<独りぼっち研究室/a>

デリッシュキッチンのススメ!夕飯に悩むどころか作るのが楽しくなってきた!

毎月、嫁から決まった金額を貰って夕食を作り始めて3か月経ちました。

 

始めて1週間目くらいに「何だか最近同じような味の物しか食べていないな」と嫁と2人で話し、レシピ本やクックパ〇ドを参考にしつつ色々な料理にチャレンジしましたが、いまいちパッとしないし、すぐにネタ切れを起こしてしまう。

ネタ切れの辺りはブログと一緒だけれど、ネタが切れたからと言って作らなくて良いという訳ではないのがご飯の難しさ。←(上手いこと言ったつもりだけど、どう?)

 

 

どうしたら良いの?

 

 

 

 

 

 

そんな日々に一筋の光が・・!

 

 

 

delishkitchen.tv

 

しょうもない振りはさておき、今回はつたない日本語と申し訳程度の語彙力でデリッシュキッチンの素晴らしさをお伝えしつつ、画面の前の暇な主婦の方(なんて言ったら怒られるけど、こんなクソブログ読んでいるくらいだからね・・)に少しでも夕食の悩みを減らしてもらえたらこれ幸いという内容の記事を書いていきます。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

機能紹介

デリッシュキッチンを紹介するにあたって、まずは基本の機能紹介全部で5つ。

機能性に富んでいるかと聞かれれば・・・そうでもないかな。

別にデリッシュキッチンさんに媚売っても何もないんで良いことばかりいうつもりはないんでね。

 

それでも、料理本やクックパ〇ドだけで戦っているよりはかなり戦いやすくなりますけどね。

 

 

 

機能①ホーム画面


f:id:fcl32090:20181011103046j:image

洗練された感じのデザインではなく、何となくごちゃごちゃしているイメージの強いホーム画面。
f:id:fcl32090:20181011103142j:image

新着レシピが毎日流れてきたり、特集がやっていたり・・1日1回開いて軽く見ていれば少しづつレシピが増える仕組みになっている点でデザインうんぬんはどうでも良くなります。

 

もちろん過去のレシピも遡ることができます。

 

 

 

機能②検索機能

これがなくちゃ始まらないってのが「検索機能」


f:id:fcl32090:20181011103205j:image

文字を入力するだけで検索することはもちろん、

「お肉」

「野菜」

「魚」

・・・etc

と最初からカテゴリー分けされている画面も表示されるので検索性に関しては抜群。

 

 


f:id:fcl32090:20181011103256j:image

開いてみるとさらに細かく分かれており

「今日は冷蔵庫にサンマがあるから・・」とある物で作れる料理が簡単に検索できるのも嬉しい機能です。

 

 

 

 

 

機能③お気に入り機能

ホーム画面に流れてきたレシピや検索して見つけたレシピをお気に入りに登録しておく機能もあります。

ボタン一つで登録できるのは当然で


f:id:fcl32090:20181011105825j:image

 

 

お気に入りもカテゴリーごとに小分けにできる機能もあります

 

 

 

 

が、これが結構面倒でほぼほぼ使わないのが事実。

都度自分で設定しないといけないので、手間がかかるし細かい作業なのでやらない方が良いかなと個人的には・・。

 

 

お気に入り登録自体はこのアプリのメイン機能なのでぜひ活用してほしいですけどね。

 

 

 

 

機能④プレミアム

使ったことがないのでプレミアムに関しては分かりません。

わざわざ使わなくても充分な程にレシピもありますし、特に困ったこともありません。

 

毎月いくらなのかというのも分かりませんし、栄養素がどうのこうのとかは気にしだすと料理がつまらなくなるのでね・・・

仮に無料の機能が制限され始めたらもう使うのはやめようかな~・・・なんて。

 

それくらいに今の無料機能が充実しているのがデリッシュキッチンの良さです。

 

 

 

