<独りぼっち研究室/a>

副業ブームだからって稼ぐことだけに力を入れてると痛い目見るよ!

はてブをよく見るんですけど、最近「副業」って文字が軽くブームを起こしてますね。

自分も少なからず興味があるのかGoogleのニュースにも「副業」という言葉がやたらと流れ込んでくる。

 

働き方改革でうちの会社は残業代がきちんと支払われるようになってどっかの運送屋の大企業と同じで「未払い」の残業代が何十万と支払われましたが、世の中は「働き方改革」によって毎月のお給料が減ってしまっているところもあるのが事実。

このタイミングで企業が「副業解禁」と言って社員の副業を認めてしまえばブームがやってくるのもうなずけますね。

 

 

だからと言って、副業ばかりに目を向けていれば人生を棒に振る人もいると考えたのでこんな記事を書いていきますね。

 

 

 

「稼ぐ」ことは簡単じゃない

そりゃ、本業のほうで企業に入って仕事をしていれば役割が与えられて自分のやることが明確になるので会社の利益になることをやるのは簡単なことですよ。

マニュアルがあるような会社ならなおさらで、そこに書いてあることだけやっていれば利益は出るんですから。

 

ただね、個人でやる場合は全然話が違う。

まずやるべきことを自分で一から決めないといけないし、仮に決まったとしてもそれが正しいことなのか、利益を生み出せることなのか分からない。

やり方が合っていたとしても、必ずしもすぐに利益が出るとは限らず、後々利益が出ることだとしてもそれを信じて突き進める人がどれ程いるかと聞かれれば、そんなに頑張れる人はごく僅かだとしか思えない。

 

ネームバリューも何もない個人の副業で稼ぐことは難しいんですよ。

 

 

 

4年やっているこのブログですら・・・

4年とは言うけど、記事数は350程度でほとんどが趣味のことしか書いておらず、そこら辺の本気で稼ぐためにやっている人の1年分くらいの時間しかかけていない独りぼっち研究室の月間の収入は2万円弱。

アフィリエイトも少しは手を出しているけど1000円あれば良い、アドセンスで10000円ちょい位の収入があるだけで大して稼げていないのが実情。

少しばかりブログのノウハウがあるから他にもブログを運営して収入を増やそうとしているけど、それだって毎日1000文字以上の記事を投稿して半年経って収入が10000円超えれば上出来。

 

これだけブログのノウハウが本なりネットなりに溢れていても、たくさん時間と手間をかけても成功できるかどうかが分からない時代に「副業があるから大丈夫」なんて言いきれますかね?

 

 

 

 本業の収入だけでも貯金できる家計を目指した方が良いよ

私は結婚して子供無しの共働き家庭だから毎月の収入だけで10万、ボーナスはほとんどを貯金に回しているから年で200万ちょいくらい貯金できているけど、子供とかいたら無理でしょ?

 

まず女性は働くことすらもままならず、男性の給料だけで生活する。

そうすると自然と収入は減っている訳で。

それなのに成功するかどうかも分からない副業に希望を持って「副業しているから大丈夫」と考えて節約しなければ、副業の方が上手くいかなかった時にどうするんですかね?

「まだ分からない」と自分に暗示をかけ、生活に負担をかけつつ副業を頑張るんですか?

 

 

そんなのは私から言わせるとギャンブルと何ら変わらない。

そんな生活を送るくらいなら、今の稼ぎの中でも貯蓄に回せる余裕ができるくらいの生活水準にすればいい。

あくまで生活水準を「落とす」のではなく「無駄を削る」ということに尽力すれば良い。

我が家では毎月10万貯金できている状態でも、毎朝お弁当を作って持っていくし水筒に水出しの麦茶を入れて持っていく。

夕飯は交代制で作って、外食は私の両親から誘ってこなければ基本的に行かない。だから毎月の外食費は0という生活をしている。

それ以外にもお酒は毎日どれくらいとかも決めているし、コンビニでは買い物をせずスーパーやドラッグストアで安く必要な物を揃えている。

 

 

 

副業ブームだからと言ってもね、必ずしもみんなが上手くいく訳じゃないんですよ。

 

だから、本業だけでも余裕ができるくらいに節約して無駄を削っておいた方が良い。

副業で稼いだ金はそのまま貯金するでも、投資に回すでも良いからまずは無駄を削って本業収入だけで生活していくことを考えようよ。

 

 

 

まとめ

ブームが来ると「自分も」と一攫千金を夢見てしまうもの。

ブームが去ってしまえば「あの夢みたいな時代はどこに行ったのか?」と思う人が多くいるのがっ現実なんです。

 

副業で稼げる人なんてごく少数で、ほとんどの人は夢半ばにして醒めてしまうのだから、現実としっかり向かい合って生きていくことを考えることが大事なんです。

 

子供手当てなんかいらない!そう思うんだけど、皆はどう思う?

