います。

ただ、必要な分は必要なのでお金が無いと幸せにはなれないというのが持論です。

 

 

 

 

結婚に大切なこと②家事

今ではすっかり私が主体で家事をやるようになってしまいましたが、半年程度は協力してやっていました。

私の稼ぎが少ない分嫁にも働いてもらっているので、お互いに協力できる部分はしなくてはいけない。

 

仕事の応援は出来ないので、その分私も家事をしなくてはいけないと考えて始めた家事。

 

男が家事をした方が家庭が楽になる。

女が仕事をした方が家計が楽になる。

 

 

だからこそ男が家事をすることは結婚生活において大切なんです。

 

 

 

 

結婚に大切なこと③打算

「好きだから」というだけの理由で結婚する人はいないと思います。

好きだとしても経済的に自立していなければ生活できませんし、精神的にも大人でなければ何か起こった時にどうしようもなくなってしまう。

 

結婚にはある程度の打算が付き物で、私の場合はそれが「お金」

専業主婦になりたいという人がいるのは別にどうでも良いことですが、私は結婚相手に選ぶとしたら絶対に働く意欲のある女性と決めていましたし、嫁もバリバリ働いています。

共働きであれば金銭的に余裕が出るし、片方が倒れても絶望する必要が無い。

 

 

そういう打算の1つや2つがあって結婚生活って上手くいくんだと今は考えています。

 

 

 

 

結婚に大切なこと④努力

年齢とともに見た目も老いていくのは仕方のないことだけれど、努力でどうにかなる部分はどうにかしています。

特に体系維持だけは気を使っていて、元からやせ型と言うのもありますがあまり太らないように運動もしています。

 

 

そういった努力だけでなく、新しいことにチャレンジする気持ちを持つことも大切です。

私の場合はそれが夕食作りで今まで作ったことの無い物を作る事だったり、1日1カ所相似だったりします。

意識的に努力していかないと気持ちも緩みがちになり、お互いにお互いをないがしろにしてしまう可能性があるので、努力は必須です。

 

 

 

 

 

最も結婚に大切なこと

最も結婚に大切なことなんて言うまでもないでしょうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

俺がいてお前がいればそれでいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

すいません、ビール3杯目なのでちょっと酔っぱらっています。

 

 

 

まとめ

結婚して良かった。

面と向かっては恥ずかしくて言えませんが、ここでは素直に気持ちを書いておきます。

 

 

では。

仕事をしない専業主婦と家事をしない旦那

専業主婦とかいらない。

家事をしない旦那もいらない。

 

 

偏っているかもしれないけど、私はそう思っている。

 

 

 

 

 

仕事をしなけりゃ生活できない

仕事をしなければ金が無くなる。

最近の若い子は「アルバイトしながら好きなことをして生活したい」という子が多くいる。

実際キツイ。

アルバイトで10万ちょっとの収入じゃ家賃払って半分近くなくなって、そこに電気代や光熱費、食費が入ればほとんど手元に残らなくなって結局は何もできない。

 

 

 

 

話が逸れたから戻すけど、仕事をしなけりゃお金が入ってこない訳だから働かなくちゃどうにも生活できない。

だから俺は金を稼ぐために働く。

 

 

 

家事をしなけりゃ生活できない

ご飯を作らなければコンビニ弁当や外食、自分で作るよりも多く金を払うことになって自然とお金の減りは早くなる。

掃除をしなければ部屋が汚くなり、壁や床にカビが繁殖するし埃まみれになって病気になる可能性が上がる。

洗濯しなければ臭い。

日用品を買わなければ歯を磨くこともシャンプーすることも体を洗うこともお尻を拭くことすらできない。つまり汚い。というか汚物。

 

 そうなりたくないから俺は家事をする。

 

 

 

 

本来なら家事も仕事もどちらもやるべき

本来であれば1人1人が仕事をして家事をして生活する。

それを分担するにしろしないにしろ生活しているのだから

 

「私はお金にならない家事を文句も言わずにやっている」

「俺はお前を養うために一生懸命働いている」

 

と図々しくみっともないこと言っている人たちがどうにもバカバカしく見えてしまいましてね。

 

「家事は年収500万に相当する」とか書いているの見るけど、そんなこと言ったら仕事しながら家事している俺は余裕で年収1000万超えているよ。

だからと言って嫁に横柄な態度とろうとも思わないし「大変だ」なんて思いもしない。

たまには疲れたりすることもあるけれど、そうやって生きていくしかない訳で、そういう生き方を自分で意識的にも無意識にも選択してきたのだから「俺は頑張っているんだ」なんて言っても無駄でしょう。

 

 

仕事をしない専業主婦は家事をしない旦那を「あの人は家事の大変さも分かっていない、自分じゃ何もできないくせに」とバカにする。

 

家事をしない旦那は仕事をしていない専業主婦を「あいつは社会に出ていないから厳しさを知らずに毎日楽している」とバカにする。

 

 

仕事をしながら家事をしている俺は「そんなこと言ってんならお互いに協力しながら生きれば良いじゃん」と思っている。

本気でお互いをバカにしあっているのであれば、俺はそいつら両方がバカなんだと思う。