 

機能⑤その他

近所のスーパーを登録しておけば特売情報が入ってきたり、クーポンが入ってきたりと、この手のアプリにはありがちな機能が申し訳程度に付いています。

お買い物メモ的な機能もありますが、どれも使う必要はない機能かな~・・。

 

 

 

 

機能まとめ

検索機能とお気に入り機能の2つさえ上手く使えば十分です。

ホーム画面で毎日流れてくるレシピを気に入ったものを登録して、余った食材を無駄にしないように検索すれば無駄なくそつなく苦労なく夕食作りができてしまいます。

 

何でもそうですけど、シンプルに使った方が良いんです。

 

 

 

 

メリット

ここからはデリッシュキッチンを使ってみて感じたこと、メリットを書いていきます。

機能紹介でもチラホラそれっぽいことを書きはしましたが、ここからはもう少しだけ本腰を入れ・・・書ければ良いな。

 

 

 

メリット①無料版でも十分

夕食で悩むのはイヤだけど、かと言ってレシピを考えるだけなのにお金を使いたくない。

これが私の考えであり、結構こういう考えの人は多いと思います。

 

基本の料理はレシピ本を3冊ほど買って覚えて、そこから応用と言いますか色々とレパートリーを増やすためにどうするかって考えた時にやれ料理教室だ、やれアプリの有料版だクックパ〇ドだとお金を払うのはもったいない。(クックパ〇ドに有料版があるのかどうかは知らないけど)

 

その点、デリッシュキッチンはいまのところ無料で満足出来ているのでgoodだと思います。

 

 

 

メリット②レシピが洗練されている

たびたびクックパ〇ドさんを引き合いに出しますが、あれって結構個人の試作料理的なのまで載っているから同じ料理で似たようなレシピがごちゃごちゃ出てきて見にくいし、しかもレシピ通りに作っても「ちょっとこれは・・」的な美味しさ控えめレシピが多いんですよ。

 

その点デリッシュキッチンはレシピがダブったりもしませんし、1つ1つのレシピに音声&動画が付いているので信用性が高く感じます。

 

 

 

 

メリット③カテゴリー訳が細やかで無駄がでなくなる

2人で暮らしていると野菜を買うとだいたいが余ってしまい捨てる機会が非常に多かったんです。

食べ物を捨てるというのは気持ちの良い物ではなく、出来れば捨てなくて済むようにしたい。と言うか、経済的にも倫理的にも捨てない方が良いに決まっている。

 

 

それもデリッシュキッチンが解決してくれます。

大根が余っていれば大根のカテゴリーを見ればレシピが出てきますし白菜なら白菜、ナスならナスとバリエーションは様々です。

 

食材を使い切ることの快感も感じさせてくれます。

「俺ってできる男だな」と浅はかな考えですけどね。

 

 

 

 

メリット④暇な時に手早くできる

仕事の休憩中に話す人がいない時、独りぼっちで何もすることがない時、シチュエーションは選びません。

 

暇な時にサッとアプリを開いてサッと登録できるので便利です。

 

 

 

最大のメリット=献立に悩まなくなった

作り始まっちゃえば難しい話ではないんですよ。

作り出すまでの過程が夕飯作りの真の難しさなんです。

 

 

「今日は何が食べたい?」

「何でも良い」というテンプレートが存在していますが、何でも良いと言いつつ何でかんで文句を言う。

自分で考えて作るにも中々思いつかないし、クックパ〇ド見てもごちゃごちゃしてて雑音も多いから何も決まらず・・・

 

 

デリッシュキッチンを使えば新着で流れてきた物を作るでも良いし、暇な時にお気に入り登録していた物を作るでも良い。余った食材があるなら検索をかけて作れば良い。

 

 

今までの悩みが嘘みたいに無くなり、むしろ最近は作りたいものが多くて楽しくさえなってきました。

 

 

 