子供手当てを出したところで日本の出生率に変化はあった?

 

確かに、前の児童手当と比較すると税金を多く納めない低所得者層に還元される金額は増えたものの、そもそも低所得者が子供を産むこと自体にあまり納得できない自分がいます。

 

お金が無ければ必ず子供は苦労するし、惨めな思いもするんですよ。

手当てが無くても十分にお金を持っている家庭は家計の管理がしっかりしているからお金持ちな訳で、低所得でも毎月のお金の管理をしっかりしていれば裕福ではなくとも子供を育てることができる。

ただその手当てを受け取る側、つまり子供を産んだ側の人間が低所得な上に金の使い方もちょうろくじゃなければそれはただの死に金になる。

子供の為に使うのではなく、自分が少しでも裕福に見栄を張れるように使う人間だっている。

そんな奴の為に余分に税金納めたくないし、無駄に使われていると腹立たしいと思う。

実際、子供手当てがあったからと言って子供を産みたいと考える人は全体の13%くらいしかいない訳で、子供手当てというものの効果は相当少ない。

あくまで「思うか?」という質問に対しての答えが「YES」の人が13%な訳だから、実際に作って産む人はもっと少ない。

10%を切ることだって考えられる。

 

 

それなら子供手当てなんていらないと思うんですよ。

うちみたいに「子供は産まない」と決めて計画的に生きている家庭だって多くあるのに、何で無計画に子供を作った家庭の支援をしなくてはいけないのか?腹立たしいと考える27歳、夕暮れ時の酔っぱらいの考えです。

 

 

まあ、法律にケチつけてブログに書いたところで何も変わりはしないけど、皆さんどう考えているのかなと気になったもんでね。

できれば色々お考えを聞かせてください。

 

 

では。

「どうして彼は家事をしてくれないの?」家事をしたくない男の心理と解決策を家事をしなかった男が全て語ります

f:id:fcl32090:20180408132156j:plain

 

家事をさせたい女、家事をしたくない男。

文面だけ見ていればどうにでもなりそうな問題であっても、実際に男に家事をさせようとするのは至難の業。

 

 

 

いっそ諦めませんか?すべてを

 

 

 

男が家事をしない理由

独断と偏見です。しかし、真実に限りない独断と偏見です。

 

 

 

 

 

男は女が暇な生き物だと思っている

専業主婦は旦那が出勤するまで忙しそうにしていて、旦那がいなくなれば誰もいない家と言う天国で旦那の稼ぎで買ったせんべいをボリボリ食いながらテレビを見て飽きたらネットで旦那の悪口を書いて暇を潰している生き物だと思っている。

 

 

 

とまで極端なことを思っている人がいるかどうかは別として、私が家事をしなかった頃も少なからずこれに近い考えを持っていました。

当時の状況としては、私は正社員として働いていて一緒に住んでいる彼女は1日5時間のバイト。

このような状況で私は「1日5時間しか働いてないんだから家事を全部やるのは当たり前だろ」と思っていました。

 

 

 

「俺は毎日長時間働いて疲れているんだ」

朝の8時から夜の6時、遅い時は9時近くまで働く日もある。

「それに比べてお前は1日5時間でしかも責任の少ないバイト。だったら家事の負担が多くなるのは当たり前」

 

 

今考えるとぶん殴ってやりたいくらいの考え方ですが、家事をしない男性のほぼ100%近くが考えていることだと思ってください。

こんなことを考えている男性に「私だって大変なんだから手伝ってよ」と口だけで言ったところで家事を手伝う、もしくは家事を積極的にしてくれるようになる訳がありません。

彼らには「俺は毎日長時間働いている」という最強の言い訳があるからです。

そこを口だけで崩すことは到底できず、女性側が強気な姿勢で「手伝え」と言っても逆効果でしかありません。

 

 

 

「俺がやるよりもお前がやった方が効率良いだろ」

女は家事が得意。

残念ながらこれも、家事をしない男性のほぼ100%が考えていることです。

理由や理屈なんてのはありません。

育ってきた環境の中でお母さんが家事をしていて、その横でお父さんが酒を飲みながらテレビを見て屁をこいていたからそう考えたのです。

家庭科の授業のお菓子作りで女性が気合を入れて男子にお菓子作りの上手さをアピールしたからそう考えたのです。

もっと言えば、「女は家事が得意」と思っていれば自分が家事をしなくて済むと気付いてしまったからそう考えたのです。

 

 

 

 

 「やり方分からねえもん」

分からない

 

 

この言葉を発すれば女性が「え~、仕方ないな~。〇〇君の為だから私がやってあげる。(*´ε`*)チュッチュ」となると男たちは信じて疑っていません。本当です。

 

 

彼らの脳内は妄想9割でできているため、この妄想をぶち壊すにはゴリラをけしかける・・・もしくは業務用の高圧洗浄機を4~5時間程度顔か男の急所にかけ続けなくてはいけません。

どちらも常人には無理なことであり、仮にそんなことが出来る立場であったら早々とそんな男とは別れ、家事をしてくれてイケメンな金持ちと結婚します。

ゴリラをどこから連れてくるかも分からないし、連れてきても自分が襲われる可能性があるからです。

それに、時間の無駄だからという理由も大きいです。

 

 

 

「すぐ文句言うじゃん」

彼らは文句を言われると「別に事件」の沢尻エ〇カ並みに機嫌が悪くなります。と言うか、沢尻になります。

 

彼が時たまやる気を出しオリーブオイルもこみちばりにオリーブオイルを上から垂らしプレイ・・・ではなく調理をし、どこで売っているか分からないような巨大なお肉にどこで仕入れたか分からないハーブの一種をかけて上品かつインスタ映えしそうな料理を作っても「美味しくない」もしくは「作った後が汚い」と言ってしまえば、彼らは「オリーブオイルもこみち」から「別に沢尻」へと変貌を遂げてしまいます。

これは一見進化したようにも思えますが、生物学的に見ても統計学的に見ても心理学的に見ても退化でしかありません。

 

私的にはもこみちが沢尻に変わったことは物凄く嬉しいことであり、いっそのこと沢尻の為に料理を作りたいですが、女のあなたから見ればもこみちから沢尻に変わってしまったのだからこれは全世界的に見ても退化です。

 

 

 

 

男に家事をさせようとするためにやってしまう「よくある失敗」

「男 家事しない 理由」なんて検索するともっともらしく見える解決策が並んでいます。

どれもゴリラや業務用高圧洗浄機程の威力はありませんし、沢尻への退化へとつながってしまうものも多くあります。

 

 

 

「紙に書きだす」

自分の思っている感情であれ、家事の分担表であれ書き出すというのは効果的なこととは思えません。

特に「今やっている家事の割合」なんてのを表にされて提示された時点で男はやる気を失います。

彼らも馬鹿ではありません。確かに家ではグータラで家事をしない年々加齢臭がきつくなってくる生き物ではありますが、彼らも企業戦士として毎日立派に戦っているのです。

そのプライドを無造作に傷つけることをしてしまっては、より頑なになって解決までの道が遠くなってしまいます。

 

 

 

「〇〇さんのところの旦那さんはやってくれるのに・・」

優秀な人を引き合いに出したいと思うのは自然なことだと思います。

 

「あそこの嫁さんは綺麗で気立ても良くてフルタイムで仕事までしてるのに・・・」

自分が言われたらどう思います?

 

 

 

 

どうすれば男は家事をするようになるのか?

方法・正解は1つではありません。

 

 

 

などと、当たり障りのないことを書くつもりはありません。

私にとっての「正解」を書いていきます。

 

 

 

 

「家事やらないと出ていくから」

出ていかれると辛いです。私は泣きました。

当時25歳くらいでしたが、15年ぶりくらいに本気でわんわん泣きました。しかし、犬ではありません。

一晩泣き、時既に遅しと気付き落ち込み、無残にも故郷に帰ることになりました。

 

その後、1年ほどして今の嫁さんと出会い、家事をする旦那になったとさ。

お終いお終い。

 

 

 

家事をやらない男はどこまでいってもやらない

家事をしない男に何をしたって逆切れされるだけです。

他人のことを変えようとする努力している時間があるのなら、その分の時間を新しい出会いを求める時間にでも充てたら良い。

 

あなたが「家事をする男と住みたい」と思っているのであれば、それが1番の近道だしストレスも少なくなる方法だから。

別れたあとに男は「良い女だったな」と気付き、そして家事をする男に変貌します。

 

 

 

まとめ

家事をする男は何を言わずとも家事をする。

家事をしない男は何を言っても家事をしない。

 

 

 

では。

どんなブログが面白いのか?答えは意外と簡単だった

結論から言うと、一生懸命に生きている人のブログは面白い。

 

 

 

 

最近、何でブログをやっているのかについてよく考える。

ブログに自分の考えを書くのは好きだし、誰かに認められるととても嬉しい。

 

けど、何か違う。

その答えが何かはなんとなく分かってはいたけれど、ずっと掴めなかった。そんな感覚。

 

 

そして、毎日酒を飲みながらブログを毎日読む生活。

仕事も上手くいっているし、家庭のことでも何の悩みも無い。

そんな幸せな人間が書くブログが面白いはずがない。

 

 

 

 

成功者の書くブログなんて面白くない

自分は割と幸せな人生を送っている方だと思う。

普通の家庭に生まれて昔からそこそこ運も良くて欲しいものは何でも手に入れてきた。手に入らなかったものもあるかもしれないけど、そんなのは全部忘れているから心の底から欲しいものではなかった。

大人になった今でも彼女が欲しいと思えばすぐに出来たし、結婚したいと思えば出来た。

お金が欲しいと思えば転職に成功してお金も増えた。

 

正直、今の生活に不満は無い。

このまま人生が続けば希望しか見出すことはできない。

 

そんな奴が「こうしたら成功した」「アレがきっかけで成功した」と書いて誰が面白いと思うのか?