まとめ

今もデリッシュキッチン見ています。

 

 

つまり、暇なんです。

誰か構ってください。

実践している無駄遣いを少なくする買い物術を紹介する!

f:id:fcl32090:20181006192526j:plain

主夫歴1年半です。

兼業ですけど。

 

 

 

嫁が働き始めてってことも影響してるとは思うんですけど、最近の我が家の貯金事情が1年前よりもフィーバー状態なので「何でかな?」と考えました。

 

 

家計簿をつけていたので要因はすぐに分かったんでもったいぶらずに言うと

 

「買い物の量が減ったから」

 

食費、お菓子代などの金額が減っているから。

 

 

「俺も主夫として少しは成長できたんだ」という謎の感動を前面に出しつつ、無駄遣いを少なくする買い物の仕方を嫁が帰ってくるまでの1時間の間に書きます。

 

 

目次

 

 

 

 

前提①=馴染みのスーパーを作る

見知らぬスーパーに買い物に行くと「あっ、こんな物も売ってるんだ」とか「ここは調味料の品ぞろえが良いな」って羨ましくなり、ついつい多めに買い物をしてしまいがち。

それだけじゃなく、陳列方法や並び順も違うのでどうしてもウキウキしてしまいがち。

たまには良いかもしれないけど、普段の買い物でウキウキしていたら財布のライフが0になっちまうぜ・・・。

 

 

無駄をなくす買い物をする為には馴染みのスーパーを作ること。

まあ、近所のスーパーが良いのは言うまでもないよね。

 

 

 

前提②=在庫を把握する

2人で暮らしていると野菜などの消費期限の短い物をダブって買ってしまうと絶望するしかありません。

ちなみに、我が家で食材のダブり買いをしてしまった時は無駄にしないように実家の母親、もしくは兄貴の嫁さんに「これ買わない?」と格高(格安の反対)で売りつけるのが常とう手段です。

 

 

冷蔵庫の中身を確認せずに買い物をしては必ず無駄に買ってしまう物がある。食材じゃなくて日持ちする物でも増えれば邪魔になることもあるので、買い物をする時は必ず在庫を確認してからが賢い買い物の前提です。

 

 

 

「まとめ買い」は非常に効果的

1日に1回買い物をしていた時よりも、1週間に1回買い物をしている今の方が無駄遣いが少なく済んでいます。

と言うのも、毎日買い物をしているとそれだけ「必要は無いけどあったら自分(他人)が喜ぶ物」が目に入る可能性が高くなるから。

 

夕飯の買い物をしに行ったのにお菓子を買っちゃったりお酒を買っちゃったりってことです。

 

そういう誘惑を撥ね退けるのは至難の業で、できたとしても若干の後悔は残る。

 

 

それなら誘惑される回数を極力少なくするために、買い物は1週間に1回まとめてにして、誘惑される回数を少なくすれば罪悪感も後悔も感じずに済む。

そう考えた結果、我が家では1週間分の食材を買い置き冷凍する生活が続いています。

そっちの方が時間的にも楽だしね。特にうちみたいな馬車馬のように働く家庭にはね。

 

 

 

余談:ポイントカードがあるスーパーでポイントが5倍になる曜日を狙って買い物をするので、1週間分の食材をその日にまとめ買いすればポイントも貯まってウハウハするからこの方法にしています。

 


 

 

 

 

買い物に行く頻度を低くすることが大切

さっきも書きましたが、とにかく買い物の頻度を少なくすることが低くすることが肝心なんだと実感しています。

 

毎日買い物をしている時は「チョコを買っていけば嫁が喜ぶ」とか考えて夕飯に関係の無いお菓子を買ってみたり「今日はお酒飲みたいな」と自分の中の誘惑に負けてみたり・・買い過ぎ&飲み過ぎで無駄遣いしてみたり・・

 

 