努力さえしていないで運だけで幸せな人生を手にした人間の書く文章を面白いと思うのか?

 

 

思わない。

 

 

 

 

ブログは何かを「変えたい」と思う人が書くからこそ面白くなる

今の生活に幸せを感じている人間は努力しない。

そいつがする努力と言うのは不幸せを感じている人間の「当たり前」以下の感覚でしかない。

心の底では「自分は運が良いから少し頑張ればその努力は実る」と思っているから内容のあることなんて人に伝えることはできない。

 

現状に不満があって何かを試しにやってみて失敗して次の手を考えてまた行動に移す。

その過程だけ見ていても「ただの失敗じゃん」と思うが、その失敗をするまでに心の些細な動きだったり、色々と試行錯誤して何かしらの行動をとる。

その中に自分なりの人生のノウハウを見つける。

 

そういう過程にこそ意味があり、それを自分の言葉で書いた文章だから他人にも伝わる面白い文章になる。そう思った。

 

 

 

考えて書くことも重要だけど、そのままを書くことも重要

長いことブログやっているとどうしても「しっかりと書かなくちゃ」って気持ちが出てきて、自分の体験なのにどこかで見たことがあるようなまとめ記事みたいな内容しか書かない。

 

そんなものに何の意味も無い。

 

自分の言葉で、自分の思ったことや感じたことを書くからこそ意味がある。

だから面白い。

 

 

 

まとめ

酔っ払いの戯言です。

 

 

 

では。

作りたくもないご飯なら作ってくれなくて良い!

共働きの夫婦ならよくあるすれ違いの1つなのかもしれない。

お互いに働いているから仕事の大変さも分かるし、疲れて帰ってきているからご飯を作るのが面倒、作るのが嫌な日だってもちろんある。

大人だと言ったって仕事で感情を抑えながらやっていて、家庭でまで感情を抑えるのが難しい日があるのだって分かる。

 

そんな日は俺に「今日はご飯作ってもらっていい?」と一言ラインでも入れてくれれば作るよ。俺だって家事してるからレパートリーはそれなりにあるつもりだし、パッと思いついた物を作る事だって簡単にできる。

それを怒っているから、機嫌が悪いからと言って意地になって手を抜いて作るくらいなら、俺が作るよ。

その方が俺も気分悪くないし自分でちょっと手の込んだ物を作るから味だって少しは美味しい。あなただって作りたくもない物を作らなくていいから負担も減るし、確実に楽になる。

 

それなのに何故無理をしてまで作ろうとするのか?

 

 

 

 

 

まあ、これは今日の我が家の夕飯戦争の一部を取り上げて書いているだけなんですけどね。

嫁が仕事で失敗してご飯を作るのが嫌なんだけど、旦那の方が長く働いているから負担をかけまいと嫌々ながらご飯を作った結果、手を抜いたことに対して旦那がキレたという事件。

我が家の夕飯は当番制で、1日交替で夕飯を作るシステム。

お互いに仕事をしているので遅くなる日もあるから、そういう日は相手に頼んで作るというのがここ1年でやってきたこと。なのですが、うちの嫁さんはちょこっとばかし意地っ張りなところがあるので私に頼むことを嫌がり、無理矢理ご飯を作ろうとして手を抜くというかどうにでもなるだろうと考えて行動する癖がある。

直接それを言うといつも機嫌が悪くなるのは知っているけれど、言わないと分からないだろうから毎回言って喧嘩になる訳です。

 

共働きで子無しだと金は貯まるけど、それ以外にも意外と色々な問題が生じる訳で。

こういう時に感情的になることがどれだけ愚かな選択かと言うのは重々承知しているつもりなんですが、こっちも仕事で多少疲れているから怒ってしまうこともある。

「こっちが年上だから」と割り切れれば良いんですが、中々そうもいかない。

 

まあ、こういう時はこじらせ過ぎないように私の方から「さっきは言い過ぎたよ」と言って「許さない」と言われ「どうしたら許してくれる?靴でも舐めますか?」と冗談交じりに言えば少しづつ機嫌が良くなるんですけどね。

 

 

他の共働きの家庭ってご飯とかどうしているんですか?

自分の中では当番制が最適だと考えているんですが、他に良い方法ありませんかね?