仕事終わりに「今日は買い物しなくて良いんだ」と思わせるようにまとめ買いをしていれば余計な物を買わずに済むので、買い物の頻度を低くすればするだけ無駄遣いする可能性は格段に低くなります。

 

 

 

 

買う物を事前にメモするとダブルラッキー

まとめ買いを推奨している我が家ですから、1回で買い物をする量は非常に多い。

1週間に1回の買い物は6000円くらいの量を買っています。

 

そうなってくると嫌なのが「買い忘れ」

月曜日はアレを作って、火曜日は〇〇で水曜日は××だから・・・と買う物が非常に多い。

 

これだと買い忘れが非常に多いので私は買い物に行く前にメモ書きをしてから行くようにしています。1週間に1回の買い物だから多少手間がかかっても面倒には感じませんし、むしろ買い忘れする方がよっぽど面倒だし。

 

 

それに、メモをして買い物をすると余計な物が目に入らずに最短で買い物をできるので尚更オススメです。

 

 

 

「満腹時の買い物」も効果的だが・・・

お腹をいっぱいにしての買い物は確かに効果的です。

購買意欲も空腹時よりは圧倒的に削がれ、無駄な物を買うことはほとんどないでしょう。

 

 

でも、満腹の時は動くことすら億劫だし必要な物すら買いにいくことも面倒。

結果的に「明日で良いか」となって翌日に回してしまい無駄に買ってしまうこともあったので、私はお腹をいっぱいにしてからの買い物はオススメしません。

 

 

 

 

まとめ

 あまり思い詰めて「お菓子は全部無駄」とかなってしまうとストレスだけが溜まってしまうので、たまには無駄遣いを楽しみつつの買い物も重要です。

 

バランス良くできるように経験積みましょう。

男が家事することのメリットは「お金」

 

27歳サラリーマン、一般職で年収600万。

どこにでもいそうな人間です。と言うか、どこにでもいます。

 

ここから年収を上げるのは結構な時間がかかりますし、上がっても1000万が限界でしょう。

 

 

ただ、家事をすることで「1000万」という年収が1500万にでも、2000万にでも上がるということは知っていますか?

現在の私の年収は600万ですが、我が家の世帯年収は900万です。

 

嫁が事務の仕事で正社員として働いた300万分が年収にプラスされています。

 

 

 

 

男が家事をすることで収入が増える

男が家事をすれば女の時間が増える。

時間が増えてダラダラする女ももちろんいるけど、うちの嫁みたいに少しでも多く働こうという気概のある人もいます。

そういう人と結婚して家事を男がやれば1時間でも2時間でも多く働くことができて収入が増えるってことです。

パートやバイトだったら2時間も働けば2000円は貰えるだろうし、正社員になったとしたら年収が100万単位で変わってきます。

 

毎朝の洗濯をやるだけでも良い。

早く帰った日にご飯を作るだけでも良い。

休日の掃除をするだけで良い。

 

家事をするだけで収入が増え、お互いの時間も有意義に使えるので夫婦仲だって良くなるだろうしね。

 

 

まあ、我が家の場合は私が家事をやり過ぎて嫁の家事と言えばゴミ出しくらいですけどね。

 

 

 

男が家事をすることで金銭感覚も養える

独身で実家住みの金銭感覚の男性は非常に多い。

家計を気にもせず自分のお小遣いが毎月支給されれば良い。自分が苦労しなければ他は何でも良い。

 

こういうのって女性からするとイラつきますよね?

毎晩の夕食を質素にすると「もっとうまい物が食べたい」というくせに自分は無駄遣いばかりしやがってと思いますよね。

こちとら家計を少しでも楽にしようと働きながらやりくりして1円でも安い物を買っているのになんだその態度は?って思いますよね。

 

男が家事をすることで買い物をする機会も自然と増えますから、どれだけ金が大切かっていうことも分かってきます。

そして、独身時代と同じ感覚で生活していてはダメなんだと気付きます。

 

実際私がそうでしたからね。

 

 

 

その他のメリット

個人的な意見ですが、ご飯は自分で作った方が美味しく感じます。

好き嫌いが多い人間なので嫌いな物は入れずに作っているので美味しいのもあります。

そのうち嫌いな物でも入れなくちゃレパートリーが尽きるので嫌いな物でもどうすれば美味しくできるのかを考えてみたり調べてみたりして、ご飯を作ることの大変さを学びながら好き嫌いも無くなり食事が美味しくなりましたね。

何より自分が食べたいものを作れるようになるのは結構感動ものです。

 

後、こんなことを書いていいかどうか・・・って感じのことですが、結婚していて「家事もしているよ」って言うと結構女性からの印象も良いです。

お弁当を自分で作って職場に持って行っても褒められますしね。

 

嫁さんの機嫌も良くなるし自分の居場所もきちっと確保できるし、たまの飲み会や遊びで文句を言われることもないので世の中の旦那さん方よりは自由に生活できていると思っています。

 

 

 

まとめ

これからの時代、というかいつの時代もだけど「男は家事しなくて良い」なんてことはありえない。

縄文時代の風景を思い出してみてもマンモスの肉を焼いているのは男の方が多いのだから、男もご飯を作るべきだ。

昭和の「男は仕事で女は家事」という訳の分からん迷信に躍らせれて人生を狂わせるよりは、「今」をきちんと見つめてやるべきことをやりましょう。

 


 

どうあがいても世の中金がすべて!

世の中金が全てじゃないなんて嘘。

 

本当だとしても大金持ちが納得できる言葉で説明してくれないと理解できない。

 

だって、世の中は金を中心に回っているから。

 

 

 

 

金が無けりゃ人並みの生活ができない

今日食う飯が無い。

毎日襤褸切れみたいな服しか着れない。

明りの無い部屋で毎夜過ごす。

 

 

こんな生活誰がしたいと思うか?

 

 

俺は思わないね。大金持ちになりたいとまでは言わないけれど、貧乏な生活をしたいとも思わない。金さえあれば食う飯に困らないどころか美味しい飯が食えるし、毎日違う綺麗な服を着ることだってできる。

 

 

 

つまり、世の中金が全てでしょ?

 

 

 

金が無くなったら絶望するしかない

世の中金が全てではないというのは嘘。

手持ちの金も貯金も無くなったら絶望するしかないこの社会に生きていて、金が全てではないというのは理想論に過ぎず、金の無い人間は誰からも相手にされないのが現実。

 

 

子供が病気になっても病院に連れて行く金も無かったら「世の中金が全てなんだ」って普通は思うよね?

 

嫁が体調を崩してまで毎日夜遅くまで働いてきて、少しでも楽させてやりたいと思ってもそうできる金が無いのなら「世の中金が全てなんだ」と思うよね?

 

 

金が無ければひもじい思いもするし、苦しい・悲しい思いをするんだから、世の中金が全てなんだよ。金があった方が心に余裕ができる金が無いと心が荒む。

荒んだ結果、その人間が奥底に持っている凶暴・凶悪な部分の性格が色濃く出てきて生活は破綻へ近づいていく。

 

逆に金に余裕があれば心的負担も少なくなるので、少なくとも金が無い時よりは他人に優しい気持ちで接することができる。

 

金を持ってなくて荒んだ人間と金持ちで優しい人間、どっちが良いかな?

 

 

 

 

金で人生を台無しにする奴もいる

27年間生きている中で3人、ギャンブルで人生を台無しにした人間を見てきた。

1人目はパチンコ。寝る間も惜しんでパチンコにのめり込んだ結果借金まみれ会社の金に手を付けて即日解雇。

 

2人目は競馬と競艇。仕事で体調を崩し休養している間に競馬と競艇にのめり込み借金まみれ。会社の金に手を出し、額が大きかった為に裁判へ発展。今は家も無い状態で日雇いの仕事をして生きている。

 

3人目はパチンコ。仕事中に抜け出しパチンコをやっているような奴。金が無くなっても借金してまでパチンコして、同僚や得意先の人間からも金を借りまくり、気付けば1000万を軽く超える借金。返せるあても無いけど、毎月少額ずつでも返すという約束をしながらもいまだにパチンコに行っており、お金は振り込まない。

 

 

ギャンブルで人生を台無しにしている訳だが、こういう奴らも結果的には金で人生を台無しにしている。

 

金があったところで無くなるまでギャンブルするんだろうけど、これを思い出すとやっぱり世の中金が全てなんだと思う。

 

 

 

 

 

お金があれば選択肢も増える

〇金があれば異性にモテる

〇休日に出かけられる

〇食べ物を選べる

〇良い車に乗れる

〇大きい家に住める

〇ローンを組まなくて済む

〇整形して美形になれる

〇子供のすきなようにさせてあげられる

 

 

お金があれば今までできなかったことができるようになるのが現実。

 

うん、世の中金だね。

 

 

 

人生は金が全てではない

世の中は金で動いているけど、自分自身の人生は金で買えない。

綺麗事のように聞こえるけど、貧乏だったことが将来の自分にとって良い意味になることだってある。

 

 

まあ、最終的には金があった方が良いけどね。

 

 

 

まとめ

悔しい思いをしたくなかったら普段から金を大切にしておくこと。

「貯金が増えない原因」を貯金が増え始めた今、考えておきたい!

 

f:id:fcl32090:20180503135117j:plain


貯金が増えない時を思い出してみて「何故貯金が増えないのか?」ってことを考えていく。

 

意識して変えたこと、無意識に変わったことも含めて貯金が増える時と増えない時ってのは色々と差があると考えたので、今回はそれを書いていきます。

 

 

 

□貯金が増えない原因

 

 

 

〇収入が少ない

貯金が増えない時の年収は500万くらい。

その当時同棲していた彼女の年収も含めての500万。

手取りで言えば月間30万くらいでした。

 

この「30万」という金額が多いか少ないかは人それぞれの感覚によりますが、30万よりは40万、50万手取りがあった方が貯金がしやすい状況だということは明白ですよね。

「多く貰ったらその分だけ使っちゃう」という考えはナシでね。

 

 

収入が少なかったってのが貯金が増えない大きな原因の一つです。

 

 

 

〇収入と支出のバランスが合っていない

今は築3年で家賃5万円の1LDKのアパートに住んでいますが、貯金が増えない当時は築10年ちょいで家賃7万円の2DKのアパートに住んでいました。

それに加えて当時は新車で車を購入したローンも払っていたので悲惨でしたね。

 

当時はあまりお金に対して考えることもなかったので、自分の収入と毎月の支出があっているのかどうかという初歩的なことでさえ分からなかったので、貯金が増えないどころか、減ってしまっていたんですね。

 

 

何にお金をかけるかは人それぞれですが、収入と支出の割合が合っていなければ当然ですがお金は貯まりません。

 

 

 

〇小さい出費が多い

タバコを吸っていたのでコンビニに買いにいくついでにコーヒーやお菓子を買ったり、休みの前の日はドラッグストアに言ってお菓子とお酒を買い込んだり。

その他にも日用品の買い出しや毎晩の夕食の買い物なんかもあったので、とにかく小さい買い物が多かった。

 

今になって考えてみれば、その小さい買い物も貯金が増えない大きな要因の一つだったんだと分かります。

小さいとは言え、コンビニでタバコを買えば400円、さらに飲み物やお菓子を買えば700円。月に20日も経てば2万円の出費です。

生活費以外に無駄に2万円も使っているのだから貯金が増える訳もなく・・・

 

金額が小さいからと頻繁に買い物をしていてはいつの間にかお金が無くなるのは当然。

 

 

 

〇細かい節約ばかりで息切れ気味

他のところでお金を垂れ流している状態なのに「何故お金が減るのか?」ということを深く考えもせずに「節約=細かい節約」と考えて水道代や電気代をケチっていた時もあります。

 

正直、意味ないんですよ。

月間で100円200円安くなろうが大して変わらないんですか。

そんなことをしてもただ疲れてしまうだけで、その疲れをとるためにお酒を飲んだりお菓子を買ったりとしていれば余計にお金が出て行ってしまう。

 

細かい節約なんてやらない方がましなんです。

 

 

 

□貯金を殖やす為には?

 

 

 

〇収入を増やす

現在の世帯年収は850万です。

手取りで言えば50万。ちなみに子無しの夫婦2人きりで過ごしています。

 

私1人の年収で言えば600万くらいですが、嫁が正社員で事務の仕事をしているので年収250万増です。

 

この年収も我が家の家事を私が一手に担っているからだと自負しています。

お互いに帰りが19時過ぎでも外食もせず毎日自炊をしているからやっている訳で、毎朝の洗濯やお弁当作りから始まり、休日は2時間かけて家の掃除をしたり買い出しに行ったり・・

 

話が逸れましたが、収入が増えれば貯金できる金額も当然増えるもんです。

夫婦別財布ではありますが、私の方は毎月7~8万円程度貯金できています。ボーナス別でね。

 

 

 

〇生活水準を上げない

収入が増えたところで、それに伴って支出も増えれば貯金は増えません。

給料が上がったからと言って毎晩外食で2000円も使っていればあっという間になくなるのは当然です。

 

給料明細の額面が増えたからと言って財布の紐は緩めずに生活水準を保ち、月1くらいでちょっとお高いお店に行く位が良いんです。

 

 

 

 

□家事は協力してやるべき

家事を1人でやるよりも、2人でやった方が断然お金は貯まりやすくなります。

理由としてはお互いに時間が増えるから。

女性だけで家事をやっていたのを男性が手伝うようになれば、女性の時間が増えて1時間多く働けるようになるかもしれない。

1時間働けば900円収入が増える訳だから、月に20日働いたとして18000円の収入増。

18000円節約するのは至難の業だけど、収入を増やすのは意外と簡単なこと。

朝少し早く起きて洗濯して自分でご飯を作ればOK。

 

我が家みたいにバイトやパートじゃなくて正社員として働けば月に5万も収入が増えるって訳さ。

 

 

それに、男が家事をすることで大人の金銭感覚も養える。

家事をしない男ってのは自分の小遣いのことしか気にしないからお金の遣い方が雑。

少しでも家の物を買いに行くようになればあれが高いだのこれが高いだのが分かるようになるから、少しだけ大人の金銭感覚に近づくことができる。

結果的に無駄遣いが減って貯金も増えやすくなるって訳です。

 

 

関連記事

hitoribotti.hateblo.jp

 

 

 

 

〇買い物はまとめ買いがオススメ

買い物に行く回数が多いということはそれだけ誘惑される回数も多いということ。

卵を買いに行っただけなのに新商品のお菓子が目に入って・・・なんてことにならない為にはある程度のまとめ買いがベスト。

 

我が家では1週間分の食材を近くの大型スーパーで済ませて、余計に買い物に行く回数を減らしています。

毎日買い物に行くよりも月1000円単位で支出が抑えられるので、買い物はまとめ買いがオススメ。

 

 

 

 

まとめ

貯金を殖やす為にはまず収入を増やす。

1人で頑張ったところでたかが知れているから、協力してやる。そうすることで思っているよりも簡単に収入が増えて貯金しやすい環境が整う。

環境が整ったのなら支出部分を見直して「何が無駄か?」ということを常に考えて無駄遣いを減らせば貯金は増える。

 

 

以上。